オリジナル


オリジナルの記事一覧

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

海中ロボット等を用いて、超広域高速海底マッピングの実現を目指し海底探査技術を競う世界初の国際コンペティション「Shell Ocean Discovery XPRIZE」の決勝ラウンドに日本チームが進出し、開発された自立型海中ロボットなどが9月18日、神奈川県横須賀市の海洋研究開発機構横須賀本部で公開された。


テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

2018年7月に発生した西日本豪雨は、西日本を中心に、河川の氾濫や洪水に土砂災害など多くの被害をもたらした。復興に向けて国土交通省は、テラドローン(東京)にドローンによるレーザー計測を依頼し、被災地の正確な状況を収集している。


Jヴィレッジでドローンスクール開講 「ドローンの聖地」目指し10月29日に第1期スタート

Jヴィレッジでドローンスクール開講 「ドローンの聖地」目指し10月29日に第1期スタート

サッカー、ラグビーなど多くのスポーツ選手の育成拠点、ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)で、ドローンスクールが開講する。東日本大震災対応で施設としての運用を停止して以来、7年4か月ぶりに再始動した施設は、復興の象徴として「ドローンの聖地」としての名声獲得にも乗り出した。


北海道胆振東部地震で陸自がドローン初投入 土砂崩れ現場を上空から確認

北海道胆振東部地震で陸自がドローン初投入 土砂崩れ現場を上空から確認

北海道胆振東部地震で陸上自衛隊は、大規模な土砂崩れが起きた厚真町に小型無人機ドローンを投入、上空から現場の状況を撮影した。自衛隊が災害派遣でドローンを使うのは初めて。


MAVIC 2 ProとZoomのカメラは交換しても機能することが判明 でもね…

MAVIC 2 ProとZoomのカメラは交換しても機能することが判明 でもね…

YouTubeのContinueCrushingTechチャンネルに公開された動画によれば、DJIのMAVIC 2 ProとZoomのカメラは、相互に交換が可能で、取り替えてもアプリで正常に認識されることが判明した。


韓国や中国の文化遺産を記録するインテルのFalcon 8+

韓国や中国の文化遺産を記録するインテルのFalcon 8+

米国の半導体大手メーカーのインテルは、韓国や中国の文化遺産を守るために、Intel Falcon 8+ドローンを使い、3Dモデルの作成に取り組んでいる。


DJIが公式にPhantom 5ではないと否定するレンズ交換式カメラを備えた特注Phantom 4?

DJIが公式にPhantom 5ではないと否定するレンズ交換式カメラを備えた特注Phantom 4?

この数週間に、Twitterなどで流出しているレンズ交換システムを備えたシルバーボディのPhantomのようなドローンについて、DJIは海外のドローン系メディアに対して、公式にPhantom 5ではないと否定した。


MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(3/3)

MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(3/3)

DJI JAPAN株式会社(東京都)の開催した新型ドローンMAVIC 2の体験会では、参加者に15分間だけ実機を飛ばせる時間が与えられた。限られた時間の中で、カメラの性能に焦点を当てて、その「買い」度を確かめてきた。(田中亘)


MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(2/3)

MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(2/3)

DJI JAPAN株式会社(東京都)の開催した新型ドローンMAVIC 2の体験会に参加し、新機能の数々を確かめられる実機の飛行を通して、どのくらの「買い」度なのかを見極めてきた。(田中亘)


MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(1/3)

MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(1/3)

DJI JAPAN株式会社(東京都)は、8月29日と30日の両日にわたり、報道関係者を集めて新型ドローンMAVIC 2の体験会を実施した。実際にコントローラーを手にして実機を飛行できる体験会に参加して、MAVIC 2の「買い」度を確かめてきた。(田中亘)


Phantom 5の発売に向けた準備か? Phantom 4などの販売が海外で終了

Phantom 5の発売に向けた準備か? Phantom 4などの販売が海外で終了

2018年8月30日、米国。海外のドローン関連のメディアやDJIユーザーのフォーラムなどで、8月30日にDJIのディーラー向けに配布された製品の販売終了に関する発表が、数多くの憶測を生んでいる。その中には、Phantom 5の発売に向けた製品ラインナップの整理ではないか、というものがある。


ドローン専門情報番組「月刊ドローンチャンネル」が好評放送中 9月2日に第2回放送

ドローン専門情報番組「月刊ドローンチャンネル」が好評放送中 9月2日に第2回放送

ドローン専門情報番組「月刊ドローンチャンネル」が、スカパー!プレミアム609chEXスポーツチャンネルで、8月5日から放送を開始。同番組の放送はスカパー!無料開放デーの毎月第1日曜日、19時から60分番組として放送される。第2回放送は9月2日。


IBMがコーヒー給仕ドローンの特許を取得

IBMがコーヒー給仕ドローンの特許を取得

2018年8月7日、米国。コンピュータ企業大手のIBM(米国)は、個人の状態やサインを認識してコーヒーを給仕するドローンの特許を取得した。


セレブのプールから南極の海までフィンだけで泳ぐ水中ドローンのBIKI

セレブのプールから南極の海までフィンだけで泳ぐ水中ドローンのBIKI

CFD販売が8月24日から販売を開始した水中ドローンのBIKIは、見た目の可愛らしさやトイっぽさからは想像できない高度なテクノロジーを凝縮した水中ドローン。その活躍の幅は、セレブのプライベートプールから釣りやダイビングのお伴になるだけではなく、開発の原点となったモデルでは、南極の海を泳いだ経験もある。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。


JUIDAが有明防災フェアでミニドローン体験会&ドローンデモフライト 元自衛官アイドルのかざりさんもドローン初体験

JUIDAが有明防災フェアでミニドローン体験会&ドローンデモフライト 元自衛官アイドルのかざりさんもドローン初体験

一般社団法人日本UAS産業振興協議会は、8月10日〜12日、東京都江東区有明の東京臨海広域公園で開かれた「第5回有明防災フェア」に協力・出展し、チームはちどりによるミニドローン体験会やブルーイノベーションの点検ドローン「ELIOS」のデモフライトを行った。


JUIDA創立4周年、記念セミナーでドローンへのAIシステム実装がもたらす移動革命について講演

JUIDA創立4周年、記念セミナーでドローンへのAIシステム実装がもたらす移動革命について講演

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、「JUIDA創立4周年記念セミナー」を7月26日、東京大学で開催し、鈴木真二JUIDA理事長、国土交通省 航空局 安全部 安全企画課 無人航空機企画調整官の徳永博樹氏、(株)スペースメディアジャパン 代表取締役社長の管埜寛之氏がそれぞれ講演した。


富山ドローンスクールが「サミット」を開催 会場満席の約100人が聴講

富山ドローンスクールが「サミット」を開催 会場満席の約100人が聴講

 富山ドロ-ンスクールを運営する北日本自動車学校(富山市)は8月4日、ドローン産業の最前線で活躍する講師を招く「富山ドローンサミット」を。富山大学で開催した。一般社団法人日本UAS産業推進協議会(JUIDA)の千田安弘副理事長、慶應大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が登壇し最新事業を解説した。


夏休み中の子どもたちがドローン体験! 子ども大学かまくら(養老孟司学長)がドローン体験学習 鎌倉ドローン協会が協力

夏休み中の子どもたちがドローン体験! 子ども大学かまくら(養老孟司学長)がドローン体験学習 鎌倉ドローン協会が協力

「こども大学かまくら」(養老孟司校長)の体験学習「ドローンはすごい」が、鎌倉ドローン協会の協力で8月3日、鎌倉市御成町の鎌倉市立御成小学校の体育館で行われた。鎌倉市内の小学校に通う児童30人が参加した。