市場に関する記事


'インプレス総合研究所、2017年度の国内のドローンビジネス市場規模は前年比42%増の503億円

'インプレス総合研究所、2017年度の国内のドローンビジネス市場規模は前年比42%増の503億円

インプレス総合研究所は、国内のドローンビジネス市場の動向の調査結果を発表した。


2017年「(国内)ドローン×ユースケース(事例)」に関する網羅的な調査(公開事例:226枚付き)

2017年「(国内)ドローン×ユースケース(事例)」に関する網羅的な調査(公開事例:226枚付き)

株式会社ESP総研(東京都港区)は、市場調査レポート“2017年「(国内)ドローン×ユースケース(事例)」に関する網羅的な調査(公開事例:226枚付き) ”を発刊しました。


急伸する米ドローン市場、今年の出荷台数300万台予想

急伸する米ドローン市場、今年の出荷台数300万台予想

米国の1年間における民間用ドローンの世界出荷台数は今年同39.0%増の約300万台になるという。一方配送用ドローンは3年後も1%未満との苦戦予想。


ドローン市場、21年度に4倍に拡大 MM総研予測

ドローン市場、21年度に4倍に拡大 MM総研予測

 MM総研が1月30日発表した国内ドローン市場調査によると、2016年度の同市場は404億円に上る見込みだ。社会インフラの点検作業などで利用が始まっており、21年度には1676億円に拡大すると予測している。


産業用ドローン市場 2024年に2270億円規模に

産業用ドローン市場 2024年に2270億円規模に

 測量や社会インフラの点検、気象観測、災害・危険区域の調査、ホームセキュリティなどで活用が進みつつあるドローン。ドローンの飛行ルートを定めた改正航空法の施行や、千葉市が航空法の規制を緩和する国家戦略特区として指定されたことなどを受け、物流に関しても医薬品配送や一般向け宅配サービスの実証実験などを行う動きも出始めている。