公開済みの記事

【ジャパンドローン2018・発見!】Saashaが〝fly〟熱唱し喝采 「ドローンがさらに発展しますように」

【ジャパンドローン2018・発見!】Saashaが〝fly〟熱唱し喝采 「ドローンがさらに発展しますように」

 実力派シンガーSaashaが、3月24日まで千葉・幕張メッセで開かれていたJapan Drone 2018のレセプションで、楽曲〝fly〟を披露し、会場で喝采を浴びた。Flyはドローン業界内でドローンのイメージソングとの認識が浸透しつつある。


【ジャパンドローン2018・発見!】背負って歩いて5分で点群! LiBackPackにササモモさんもサカグチさんも驚いた!

【ジャパンドローン2018・発見!】背負って歩いて5分で点群! LiBackPackにササモモさんもサカグチさんも驚いた!

 JapanDrone2018の会場でレーザーソリューションを手掛ける株式会社交響(京都市)が展示していたレーザーライダーに驚く声が続出した。ひょいと背負って5分歩けば、会場となっていた幕張メッセの展示ホールの3次元点群データが取得できて、ササモモさんも、サカグチさんも驚いた。


【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

 福島県とドローン関連団体のJUIDA、JUAV、JUTMの4者は3月22日、ドローンの操縦者、管理者が、肉眼で見える範囲を超えて機体を飛ばすことができる「目視外飛行」を実現させる環境を整えるため、「ジャパンドローン2018」が開かれている千葉・幕張メッセで協力協定を締結した。


「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

 慶應義塾大学と包括的な連携協定を結んでいる福島県田村市は3月20日、ドローンによる産業創出、地域活性化を目指す「ドローンコンソーシアムたむら」の設立総会を田村市役所で開催した。地域主体のドローンの活動組織は前例がなく、各層から話題を集めそうだ。


津波情報で自動出動するドローンが避難呼びかけ! 仙台・旧荒浜小で実験 ブロックチェーン技術活用の情報共有、画像で人物検知

津波情報で自動出動するドローンが避難呼びかけ! 仙台・旧荒浜小で実験 ブロックチェーン技術活用の情報共有、画像で人物検知

 仙台市は3月19日、津波発生情報を受けてドローンが自動的に出動し、避難を呼びかけたり、人影をとらえて避難状況を確認したりと、現場での活動を想定した実験を、仙台市若林区の震災遺構、旧荒浜小学校で実施した。通信、ITなど大手を含めた多くの企業が参加し、4つのミッションはすべてクリアした。今後、実装に必要な課題を洗い出す。


「プロペラ戦隊ドローンジャイ」参上! 安全フォーラムを盛り上げ

「プロペラ戦隊ドローンジャイ」参上! 安全フォーラムを盛り上げ

 ドローンの普及活動を展開する女性チーム、ドローンジョ+(プラス、佐々木桃子代表=ササモモさん)は3月11日、川崎市で「ドローン安全フォーラム」を開きました。来場者と一緒に「安全」を考えるコーナーや、安全を啓蒙するヒーロー『プロペラ戦隊ドローンジャイ』の登場などがあり、会場は大いに盛り上がりました。


ドローンのプログラミングで国語力を鍛える? 奈良の中学生向け公開授業を見学してきた!

ドローンのプログラミングで国語力を鍛える? 奈良の中学生向け公開授業を見学してきた!

 ドローンを自動で飛行させるためのプログラミングを国語として教える授業を、奈良女子大学附属中等教育学校が公開した。ドローンの活用法は拡大しつつあるが、「国語」での利用とは珍しい。想像を膨らませて見学に出かけたら、予想しない光景が繰り広げられていた。


第3回福島ドローンサミットは3月17日に開催 郡山ドローンパークでは夜間飛行練習会も

第3回福島ドローンサミットは3月17日に開催 郡山ドローンパークでは夜間飛行練習会も

ドローン関連業界の第一線で活躍する論者が最新事情を披露する「第3回福島ドローンサミット」が3月17日、福島県郡山市で開催される。講演3本と、パネルディスカッションが行われる。入場は無料。また開催に合わせ、株式会社SkyBeeは、同社が運営するドローン飛行練習場、「郡山ドローンパーク」で夜間飛練習会を開催する。


9位にテラドローン! 独DRONEIIが「サービス・プロバイダー・ランキング」発表

9位にテラドローン! 独DRONEIIが「サービス・プロバイダー・ランキング」発表

 世界各国のドローン企業を業種別に網羅した業界地図の作成で知られるドイツの調査会社、Drone Indusry Insight社(DRONEII)は、ドローンのサービスを提供するDaaS企業の「TOP20ドローン・サービス・プロバイダー・ランキング2018」を発表した。日本からテラドローン株式会社が9位に入った。


「第1回JUTMシンポジウム」開催 総勢38人の登壇者が空域管理や電波管理などで見解を披露 

「第1回JUTMシンポジウム」開催 総勢38人の登壇者が空域管理や電波管理などで見解を披露 

 ドローンの普及促進と、それに伴う課題解決に必要な社会基盤を整備するため、空域や電波の管理システム構築を目指す日本無人機運航管理コンソ-シアム(JUTM)が第1回シンポジウムを開催した。産業界、研究機関、中央省庁、地方行政など各界の第一人者が計38人が、講演やパネルディスカッションに登壇する異例の大規模集会となった。


ものづくりの新拠点「センター・オブ・ガレージ」がオープン! Drone Fundと提携のリバネスなど東京・墨田区に

ものづくりの新拠点「センター・オブ・ガレージ」がオープン! Drone Fundと提携のリバネスなど東京・墨田区に

個人投資家・千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fundと事業提携している株式会社リバネスは、子会社の株式会社グローカリンクと共同で、ベンチャー、町工場、大企業の3者連携を実現するインキュベーション施設「センター・オブ・ガレージ(COG)」を、町工場が集積する東京都墨田区に開設した。


〝申請マニア〟佐々木氏が教える飛行申請セミナー DRONE MEDIAが3月3日に開催

〝申請マニア〟佐々木氏が教える飛行申請セミナー DRONE MEDIAが3月3日に開催

 ドローンの飛行に欠かせない飛行申請について、〝申請マニア〟の異名を取るほど豊富な実績を持つ行政書士、佐々木慎太郎氏のセミナーが3月3日、開催される。主催はドローン報道の草分け、DRONE MEDIA。当日は講義に加え、参加者の書類作成指導も行う。


〝空飛ぶクルマ〟エアーモビリティーのシンポ 慶大がSociety5.0を見据え3月27日に開催

〝空飛ぶクルマ〟エアーモビリティーのシンポ 慶大がSociety5.0を見据え3月27日に開催

 慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムと、慶應義塾大学SDM研究所空飛ぶクルマラボは3月27日に「エアーモビリティ・シンポジウム―空飛ぶクルマの共存―」を3月27日、慶應義塾大学三田キャンパスで開催する。産学官のスピーカー、パネリストが社会実装に向けた課題などについて議論する。


「ドローンコンソーシアムたむら」設立へ 知見を結集、人材育成から地域振興まで

「ドローンコンソーシアムたむら」設立へ 知見を結集、人材育成から地域振興まで

 慶應義塾大学とのドローン包括連携をきっかけに、ドローン活用の取り組みに力を入れている福島県田村市は、ドローンに関連する知見を集め、地域や社会、参加者に還元する「ドローンコンソーシアムたむら」を設立させる。ドローン活用に意欲的な法人、個人の会員を市内外から広く募る。3月下旬に設立総会を開く。


NTTドコモのドローン事業「docomo sky」 発表会での中山副社長の説明を紹介 「パートナーと効率化、高度化を」 

NTTドコモのドローン事業「docomo sky」 発表会での中山副社長の説明を紹介 「パートナーと効率化、高度化を」 

 NTTドコモが2月21日に発表した企業向けにドローンの運用を支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky(ドコモスカイ)」が大きな反響を呼んでいる。発表会に登壇した中山俊樹副社長の発言を改めて紹介する。


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。


Dron é motionが三峯神社で空撮する「秩父ドローンツア-」開催 西武鉄道、西武トラベルとコラボ 

Dron é motionが三峯神社で空撮する「秩父ドローンツア-」開催 西武鉄道、西武トラベルとコラボ 

 ドローン空撮による地方創生を手掛ける株式会社Dron é motion(東京)は、西武鉄道株式会社(埼玉県)、西武トラベル株式会社(東京都)と、秩父・三峯神社での空撮ツアーを3月16日から1泊2日で開催する。天候など条件が整えば雲海の撮影が期待できる。目的地までは西武特急レッドアローを使い、車内で説明会などを行う。


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。


福島・郡山の専門学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

福島・郡山の専門学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

 福島県郡山市の職業人養成の専門学校、国際情報工科自動車大学校(WIZ)は2月15日、第2回「ドローン活用人材育成協議会」を開き、ドローン業界で活躍する産、官、学の専門家が集まった。この日は1月下旬から2月上旬にかけて行われた調査についての報告がされた。


慶大コンソ、体制変更を発表 副代表に南政樹氏、事務局長に高橋伸太郎氏

慶大コンソ、体制変更を発表 副代表に南政樹氏、事務局長に高橋伸太郎氏

 慶應義塾大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム(代表・古谷知之総合政策学部教授)は、2月1日付の体制変更を発表した。事務局長だった南政樹・政策メディア特任助教が副代表に、高橋伸太郎・政策メディア研究科特任講師が事務局長に就任。近く到来を見込む〝ドローン前提社会〟でのよりよい社会の実現を目指し体制を強化する。