公開済みの記事

DJIが「RONIN2」を発表 映像プロフェッショナル向け高性能スタビライザー

DJIが「RONIN2」を発表 映像プロフェッショナル向け高性能スタビライザー

 DJIは映像制作者などのプロフェッショナル向けに、3軸スタビライザーシステム「RONIN2」を発表した。DJIのジンバル技術を応用し、一眼レフカメラから映画撮影用の大型カメラ、レンズまですべてに対応し、最大13・6キロのペイロードに耐えられる。


【慶大×田村市】船引高生、見ごろの桜を空撮 トイドローンで磨いた腕で自在に操縦

【慶大×田村市】船引高生、見ごろの桜を空撮 トイドローンで磨いた腕で自在に操縦

 慶大とドローンの利活用に関わる包括連携協定を結んでいる福島県田村市で、市内にある県立船引高校の生徒がドローンで、ちょうど見ごろを迎えた桜の撮影にのぞんだ。2本の大きなしだれ桜が目を引く万福寺で慣れた手つきでドローンをフライトさせた。


道路も空も! 自動車学校として初のJUIDA認定スクール! 5月に岩手・奥州市で

道路も空も! 自動車学校として初のJUIDA認定スクール! 5月に岩手・奥州市で

 岩手県初のJUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)認定のドローンスクール「岩手ドローンスクール」が5月に開校することになり、運営する株式会社江刺自動車学校(岩手県奥州市)が21日、記者会見した。自動車教習所がJUIDA認定スクールを開校するのは初めて。


【第3回国際ドローン展2017】那賀町オリジナルドローンが首都圏で初公開 可視、赤外線の2台のカメラ搭載!

【第3回国際ドローン展2017】那賀町オリジナルドローンが首都圏で初公開 可視、赤外線の2台のカメラ搭載!

 ドローンでの町おこしに取り組んでいる徳島県那賀町は、昨年11月に製作した「那賀町オリジナルドローン nk1612―96H」を幕張メッセ(千葉市)で開催されている「国際ドローン展」で公開した。首都圏で同機が披露されたのは今回が初めて。


山形県に初のJUIDA認定スクール 5月に開講、生徒募集開始

山形県に初のJUIDA認定スクール 5月に開講、生徒募集開始

 山形県で初めてとなる一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)認定のスクール「山形やまドローンスクール」が5月に開講する。運営するのは酒田市に本社を置く株式会社スカイDで、現在、WEBサイト(http://yamagata-drone.com/)で受講生を募集している。


Jリーグ公式戦で初のドローン中継 「新たな視点の映像を提供できた」

Jリーグ公式戦で初のドローン中継 「新たな視点の映像を提供できた」

 J1公式戦の中継でドローンで空撮された映像が初めて使われ、短時間ながら目新しい映像が流れた。試合はスポーツライブストローミングサービスの「DAZN(ダ・ゾーン)」などを通じて配信された。Jリーグは「ファン、サポーターの新しい視点の映像を提供できたことはよかった」としたうえでさらなる改善、挑戦に取り組む方針だ。


AirMapベン・マーカスCEOインタビュー 「ドローン普及には恩恵の実感が大事」

AirMapベン・マーカスCEOインタビュー 「ドローン普及には恩恵の実感が大事」

空域管理ソリューションを手掛ける米AirMap(カリフォルニア州)のベン・マーカス共同創業者CEOは7日、ドローンタイムズのインタビューに応じ、楽天と3月に設立した合弁会社、楽天AirMap株式会社(東京)が提供していくサービスを通じて、より多くの日本人がドローンの価値を実感できることに自信を示した。


JUIDA「国際標準化に積極関与」 標準化委員会で方針確認 海外意見にはコメントも

JUIDA「国際標準化に積極関与」 標準化委員会で方針確認 海外意見にはコメントも

 日本を代表するドローンの業界団体、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA、東京)は6日、ドローンの国際標準化の動きに関する方針を検討する「民生用UAS国際標準化委員会」を開き、国際標準化機構(ISO、スイス)などで進む標準化の議論への対応方針を検討した。日本勢として今後、より積極的に関与する方針を確認した。


ドローンの操縦が学べる〝楽しい教材〟 ORSOが「DRONE STAR」発表 4月17日に配信開始

ドローンの操縦が学べる〝楽しい教材〟 ORSOが「DRONE STAR」発表 4月17日に配信開始

 ソフトウェア開発などを手掛けるITサービスの株式会社ORSO(東京)は5日、ドローンの操縦を楽しみながらトレーニングできるスマホアプリ「DRONE STAR」を発表した。発表会後には体験会が開かれ参加者からは「楽しい」「これは決定版」などと高く評価する声が上がった。アプリは4月17日に無料配信の予定だ。


潜水と飛行の二刀流〝水空両用ドローン〟 徳島大・三輪准教授がクラウドファンディング活用して開発へ

潜水と飛行の二刀流〝水空両用ドローン〟 徳島大・三輪准教授がクラウドファンディング活用して開発へ

 空を飛び、水も潜る水空両用ドローンの開発を、徳島大学理工学研究所の三輪昌史准教授が進めている。これまでに水を張ったプールでの実験に成功し、実用化までの課題を洗い出した。三輪准教授は課題解決に必要な資金のうち100万円をクラウドファンディングで集め、開発を加速させる考えだ。4月21日まで募集している。


福岡に九州初のJUIDA認定校! 5月に国際航業、DPCAが共同開設

福岡に九州初のJUIDA認定校! 5月に国際航業、DPCAが共同開設

九州初のJUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)認定スクールが、5月に福岡で開設されることになった。スクールは「JUIDA認定 国際航業・DPCAドローンスクール九州校」で、4月4日に受講生の募集が始まる。


次世代バッテリーで〝24時間ドローン〟! アイ・ロボティクス社がSLUSHで公表

次世代バッテリーで〝24時間ドローン〟! アイ・ロボティクス社がSLUSHで公表

 ドローン技術のインテグレータ-、株式会社アイ・ロボティクス(iROBOTICS、本社・東京)は29日、バッテリー交換も、給電ケーブルも不要で、24時間飛行を続けることができるドローンの開発に着手すると発表した。


Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

 幕張メッセ(千葉市)で3月23~25日に開催されたJapan Drone 2017には、ドローン技術のインテグレーター、株式会社アイ・ロボティクス(iROBOTICS、本社・東京)が、ドローンの最新技術を搭載した「VRモニタリングによる遠隔操作式無人探査車(特許出願中)を参考出品し、来場者に注目された。


Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

 幕張メッセ(千葉市)で開催されたドローンの展示会Japan Drone 2017で、中国、韓国のドローン業界の代表者を招いた意見交換会「日中韓ドローンシンポジウム~ドローン東京宣言」が催された。日本の一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長が司会を務め、業界動向や教員養成について語り合った。


Japan Drone 2017速報・高価なセンサー類を落下リスクから守る日創建のエアバッグ

Japan Drone 2017速報・高価なセンサー類を落下リスクから守る日創建のエアバッグ

 〝本邦初公開〟のドローン用エアバッグの実演が、Japan Drone 2017でひときわ目立つ演出で、客足を止めている。ただし保護するのは、ドローン本体ではなく、搭載したセンサーやスキャナーだ。


Japan Drone 2017速報・ササモモさん大活躍!デモフライトもPRも

Japan Drone 2017速報・ササモモさん大活躍!デモフライトもPRも

 幕張メッセで開幕中のJapan Drone 2017で、ドローンに関わる女子の活動チーム、「ドローン女子」を運営するササモモさん(佐々木桃子さん)が大活躍している。多忙の合間に、DroneTimesのブースにも立ち寄ってくれた。


Japan Drone 2017速報・ジェピコのサーモグラス、1億画素カメラシステムに熱視線

Japan Drone 2017速報・ジェピコのサーモグラス、1億画素カメラシステムに熱視線

 幕張メッセで開幕中のJapan Drone 2017で、スマートデバイスなどの電子部品商社、株式会社ジェピコ(JEPICO、東京・新宿)がブースを出展し、ドローン関連製品を展示し、来場者の視線を集めている。


Japan Drone 2017速報・一般公開! ドローンレースも開催

Japan Drone 2017速報・一般公開! ドローンレースも開催

 幕張メッセ(千葉市)で開催中の、ドローンに特化した国内最大のカンファレンス「JapanDroen2017」は、25日、展示を一般に公開する「パブリックDay」を開催。ドローンレースも行われるとあって、午前10時のドローン愛好家らが列を作った。


Japan Drone 2017速報・DPCAブースに来訪者続々 若手女性インストラクターの姿も

Japan Drone 2017速報・DPCAブースに来訪者続々 若手女性インストラクターの姿も

 カメラマン、デザイナーといったドローンを使ってサービスを提供する一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA、京都市)が、幕張メッセで開催中のJapan Drone 2017で展開しているブースに、多くの人が情報収集の方が訪れています。


試行錯誤公認(⁉)の「サンドボックス特区」導入でドローン普及を! 牧浦土雅氏が熱弁

試行錯誤公認(⁉)の「サンドボックス特区」導入でドローン普及を! 牧浦土雅氏が熱弁

 ドローンの普及にはルールの抵触を気にせずに試せる〝サンドボックス特区〟を|。社会活動家、社会起業家として知られる牧浦土雅氏が、幕張メッセ(千葉市)で開かれている国内最大のドローンカンファレンス「ジャパンドローン2017」のステージに登壇し〝日本版サンドボックス〟の導入の重要性について熱弁をふるった。