FAAに関する記事


NASAとFAAが行ったドローンの飛行管制の実験にIntelやGoogleにAmazonなどが参加

NASAとFAAが行ったドローンの飛行管制の実験にIntelやGoogleにAmazonなどが参加

米国時間の6月9日から、NASAはFAAと協力して「技術能力レベル2(TCL2)ナショナルキャンペーン」を実施した。米国の6つのサイトで、最新の無人航空機システム(UAS)の飛行管制(UTM)技術のテストを行った。


ドローン操縦士を派遣する「DroneAgent」が、FAA(米連邦航空局)商用の運航資格を取得

ドローン操縦士を派遣する「DroneAgent」が、FAA(米連邦航空局)商用の運航資格を取得

オンデマンドUAV(ドローン)サービス「DroneAgent」を運営する、株式会社FLIGHTSは、アメリカ連邦航空局(FAA)におけるドローン運航認可を取得しました。国内企業のFAA認可は初の事例で、DroneAgentは事前許可申請無しに飛行が可能になる。


【基調講演】NASAの低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について

【基調講演】NASAの低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について

Japan Drone 2017、2日目の基調講演は、アメリカ航空宇宙局(NASA) エイムズ・リサーチセンター シニアテクノロジストのパリマル・コパーデカー博士が、「低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について」ビデオで講演した。


報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 4・FAA登録の巻

報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 4・FAA登録の巻

 報道カメラマン・納冨康(38)。現在は産経新聞写真報道局に勤務し、報道カメラマン歴15年目のベテランだが、ドローンでの空撮は初心者。どちらかというとドローンは敬遠してきたが、上司から「アメリカでドローンを飛ばして雄大な写真を撮ってこい」の無茶ぶりミッションを与えられ、今回ドローンパイロットを目指すことになった。



米FAA、有視界外飛行を許可 農業ドローンのPrecisionHawkに

米FAA、有視界外飛行を許可 農業ドローンのPrecisionHawkに

 米連邦航空局(FAA)は、農業用ドローンの米PrecisionHawkに、操縦士から見えない場所でドローンのフライトの許可を出した。


Alphabet傘下の「Project Wing」米本土でのドローンテスト飛行開始へ

Alphabet傘下の「Project Wing」米本土でのドローンテスト飛行開始へ

米連邦政府がドローンに関する新たな方針を発表した。その一環として、米Googleが2014年に立ち上げた「Project Wing」のドローンの米国内でのテスト飛行がスタートする。