災害に関する記事


リアルグローブとEDAC、 Hec-Eye(TM)(ヘックアイ)でUTM連携し、 ドローンを活用した災害対応実証に成功

リアルグローブとEDAC、 Hec-Eye(TM)(ヘックアイ)でUTM連携し、 ドローンを活用した災害対応実証に成功

株式会社リアルグローブと一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会は、業務コミュニケーションツールであるHec-Eye(TM)(ヘックアイ)をUTMと連携して、要救助者を捜索する実証に成功したと発表した。


ドローン駆使し実践訓練  麻生警察署で初の試み

ドローン駆使し実践訓練 麻生警察署で初の試み

 神奈川県警麻生警察署(川崎市、田中正博署長)は、ドローンを使った大震災を想定した総合訓練を9月1日に行った。神奈川県全域・東京多摩地域の情報紙・タウンニュースが伝えた。


火災現場で活躍する真紅の消防ドローン =ニューヨーク市消防局=

火災現場で活躍する真紅の消防ドローン =ニューヨーク市消防局=

救助活動や災害現場で活躍するといわれているドローンだが、ニューヨーク市消防局ことFDNY(Fire Department of the City of New York)では、公式認定されたドローンと専用の運用システムの現場活用をすでに始めている。


NEDO、土砂災害時にドローンによる埋没車両の探査を目指す

NEDO、土砂災害時にドローンによる埋没車両の探査を目指す

―つり下げ型の電磁探査システムで車両位置の特定実験に成功―


米国内の消防活動用ドローンの具体的現場活用事例

米国内の消防活動用ドローンの具体的現場活用事例

消防活動用ドローンは2009年くらいから本格的に世界の消防署で活用しており、災害対応機能(防水、耐熱、防曇耐火、つり上げ荷重)などの向上も、ほぼ毎月のスピードでさまざまな改善が試みられている。


ドローンを活用して災害時の被災情報マップ作成するオープンストリートマップ

ドローンを活用して災害時の被災情報マップ作成するオープンストリートマップ

「オープンストリートマップ」に取り組んでいる古橋大地青山学院大学教授による、インタビュー記事をご紹介。


DJIがモルディブ共和国に協力…ドローンで国家水没危機を防ぐ

DJIがモルディブ共和国に協力…ドローンで国家水没危機を防ぐ

 モルディブ共和国が災害対応にドローンを活用する。モルディブは現在、地球温暖化に伴う海面上昇で、50年以降に水没・消滅することが憂慮されている国だ。


エアロセンス、ドローンによる災害時医薬品配送の飛行試験を福岡市で開始

エアロセンス、ドローンによる災害時医薬品配送の飛行試験を福岡市で開始

エアロセンス株式会社、MSD株式会社、およびアルフレッサ株式会社は、10月24日に、国家戦略特区である福岡市において、ドローンによる災害時医薬品配送の飛行試験を実施したと発表した。


ドローンが日本経済を浮揚させる日--第4次産業革命へのマイルストーン

ドローンが日本経済を浮揚させる日--第4次産業革命へのマイルストーン

政府、自治体におけるドローン活用への期待が高まっており、規制緩和や評価基準の策定とともに、新しい産業の創出や、観光、物資などの運搬、調査・点検、災害などでの活用に向けた取り組みが始まっている。


ドローンで倒壊危険性を判定、赤外線カメラで屋根の温度を分析

ドローンで倒壊危険性を判定、赤外線カメラで屋根の温度を分析

 災害調査にロボットなどを活用する動きが進む中、赤外線カメラを搭載した特殊な小型無人飛行機「ドローン」で建物を空撮し、屋根の温度状況から倒壊危険性などを判定する技術の開発が進められている。


「ドローン操縦者」自治体が育成へ…独自のライセンス制度設け災害時の調査に活用 滋賀

「ドローン操縦者」自治体が育成へ…独自のライセンス制度設け災害時の調査に活用 滋賀

 災害時の初期調査に役立てようと、滋賀県は今年度からドローンの運用ルールを整備し、操縦者の育成に乗り出した。県によると、ドローンのこうした本格的な組織運用は全国的にも珍しいという。


ドローンによる災害調査と防災活用  産学官エキスパートが集結するフォーラムを東京で開催  出展スポンサー募集開始

ドローンによる災害調査と防災活用  産学官エキスパートが集結するフォーラムを東京で開催  出展スポンサー募集開始

合同会社スパーポイントリサーチは、災害対策におけるUAV(ドローン)の活躍を高めるためのイベント『第2回 UAV活用フォーラム ― 災害調査・救援、防災・減災への活用 ―』を、2016年11月21日(月)・22(火)、東京・大田区産業プラザにて開催する。


「ドローン」を導入 大分県、災害時活用へ

「ドローン」を導入 大分県、災害時活用へ

 大分県土木建築部は、災害時などに活用するため小型無人機「ドローン」を導入した。


ドローン空撮事業のダイヤサービスが、地元町会と防災協力協定

ドローン空撮事業のダイヤサービスが、地元町会と防災協力協定

 ドローンによる空撮事業を手掛ける株式会社ダイヤサービス(千葉市)は、本社を構える千葉市花見川区畑町の町会組織「畑町防災会」と「ドローン活用に関する災害発生時の防災協力協定」を締結すると発表した。


横須賀市、被災状況確認にドローン 技術持つクリエイター集団と協定

横須賀市、被災状況確認にドローン 技術持つクリエイター集団と協定

 横須賀市が、大規模災害発生時の被災状況確認にドローンを活用するため、技術を持つクリエイター集団と防災協定を結んだ。


山間地でドローン活用 物資供給、図書館から本配送…

山間地でドローン活用 物資供給、図書館から本配送…

小型無人機「ドローン」と人工知能(AI)を使って山間地の「生活改革」を目指す実証実験が東京都奥多摩町で始まった。上空を飛行して日用品の宅配や防災などに活用するもので、先端技術を高齢化や過疎地の対策に生かす取り組みとして注目されそうだ。


ドローン1機購入 伊賀市 県内自治体で初

ドローン1機購入 伊賀市 県内自治体で初

 災害や事故発生時の正確な状況把握などに利用するため、伊賀市が小型無人飛行機「ドローン」を購入した。岡本栄市長が8月1日、定例記者会見で発表した。