スマート農業アライアンスに関する記事


パイロット不足を解消するためにOPTIMがドローン版Uberとなるdrone connectを発表

パイロット不足を解消するためにOPTIMがドローン版Uberとなるdrone connectを発表

都内でオプティム・スマート農業アライアンスの成果発表会を開催した株式会社オプティム(東京都)は、需要が拡大しパイロットが不足している状況を改善するために、drone connectというマッチングサイトの立ち上げを発表した。


オプティムの「スマート農業アライアンス」へ、株式会社みちのく銀行と青森県内の農業者3社が新たに参画

オプティムの「スマート農業アライアンス」へ、株式会社みちのく銀行と青森県内の農業者3社が新たに参画

株式会社オプティムは、株式会社みちのく銀行と、金融分野ならびに農業分野において、AI・IoTの活用を推進するため「AI・IoT戦略的包括提携」を1月11日に締結し、最初の取り組みとしてオプティムが新たに設立した「スマート農業アライアンス」へみちのく銀行をはじめとした青森県内の農業者3社が参画し、実証実験を開始する。


オプティムが「スマート農業アライアンス」を設立し参加者や参加企業を募集

オプティムが「スマート農業アライアンス」を設立し参加者や参加企業を募集

AIやIoTにドローンを駆使してスマート農業に取り組む株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下「オプティム」)は、「スマート農業アライアンス」の設立を発表し、同アライアンスに参画を希望する第一期の募集を無料(条件つき)で開始する。