AIに関する記事


NVIDIAに学ぶ「ドローン × AI」の入門から実用まで(4)

NVIDIAに学ぶ「ドローン × AI」の入門から実用まで(4)

先ごろ、台湾で開催されたCOMPUTEX TAIPEI 2017の基調講演で、NVIDIA社のCEOのJensen Huang氏は、GPSが利用できない森林の中をAIで自律飛行するドローンの動画を紹介した。そのときに利用された動画がYoutubeで公開され、試作ドローンの開発過程も紹介された。


鯨の生態を調査する最先端のドローンSnotBot(スノーボット)

鯨の生態を調査する最先端のドローンSnotBot(スノーボット)

キックスターターで資金調達に成功したOCEAN ALLIANCE(オーシャン・アライアンス、本社:米国マサチューセッツ州、CEO:Iain Kerr)は、鯨の生態を調査するための特注ドローンSnotBot(スノーボット)を開発した。


 1万5000の衝突データをAIが学習 次世代ドローンは失敗から学ぶ「衝突回避機能」

1万5000の衝突データをAIが学習 次世代ドローンは失敗から学ぶ「衝突回避機能」

 世界各国の企業や研究機関で関連研究が進むなか、米カーネギーメロン大学(以下、CMU)のロボット研究者たちは、ユニークな方法でドローンに衝回避能力を付与しようとしている。


AI開発に取り組むエンルートラボ  kai ・AIシステム部門長に聞く

AI開発に取り組むエンルートラボ  kai ・AIシステム部門長に聞く

ドローンやロボティクスを活用した社会課題の解決に取り組む株式会社エンルートラボ(本社:埼玉県、代表取締役:伊豆智幸)には、AIを専門に研究しソリューション開発に取り組む研究員がいる。同社の執行役員でAIシステム部門長のKai Yan氏に、これまでのキャリアと現在の研究内容について聞いた。


世の中の役に立つモノを創ればビジネスになる〜エンルートラボ:伊豆智幸氏〜

世の中の役に立つモノを創ればビジネスになる〜エンルートラボ:伊豆智幸氏〜

株式会社エンルート社を創業した伊豆智幸氏は、同社の技術顧問に就任すると同時に、新たに株式会社エンルートラボを起業した。人工知能を用いた自動運転システムやロボット技術で、新たなビジネスを切り拓く同社のビジョンを伊豆氏に聞いた。


NVIDIAに学ぶ「ドローン × AI」の入門から実用まで(3)

NVIDIAに学ぶ「ドローン × AI」の入門から実用まで(3)

今回は、NVIDIA社のJetson TX2というドローンに搭載するAI対応ボードについて解説する。高性能な Edge(エッジ)側AIを実現する仕組みと実例について紹介していく。


NVIDIAに学ぶ「ドローン × AI」の入門から実用まで(2)

NVIDIAに学ぶ「ドローン × AI」の入門から実用まで(2)

「ドローン × AI」を理解する上で、欠かすことのできないキーワードが「ディープラーニング」。今回はNVIDIA社のGPUが実現したディープラーニングについて学んでいく。


NVIDIAに学ぶ「ドローン × AI」の入門から実用まで(1)

NVIDIAに学ぶ「ドローン × AI」の入門から実用まで(1)

「ドローン × AI」それは今後のドローン市場を左右する重要なテクノロジー。そこでAI業界をリードするNVIDIA(エヌビディア)社の取り組みを通して、ドローンとAIの「これまで」と「これから」を学んでいこう。


鳥のように着陸する飛行機型ドローン、可変翼と機械学習AIで意図的な失速を制御(動画あり)

鳥のように着陸する飛行機型ドローン、可変翼と機械学習AIで意図的な失速を制御(動画あり)

英BMT Defence Servicesとブリストル大学が、可変翼と機械学習AIで意図的な失速を制御するドローンを開発。


飛ばすだけではない 業務システムとの連携を踏まえた日立システムズの「ドローン運用統合管理サービス」(2)

飛ばすだけではない 業務システムとの連携を踏まえた日立システムズの「ドローン運用統合管理サービス」(2)

ITサービス企業の日立システムズが提供する「ドローン運用統合管理サービス」は、撮影代行から画像の解析や加工、データ保管・管理、業務システムとのデータ連携までを一貫して支援する。サービス開始からわずか半年で、100件を超える問い合わせがある。それは、単純に飛ばすだけではない、ITサービス企業ならではのサービスにあった。


NVIDIA、ドローンでAI を実現できる Jetson TX2 を発表

NVIDIA、ドローンでAI を実現できる Jetson TX2 を発表

2017 年 3 月 7 日。NVIDIA(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、CEO: ジェン・スン・フアン) は、エッジ側における AI コンピューティングを実現し、インテリジェントな工場用ロボットや商用ドローン、および AI シティ向けスマート カメラなどに対応にするクレジットカードサイズのプラットフォーム、


PwCコンサルティングとグリッド社、AIによる、ドローンのデータ解析サービスを開始

PwCコンサルティングとグリッド社、AIによる、ドローンのデータ解析サービスを開始

3月2日。PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋、以下、PwCコンサルティング)と株式会社グリッド(東京都港区、代表取締役:中村 秀樹、以下、グリッド)は、AI(人工知能)を活用し、ドローンの収集データを解析するサービスにおいて協業を開始した。


【ドローン × AI】ドローン用アプリ開発フレームワークのFlytOS配布開始

【ドローン × AI】ドローン用アプリ開発フレームワークのFlytOS配布開始

ドローンの高度なアプリケーション開発用フレームワークのFlytOSが、FLYTBASE社から配布が開始された。数多くのデバイスに対応し、ドローンの頭脳となるFlytOSの概要について解説する。(田中亘)