農業リモートセンシングに関する記事


米国でDJI Phantom 4用の農業リモートセンシング向けジンバルが登場

米国でDJI Phantom 4用の農業リモートセンシング向けジンバルが登場

2018年2月22日。米国ミネアポリスのSentera社は、DJI Pahntom 4シリーズに取り付けられる小型のジンバルSentera Micro Gimbalを発表した。同ジンバルを取り付けたドローンは、精密農業のリモートセンシングが可能になる。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


ドローン米プロジェクト「リモートセンシング勉強会」技術×農業の今を知る

ドローン米プロジェクト「リモートセンシング勉強会」技術×農業の今を知る

ドローン米の初回購入の特典として、「農業リモートセンシング勉強会」が9月26日、大手町の産経新聞社で開催された。最先端で技術と農家をつなげているドローンジャパン社代表取締役会長の春原久徳氏が、農業リモートセンシングの最新情報や成果などを紹介した。


ドローン活用による農業リモートセンシングの最前線

ドローン活用による農業リモートセンシングの最前線

アグリテック・サミット(主催:日本経済新聞社)で、ドローン・ジャパンの勝俣喜一郎代表取締役が、ドローンを活用した農業のリモートセンシングの最前線について講演した。