公開済みの記事

【慶大×田村市】音楽フェス参加に向け実践モード 本番では空撮と体験サポート

【慶大×田村市】音楽フェス参加に向け実践モード 本番では空撮と体験サポート

 慶應大学が福島県立船引高等学校(福島県田村市)の生徒に行っているドローン特別講座は、9月9日に同市内で開かれる大型音楽フェス「One-Nation」に空撮や体験フライトで参加するのに備え、実践モードに入った。


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


DPCAが大阪市と「災害時協定」 自治体と6件目で防災関連ではドローン団体ダントツ

DPCAが大阪市と「災害時協定」 自治体と6件目で防災関連ではドローン団体ダントツ

 ドローンを使った撮影や映像編集のクリエイターで構成する一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA、京都市)は大阪市と「災害時における支援協力に関する協定」を締結した。DPCAが自治体と防災・災害関連で協定を結ぶのは6件目で、ひとつの機関としては突出している。今後もドローンの技術を幅広く役立ていく考えだ。


「強み」持つドローン関連4社がアライアンス結成 包括ソリューションや千葉・君津の4万㎡フィールドを提供

「強み」持つドローン関連4社がアライアンス結成 包括ソリューションや千葉・君津の4万㎡フィールドを提供

 株式会社アイネット、Dアカデミー株式会社、トライポッドワークス株式会社、ドローン・ジャパン株式会社の4社は8月8日、ドローンを活用したビジネスの実現を加速させるため、「ドローン・ビジネス・リアライジング・イニジアチブ・ジャパン(DBRIJ)」を設立すると発表した。8月28日から活動を始める。


【慶大×田村市】講座2回目で空撮にチャレンジ 飛行申請準備も

【慶大×田村市】講座2回目で空撮にチャレンジ 飛行申請準備も

 慶大と〝ドローン連携協定〟を結んでいる福島県田村市で8月7日、福島県立船引高校のドローン特別講座の第2回が行われ、トイドローンで指ならしをした生徒たちは、前回、郡山測量設計社から寄贈されたPhantom4などを操縦し、空撮の基本を学びました。


国交省航空局がHPを更新 ドローン講習の管理団体7、講習団体は81に

国交省航空局がHPを更新 ドローン講習の管理団体7、講習団体は81に

 国交省航空局はドローン操縦技能の講習で一定の要件を満たした機関を「講習団体」と、講習団体を管理する「管理団体」について8月1日付で更新し、航空局のホームページで掲載した。8月1付現在で管理団体は7団体、講習団体は81団体。


【慶大×田村市】地元企業、船引高校にドローン寄贈! ファントム、レース用、ゴーグルも! 生徒代表「活躍に励みます」

【慶大×田村市】地元企業、船引高校にドローン寄贈! ファントム、レース用、ゴーグルも! 生徒代表「活躍に励みます」

 慶大からドローンの指導を受けている福島県立船引高校に、株式会社郡山測量設計社(野中春夫社長)が、生徒がドローン活動や練習に使うためのドローンや関連機材が大量に寄贈されました。同社は創業者が田村市の出身で、寄贈は地元への貢献の一環です。生徒達はさっそく、この日の第2期講座で真新しいドローンのフライトを堪能しました。


「DRONE OWNERS倶楽部」スタート! 〝ドローングラファ〟を養成、支援

「DRONE OWNERS倶楽部」スタート! 〝ドローングラファ〟を養成、支援

 ソネット・メディア・ネットワークス株式会社は、ドローンで空撮したコンテンツ情報を提供するWEBメディア「DRONE OWNERS(ドローンオーナーズ)」の関連事業として、空撮コンテンツ制作のスペシャリスト「ドローングラファ」を養成、支援する有料会員制サービス「DRONE OWNERS倶楽部」の運用を始めた。


ドローン女子が初の自主企画イベント「ぼくらのそら」開催 クラウドファンディングも実施中

ドローン女子が初の自主企画イベント「ぼくらのそら」開催 クラウドファンディングも実施中

ドローンの魅力を発信する女性チーム「ドローン女子」(佐々木桃子代表)が、初の自主企画イベント「ぼくらのそら」を8月19日、東京・新木場のライブイベントスペース、STUDIO COASTの屋外エリアで開催する。無料なら3分、2000円で10分のフライト体験ができ、いずれもドローン女子メンバーによる手ほどきを受けられる。


やるなフクオカ! 実証実験フルサポート事業募集 通信無償、PR機会提供、地元調整も

やるなフクオカ! 実証実験フルサポート事業募集 通信無償、PR機会提供、地元調整も

 ドローンやスタートアップの支援に積極的な福岡市が、福岡地域戦略推進協議会(FDC)とともに福岡市内での実証実験をフルサポートする事業を今年も実施する。プロジェクトを全国から募集しており、採択された事業は、7月末に提供を開始するIoT向け通信ネットワークを無償で使えるほか、あれもこれものサポートを受けられる。


慶大コンソとDPAが防災シンポ 自民・平氏「特区やサンドボックスの活用を念頭に」と呼びかけ

慶大コンソとDPAが防災シンポ 自民・平氏「特区やサンドボックスの活用を念頭に」と呼びかけ

 慶應義塾大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム(古谷知之代表)は、一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA、小林一郎理事長)と共催で、防災面でのドローン活用の可能性を探るため、「ドローン防災シンポジウム2017」を開催した。講演やパネルディスカッションが行われ、各界の論客が意見を述べた。


学科をまたいで「専門職業+ドローン」の高機能人材育成 FSGがスタート!

学科をまたいで「専門職業+ドローン」の高機能人材育成 FSGがスタート!

 幅広く職業人材の育成を展開している専門学校グループ「FSGカレッジリーグ」(福島県郡山市)で25日、学科横断でドローンの基礎講座「ドローンの基礎」が行われた。3学科の学生22人が教室で受講。26日にはフライトの実技に臨む。FSGの「専門職+ドローン」による高機能人材育成が始まった。


入門者限定! 「ドローンテクニカルチャレンジin仙北市」の熱気を現地レポート 学生の部の優勝は国学館高校、準優勝は青山学院大

入門者限定! 「ドローンテクニカルチャレンジin仙北市」の熱気を現地レポート 学生の部の優勝は国学館高校、準優勝は青山学院大

ドローン入門者が腕を競う「第1回ドローンテクニカルチャレンジin仙北市」が7月22日、23日に、秋田県立田沢湖スポーツセンターで行われました。22日には学生の部の競技が行われ、ドローン歴2年未満の真剣勝負に、会場は一体となって応援しました。選手、運営、会場が一体となって白熱した現地のようすをレポートします。


「自動車学校でドローンを!」 スペースワンと江刺自動車学校がコンソ構想 参加呼びかけ

「自動車学校でドローンを!」 スペースワンと江刺自動車学校がコンソ構想 参加呼びかけ

福島ドローンスクールを運営する株式会社スペースワン(東京都)と、岩手ドローンスクールを運営する株式会社江刺自動車学校(岩手県奥州市)は、ドローンの人材育成などを研究する自動車教習所のネットワーク「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(仮称)の構想を発表した。9月に勉強会、説明会を開催する予定で、参加を呼びかけている。


熱気に満ちた第5回ドローントークPIT「ドローン×ジモトノチカラ」 田村市、那賀町、skyerの取り組みは

熱気に満ちた第5回ドローントークPIT「ドローン×ジモトノチカラ」 田村市、那賀町、skyerの取り組みは

 ドローンタイムズは7月14日、「ドローン×ジモトノチカラ」をテーマに「第5回ドローントークPIT」を開催しました。異なる立場の論客3人が思いの込もった発表を披露すると、ファシリテーター・ササモモさんの問いかけをきっかけに、満席の客席から積極的な発言が相次ぎ、会場は異常なほどの熱気と笑顔で満たされました。


許可申請が必要な「人口集中地区」 判断基準を「平成27年度国勢調査」に切り替え

許可申請が必要な「人口集中地区」 判断基準を「平成27年度国勢調査」に切り替え

 ドローンのフライトに制限がある人口集中地区について、国土交通省は従来適用してきた平成22年度の国勢調査結果から、平成27年度の国勢調査結果に切り替えた。


管理団体は6、講習団体は56にそれぞれ増加 国交省航空局が7月1日付で更新

管理団体は6、講習団体は56にそれぞれ増加 国交省航空局が7月1日付で更新

 国土交通省航空局は、ドローン操縦技能講習に関連し、一定の要件を満たした「講習団体」と、その講習団体を管理する「管理団体」を7月1日付で更新し、航空局HPに掲載した。管理団体は6団体で、6月1日の4団体から2団体増えた。講習団体は56団体で、43団体から13団体増えた。


「ジャパンドローン2018」来年3月幕張で開催 「経産大臣賞」創設を計画

「ジャパンドローン2018」来年3月幕張で開催 「経産大臣賞」創設を計画

 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は10日、ドローン産業の専門展示会「ジャパンドローン2018」を、株式会社コングレ、株式会社スペースメディアジャパンと共催で、来年(2018年)3月22日(木)~24日(土)に、幕張メッセ(千葉市)で開催すると発表し、開催説明会とセミナーを開催した。


欧州のドローン映画祭「シネドローン」が日本部門設定 名称は「福岡賞」 応募は10月末まで

欧州のドローン映画祭「シネドローン」が日本部門設定 名称は「福岡賞」 応募は10月末まで

 ドローン空撮クリエイターが国際映画祭にチャレンジするなら、今がチャンスかもしれない。ヨーロッパのドローン映画祭「シネドローン国際映画祭」が、日本部門である「シネドローン・フクオカ・クリエイティブ・プライズ(福岡賞)」を設定し、日本からの作品の応募を募っている。締め切りは10月30日。まだ、間に合う。


ドローン教育を8学科で一斉導入! 郡山の職業教育FSGが公務員にも救急救命士にも

ドローン教育を8学科で一斉導入! 郡山の職業教育FSGが公務員にも救急救命士にも

 公務員、医療看護など8つの異なる分野の職業教育で、一斉にドローン教育を組み入れる取り組みを、福島県郡山市の専門学校グループ、FSGカレッジリーグが始める。分野、学科を超えたドローン教育の一斉導入は全国初。従来は比較的、ドローンとの関わりで論じられることが少なかった分野も含まれ、ドローン人材育成に一石を投じそうだ。