DPAに関する記事


福岡に屋内常設型のドローン操縦士協会認定「ドローンスクールジャパン福岡東校」が4月21日開校

福岡に屋内常設型のドローン操縦士協会認定「ドローンスクールジャパン福岡東校」が4月21日開校

産業用ドローンの開発、販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区、 代表取締役社長:貝應大介)は、九州初となる常設屋内飛行場を完備した『ドローンスクールジャパン福岡東校』を4月21日(金)に開校する。 当日は、 開校式典のほか、 デモフライトや操縦体験会も開催する。


【一般社団法人ドローン操縦士協会(略称: DPA(ディーパ))】業界初!会員専用オンライン講座の提供開始

【一般社団法人ドローン操縦士協会(略称: DPA(ディーパ))】業界初!会員専用オンライン講座の提供開始

一般社団法人ドローン操縦士協会( 東京都渋谷区 理事長:小林一郎 略称: DPA(ディーパ))は、 会員がより最先端で安全なドローン活用を実現するための活動の一環として、4月1日より、 会員専用サイトにてオンライン講座の提供し、 その第一弾となる「安全運航管理・基礎講座」の配信を開始した。


スカイロボット、東北初の屋内ドローンスクール開校 (仙台市)

スカイロボット、東北初の屋内ドローンスクール開校 (仙台市)

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボットは、宮城県仙台市に「 ドローンスクールジャパン仙台若林校」を 3 月 13 日に開校する。


DPA潮見ドローン専用飛行場 開校2か月でドローンスクール受講者数600名突破

DPA潮見ドローン専用飛行場 開校2か月でドローンスクール受講者数600名突破

一般社団法人ドローン操縦士協会( 東京都渋谷区  略称: DPA(ディーパ))は、 世界最大級の屋内施設「DPA潮見ドローン専用飛行場」でのドローンスクール受講者数が、 開校2か月となる2016年12月末時点で、 累計受講者数が600名を超えたと発表。


報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 1(上)

報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 1(上)

 報道カメラマン・納冨康(38)。現在は産経新聞写真報道局に勤務し、報道カメラマン歴15年目のベテランだが、ドローンでの空撮は初心者。どちらかというとドローンは敬遠してきたが、上司から「アメリカでドローンを飛ばして雄大な写真を撮ってこい」の無茶ぶりミッションを与えられ、今回ドローンパイロットを目指すことになった。


資格認定の仕組みを発表 ドローン操縦士協会

資格認定の仕組みを発表 ドローン操縦士協会

一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA=ディーパ、小林一郎理事長)が、「ドローンの日」にあたる10月6日に発表会を開催し、操縦者資格の仕組みと概要を発表した。