マーケット


マーケットの記事一覧

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


世界のUTM市場は2026年に36億2千万ドルに成長するとBISリサーチが予測

世界のUTM市場は2026年に36億2千万ドルに成長するとBISリサーチが予測

米国ミネソタ。2018年3月14日。調査会社のBISリサーチ(ミネソタ州エディナ)は、最新の調査レポートで、UTM(UAS航空管制システム)市場が、2026年に36億2千万ドル(約3,900億円)に成長するという予測を発表した。


'インプレス総合研究所、2017年度の国内のドローンビジネス市場規模は前年比42%増の503億円

'インプレス総合研究所、2017年度の国内のドローンビジネス市場規模は前年比42%増の503億円

インプレス総合研究所は、国内のドローンビジネス市場の動向の調査結果を発表した。


2020年に中国のドローン市場は1兆円へ...民間活用拡大で2017年の6倍に

2020年に中国のドローン市場は1兆円へ...民間活用拡大で2017年の6倍に

2020年に中国・商業用ドローン市場の規模が、600億元(約1兆322億円)を超えるとの分析が公表された。


GoPro、ドローン事業撤退。Karmaのサポートは継続

GoPro、ドローン事業撤退。Karmaのサポートは継続

GoProは、「Karma」などのドローン事業から撤退する。


世界初のドローンタクシーのテスト飛行が行われる(中国)

世界初のドローンタクシーのテスト飛行が行われる(中国)

 遠隔操作で飛行する自律型の無人航空機ドローンは、軍事用途以外にも空中撮影や配送などさまざまな分野で運用されつつあるが、最近中国の企業が取り組んでいる世界初のタクシー化が話題を集めている。


大型ドローンテスト飛行基地が天津に設立へ

大型ドローンテスト飛行基地が天津に設立へ

ドローン技術の急速な発展に伴い、中国の2020年のドローン市場規模は584億元(1元は約17円)以上に達する見通し。


エンルートが9億円増資 JSATグループが発表 同グループの完全傘下に

エンルートが9億円増資 JSATグループが発表 同グループの完全傘下に

 産業用ドローンの開発、製造などを手掛ける株式会社エンルート(埼玉県)は、9億円の増資を実施したと発表した。同社はスカパーJSATグループの一角で、同グループはこの増資などにより10月20日付で100%の議決権を取得した。エンルートはこの増資を機に、量産体制の構築、安全管理、品質管理の充実など事業を加速させる。


グーグル親会社アルファベット、豪州でドローンで薬や食品の配達開始

グーグル親会社アルファベット、豪州でドローンで薬や食品の配達開始

グーグルの親会社アルファベットのドローンでの配達計画「プロジェクト・ウィング」が開始され、オーストラリアの農村部への薬品配達を始めた。


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


ドローンの「無人タクシー」がドバイでテスト飛行--5年内の実用化目指す

ドローンの「無人タクシー」がドバイでテスト飛行--5年内の実用化目指す

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ政府が、ドローンタクシーの初めてのテスト飛行を実施した。これは操縦士のいない航空旅客輸送サービスのテストで、ドローンは上空200mを5分間にわたって旋回した。


ルワンダ発の「救命ドローン」スタートアップ、Ziplineがタンザニアに新拠点

ルワンダ発の「救命ドローン」スタートアップ、Ziplineがタンザニアに新拠点

東アフリカのテックカントリー、ルワンダ発のドローンイノヴェイションを生み出したZiplineが、タンザニアで大規模な配送センターを開始することを発表した。


ウォルマートがアマゾンに続く「空飛ぶ物流倉庫」飛行船にドローン配送の特許出願

ウォルマートがアマゾンに続く「空飛ぶ物流倉庫」飛行船にドローン配送の特許出願

ウォルマートは特許でもアマゾンと競っているのかもしれない。ウォルマートは、ドローン配送可能な空飛ぶ倉庫の特許を出願していたことが明らかになった。


ダイムラーがドローンタクシー企業Volocopterに約33億円を出資

ダイムラーがドローンタクシー企業Volocopterに約33億円を出資

独自動車メーカーのダイムラーを含む数社からなるグループが、中国Volocopterに3000万ドル(約33億円)の出資を実施しました。


「DRONE OWNERS倶楽部」スタート! 〝ドローングラファ〟を養成、支援

「DRONE OWNERS倶楽部」スタート! 〝ドローングラファ〟を養成、支援

 ソネット・メディア・ネットワークス株式会社は、ドローンで空撮したコンテンツ情報を提供するWEBメディア「DRONE OWNERS(ドローンオーナーズ)」の関連事業として、空撮コンテンツ制作のスペシャリスト「ドローングラファ」を養成、支援する有料会員制サービス「DRONE OWNERS倶楽部」の運用を始めた。


中国宅配最大手「順豊エクスプレス」がドローン物流で「モデル運行区」認可取得

中国宅配最大手「順豊エクスプレス」がドローン物流で「モデル運行区」認可取得

 中国で外資系、国営系以外では宅配便事最大手の順豊エクスプレス(順豐速運、本部・広東省深圳)は、物流ドローンモデル運行区の空域申請を行い、正式に認可された。


グーグルのドローン配達計画「Project Wing」が豪グーゴンでテストへ<sorae.jp>

グーグルのドローン配達計画「Project Wing」が豪グーゴンでテストへ<sorae.jp>

2017年6月にFAAとNASAによるテストを通過するなど、実現に向けて着実に前進しているグーグルのドローン配達計画「Project Wing」。そのProject Wingが、オーストラリアのシドニー近くの街グーゴン(Googong)をテスト地に選んだことが地元紙などによって報じられています。


ドバイ警察、世界初のドローン搭載「自動運転パトカー」パトロールから追跡、不審物検知まで

ドバイ警察、世界初のドローン搭載「自動運転パトカー」パトロールから追跡、不審物検知まで

ドバイ警察が2017年6月に、ドローン搭載の自動運転パトカー「O-R3」を導入することを明らかにした。自動運転パトカーはシンガポールのスタートアップOTSAW Digitalが開発。年内に利用開始予定。


インテル、東京五輪にドローンとVRを投入へ--2024年までIOC協賛

インテル、東京五輪にドローンとVRを投入へ--2024年までIOC協賛

Intelは米国時間6月21日、2024年までのオリンピックの世界公式パートナーになったことを発表した。Intelの最高経営責任者(CEO)を務めるBrian Krzanich氏と国際オリンピック委員会(IOC)のThomas Bach会長が、ニューヨークで開催されたイベントで契約に署名した。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。