オリジナル


オリジナルの記事一覧

【慶大×田村市】「ドローンコンソーシアムたむら」が第1回定例会 リモセン、測量、点検会社の事例に40人が熱視線

【慶大×田村市】「ドローンコンソーシアムたむら」が第1回定例会 リモセン、測量、点検会社の事例に40人が熱視線

 ドローンによる地域の活性化に意欲を持つ業種、所属を超えた有志個人、法人で構成する活動体「ドローンコンソーシアムたむら」(福島県田村市)は5月31日、第1回定例会を開催した。ドローンを使っている事業者3社が登壇して取り組みを紹介、参加した30団体、約40人が耳を傾けた。


DJI ZENMUSE XT2の国内事例を紹介

DJI ZENMUSE XT2の国内事例を紹介

DJI JAPAN株式会社(本社:東京都品川、代表取締役:呉韜)は、赤外線カメラのZENMUSE XT2の国内事例を報道関係者と代理店や関係者に発表した。


NEDO、新たな安全評価基準の開発に着手 東大、イームズロボティクスなどの提案を採択

NEDO、新たな安全評価基準の開発に着手 東大、イームズロボティクスなどの提案を採択

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は5月30日、ドローンなど無人航空機の新たな安全評価基準の研究開発に着手すると発表した。東京大学、イームズロボティクスなど6者による共同提案を採択する方針となった。今後、各メーカーが独自に取り組んでいる安全対策の性能をどう評価するか、などを検討する。


IDE TOKYO2018に登場したドローン展示の数々

IDE TOKYO2018に登場したドローン展示の数々

5月23日から東京ビッグサイトで開催されたIDE TOKYO ドローンソリューション&技術展に、最新のドローン関連技術が出展された。


カーティベーターが空飛ぶ車の試作車をお披露目 人とくるまのテクノロジー展2018横浜展

カーティベーターが空飛ぶ車の試作車をお披露目 人とくるまのテクノロジー展2018横浜展

2020年の東京五輪の聖火を点灯ーーそのような目標を掲げ空飛ぶ車を開発している有志団体「カーティベーター」が開発した空飛ぶ車の試作機「スカイドライブ SD―01」が、23日から開催されている国内最大級の自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」でお披露目されている。


さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが衛星画像を無料で使えるプラットフォームを提供、経済産業省の委託事業として契約を締結した。


PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!

PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!

 ドローンタイムズが主催する「ドローントークPIT」にゲスト登壇したことがある世界最大級の会計事務所PwCが、社内の新規事業を競う「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催した。勝ち上がった6組による高レベルなピッチや、著名芸術を成分までそっくりに再現するクローンアートのセッションが繰り広げられた。


【慶大ドローン】“ドロゼミ”の学生が農家レストランオープン式典を公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席

【慶大ドローン】“ドロゼミ”の学生が農家レストランオープン式典を公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席

 慶應義塾大学でドローンを研究する自主活動〝ドロゼミ〟は5月19日、今月開業する飲食施設の開業式典の空撮を行った。式典には学生3人が参集。齋藤農水省、黒岩神奈川県知事、星野衆院議員らが列席する式典をノーミスで乗り切り、列席者や参加者から問い合わせを受けるなど歓迎を受けた。


DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

設計事務所のフォスター・アンド・パートナーズ(ロンドン)は、深センに建設中のDJIの新社屋のデザインコンセプトと動画を公開した。既存のオフィスにとらわれないドローンの発着基地のような空間も用意される計画。(田中亘)


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

 中国・深圳で水中ビークルの研究、開発、製造を手掛けるスタートアップ、Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約を締結した株式会社スペースワン(福島県)の小林康宏代表が17日、DroneTimesのオフィスを訪れ、販売を始めた水中ドローン「GLADIUS」の実機を持ち寄った。


古都鎌倉の名刹・長谷寺をドローン空撮 観音ミュージアムで公開予定

古都鎌倉の名刹・長谷寺をドローン空撮 観音ミュージアムで公開予定

古都鎌倉の名刹・長谷寺(鎌倉市長谷)では、同寺からの依頼で一般社団法人鎌倉ドローン協会(代表理事:青栁正紀、鎌倉市七里ガ浜東)が新緑に囲まれた自然豊かな境内の空撮を行った。空撮は今後、同寺の観音ミュージアムなどで公開予定。


PrecisionHawkが米国での目視外飛行(BVLOS)の技術プラットフォームを発表

PrecisionHawkが米国での目視外飛行(BVLOS)の技術プラットフォームを発表

米国でドローンを活用したソリューションを展開しているPrecisionHawk社(代表:マイケル・チャゼン)は、最先端の音響検出技術などを組み合わせて、半径10km以内の航空機を識別する目視外飛行(BVLOS)対応ドローンの技術プラットフォームを発表した。(田中亘)


XAIRCRAFT P30が世界的権威あるデザイン賞の「Red Dot Design Awards 2018」を受賞

XAIRCRAFT P30が世界的権威あるデザイン賞の「Red Dot Design Awards 2018」を受賞

XAIRCRAFTのドローンは、優れたデザインと革新性を備えたプロダクトであるとして国際的に権威あるデザイン賞のRed Dot Design Awards 2018(ドイツ・エッセン)を受賞した。


「講習団体」は177、うち8組は〝二刀流〟 国交省航空局が5月1日付でHP更新

「講習団体」は177、うち8組は〝二刀流〟 国交省航空局が5月1日付でHP更新

 国交省航空局は5月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を得るための講習を実施する「講習団体」は177組と公表。2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟が8組あるため、実質169団体が5月1日時点で講習サービスを提供する掲載団体ということになる。


【ドローン × AI】動くものすべて自律動作マシンになると予測するNVIDAのAI戦略

【ドローン × AI】動くものすべて自律動作マシンになると予測するNVIDAのAI戦略

半導体メーカーのNVIDIA(エヌビディア、米国カリフォルニア州)は、都内でNVIDIA Deep Learning Seminar 2018を開催した。基調講演では、日本代表 兼 米国本社副社長 大崎 真孝氏が、自動車やドローンなど動くものはすべて自律動作マシンになると予測した。(田中亘)


「静岡沼津ドローンスクール」が開校式典 自動車学校からの参入加速

「静岡沼津ドローンスクール」が開校式典 自動車学校からの参入加速

 自動車教習所のドローンシフトが止まらない。静岡県公安委員会指定の株式会社東部自動車学校(静岡県沼津市)は「静岡沼津ドローンスクール」を5月末に開校することになり4月21日、開校式典を開いた。全国自動車学校トドローンコンソーシアム(以後、ジドコン)系として3校目で、式典では同社の清マキ代表がデモフライトを披露した。


東京都、あきる野市、スカイシーカーが、災害対応でドローンによる5.7GHz帯を利用した映像伝送と自律飛行による物資輸送の実証実験

東京都、あきる野市、スカイシーカーが、災害対応でドローンによる5.7GHz帯を利用した映像伝送と自律飛行による物資輸送の実証実験

東京都、あきる野市、スカイシーカーは、ドローンを使った災害対応で、5.7GHz帯を利用した映像伝送と自律飛行による物資輸送の実証実験を、4月26日、あきる野市(東京都)で実施した。


日本初のプロチーム「RAIDEN RACING」が発足 中学生選手も! 最高峰リーグ「DCL」への参戦を表明

日本初のプロチーム「RAIDEN RACING」が発足 中学生選手も! 最高峰リーグ「DCL」への参戦を表明

 DRONE SPORTS株式会社(東京)は4月25日、プロフェッショナルドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」の発足を発表した。中学生を含む4選手が、2018年はヨーロッパ最高峰のプロフェッショナルドローンレースリーグ「Drone Champions league」に挑む。初陣は6月22日だ。