産業用ドローンに関する記事


産業用ヘキサコプターのYuneec H520が発表される

産業用ヘキサコプターのYuneec H520が発表される

ベルリンで開催されている「IFA 2017」に合わせて、Yuneec社(本社:中国、代表:Tian Yu(ティアン・ユー)は、カメラを交換して空撮や測量などに活用できる産業用ヘキサコプターを発表した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(5)  ドローンをビジネスにしている人たち

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(5)  ドローンをビジネスにしている人たち

ドローンを飛ばしている人は、大きく二つに分かれる。一つはホビーで楽しむ人。もう一つはビジネスにしている人。趣味ではなく仕事でドローンを飛ばす人たちは、どんな仕事でどのくらいの収入があるのか、気になるところだ。


商用ドローン はじめの一歩 第三回 「産業用途のドローンの違いを知る」

商用ドローン はじめの一歩 第三回 「産業用途のドローンの違いを知る」

空撮という用途によって、ドローンはホビーだけではなく、映像産業を中心にビジネスでの利用が広がった。さらに、カメラを搭載して撮影できるということは、高い所を調査する用途に最適で、関連した商用ドローンも誕生している。(田中亘)


産業用ドローンが持つ3つの役割と課題〜ドローンジャパン株式会社の春原久徳氏に聞く

産業用ドローンが持つ3つの役割と課題〜ドローンジャパン株式会社の春原久徳氏に聞く

ドローンを活用した先進農業に挑むドローンジャパン株式会社は、三井物産デジタルやマイクロソフトでPCの黎明期からビジネスに携わってきた春原久徳氏が取締役会長を勤めるベンチャー企業。ドローンに関するコンサルティングと農業と教育を事業の柱にしている。(DRONE TIMES 田中亘)


産業用ドローン市場 2024年に2270億円規模に

産業用ドローン市場 2024年に2270億円規模に

 測量や社会インフラの点検、気象観測、災害・危険区域の調査、ホームセキュリティなどで活用が進みつつあるドローン。ドローンの飛行ルートを定めた改正航空法の施行や、千葉市が航空法の規制を緩和する国家戦略特区として指定されたことなどを受け、物流に関しても医薬品配送や一般向け宅配サービスの実証実験などを行う動きも出始めている。