CLUEに関する記事


CLUE、ドローンのソフト開発CLUEが3.3億円の資金調達を実施

CLUE、ドローンのソフト開発CLUEが3.3億円の資金調達を実施

株式会社CLUEはこの度、リアルテックファンド、DroneFund、アイ・マーキュリーキャピタル株式会社、Spiral Ventures、電通ベンチャーズ、株式会社ドリームインキュベータ、株式会社アドウェイズ、家入一真氏、及び既存株主らを引受先とする3.3億円の第三者割当増資を実施したと発表した。


ソフトバンク C&SがCLUEとドローンによる「建築物点検サービス」提供開始

ソフトバンク C&SがCLUEとドローンによる「建築物点検サービス」提供開始

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(東京都港区)は、 ドローンベンチャーの株式会社CLUE(東京都台東区)と協業し、 9月8日よりドローンを使った「建築物点検サービス」の提供を開始した。


ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

株式会社CLUEは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が公募した事業「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」において、研究開発テーマ「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」として採択された。


CLUEがガーナでドローンを活用して金の違法採掘撲滅へ

CLUEがガーナでドローンを活用して金の違法採掘撲滅へ

ドローンのソフトウェア開発企業の株式会社CLUEは、同社がドローンを活用して西アフリカのガーナの金の違法採掘の撲滅をガーナ政府と連携して進めると15日発表した。


CLUEが日本企業初、ガーナ政府とドローンによる道路点検実施で協定締結

CLUEが日本企業初、ガーナ政府とドローンによる道路点検実施で協定締結

ドローンのソフトウェア開発企業の株式会社CLUE(以下CLUE)は、2017年5月、西アフリカのガーナ政府機関Ghana Highways Authority(以下GHA)と協力協定(MOU)を締結したことをお知らせいたします。


CLUEが西アフリカのガーナで日本企業初の政府公認飛行許可証を取得

CLUEが西アフリカのガーナで日本企業初の政府公認飛行許可証を取得

ドローン関連クラウドサービスやハードウェアの開発を行っている株式会社CLUE(本社:東京都台東区 代表取締役CEO: 阿部 亮介)が西アフリカのガーナでの政府公認飛行許可証を5月1日に取得したと発表した。同社は今後ガーナに進出し、日本のドローン技術を活用してガーナの社会課題を解決に尽力する。


株式会社CLUEがカスタマイズ教習トレーニングサービスを提供

株式会社CLUEがカスタマイズ教習トレーニングサービスを提供

ドローンを活用した土木測量や点検サービスを手がける株式会社CLUEは、国内のドローン産業の育成を目的に、カスタマイズ教習トレーニングサービスの提供を開始した。基礎講習や産業別の高度な内容の教習トレーニングをカスタマイズできるほか、 少人数制やマンツーマンレッスン、 機材購入支援、 フォローアップトレーニングを提供する。


株式会社CLUEが会員制クローズドコミュニティー「ドローンビジネスサロン」を開設

株式会社CLUEが会員制クローズドコミュニティー「ドローンビジネスサロン」を開設

株式会社CLUEが会員制クローズドコミュニティー「ドローンビジネスサロン」を開設し、海外の良質なドローンビジネス情報や最新の活用事例、市場動向、最新技術の情報を提供。


中国のドローン教習企業「Teng Yun Air(腾云航空)」が株式会社CLUEと共同でドローン教習トレーニングを日本で初開催!

中国のドローン教習企業「Teng Yun Air(腾云航空)」が株式会社CLUEと共同でドローン教習トレーニングを日本で初開催!

中国広東省の深センに本社を置き、 プロフェッショナル向けのドローン教習トレーニングを提供する「Teng Yun Air(腾云航空)」が株式会社CLUEと共同で、 11月7日から4日間のドローン教習プログラムを日本で初めて提供すると発表した。


株式会社CLUEが飛行禁止区域および方法においての日本全国飛行包括承諾を取得 、ドローンを活用した測量や点検事業を展開

株式会社CLUEが飛行禁止区域および方法においての日本全国飛行包括承諾を取得 、ドローンを活用した測量や点検事業を展開

ドローン用データ管理クラウドサービス「DroneCloud」などを運営する株式会社CLUEは、その実績が認められ、2015年12月10日に施行された改正航空法による飛行禁止区域および方法においての日本全国飛行包括承諾を国土交通大臣より取得し、航空局への申請が必要な条件下でも申請なしに迅速にサービスの提供が可能となった。