AIに関する記事


NVIDIAに学ぶ「ドローン × AI」の入門から実用まで(3)

NVIDIAに学ぶ「ドローン × AI」の入門から実用まで(3)

今回は、NVIDIA社のJetson TX2というドローンに搭載するAI対応ボードについて解説する。高性能な Edge(エッジ)側AIを実現する仕組みと実例について紹介していく。


NVIDIAに学ぶ「ドローン × AI」の入門から実用まで(2)

NVIDIAに学ぶ「ドローン × AI」の入門から実用まで(2)

「ドローン × AI」を理解する上で、欠かすことのできないキーワードが「ディープラーニング」。今回はNVIDIA社のGPUが実現したディープラーニングについて学んでいく。


NVIDIAに学ぶ「ドローン × AI」の入門から実用まで(1)

NVIDIAに学ぶ「ドローン × AI」の入門から実用まで(1)

「ドローン × AI」それは今後のドローン市場を左右する重要なテクノロジー。そこでAI業界をリードするNVIDIA(エヌビディア)社の取り組みを通して、ドローンとAIの「これまで」と「これから」を学んでいこう。


鳥のように着陸する飛行機型ドローン、可変翼と機械学習AIで意図的な失速を制御(動画あり)

鳥のように着陸する飛行機型ドローン、可変翼と機械学習AIで意図的な失速を制御(動画あり)

英BMT Defence Servicesとブリストル大学が、可変翼と機械学習AIで意図的な失速を制御するドローンを開発。


飛ばすだけではない 業務システムとの連携を踏まえた日立システムズの「ドローン運用統合管理サービス」(2)

飛ばすだけではない 業務システムとの連携を踏まえた日立システムズの「ドローン運用統合管理サービス」(2)

ITサービス企業の日立システムズが提供する「ドローン運用統合管理サービス」は、撮影代行から画像の解析や加工、データ保管・管理、業務システムとのデータ連携までを一貫して支援する。サービス開始からわずか半年で、100件を超える問い合わせがある。それは、単純に飛ばすだけではない、ITサービス企業ならではのサービスにあった。


NVIDIA、ドローンでAI を実現できる Jetson TX2 を発表

NVIDIA、ドローンでAI を実現できる Jetson TX2 を発表

2017 年 3 月 7 日。NVIDIA(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、CEO: ジェン・スン・フアン) は、エッジ側における AI コンピューティングを実現し、インテリジェントな工場用ロボットや商用ドローン、および AI シティ向けスマート カメラなどに対応にするクレジットカードサイズのプラットフォーム、


PwCコンサルティングとグリッド社、AIによる、ドローンのデータ解析サービスを開始

PwCコンサルティングとグリッド社、AIによる、ドローンのデータ解析サービスを開始

3月2日。PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋、以下、PwCコンサルティング)と株式会社グリッド(東京都港区、代表取締役:中村 秀樹、以下、グリッド)は、AI(人工知能)を活用し、ドローンの収集データを解析するサービスにおいて協業を開始した。


【ドローン × AI】ドローン用アプリ開発フレームワークのFlytOS配布開始

【ドローン × AI】ドローン用アプリ開発フレームワークのFlytOS配布開始

ドローンの高度なアプリケーション開発用フレームワークのFlytOSが、FLYTBASE社から配布が開始された。数多くのデバイスに対応し、ドローンの頭脳となるFlytOSの概要について解説する。(田中亘)