地方創生に関する記事


熱気に満ちた第5回ドローントークPIT「ドローン×ジモトノチカラ」 田村市、那賀町、skyerの取り組みは

熱気に満ちた第5回ドローントークPIT「ドローン×ジモトノチカラ」 田村市、那賀町、skyerの取り組みは

 ドローンタイムズは7月14日、「ドローン×ジモトノチカラ」をテーマに「第5回ドローントークPIT」を開催しました。異なる立場の論客3人が思いの込もった発表を披露すると、ファシリテーター・ササモモさんの問いかけをきっかけに、満席の客席から積極的な発言が相次ぎ、会場は異常なほどの熱気と笑顔で満たされました。


【東京で地方創生を考える】ドローンの利活用方法をみんなで考える第3回「ドロンソン」が東京都内で初開催

【東京で地方創生を考える】ドローンの利活用方法をみんなで考える第3回「ドロンソン」が東京都内で初開催

「東京で地方創生を考える」第3回ドロンソンが2月25日(土)東京都内で初開催。 ドローン体験会や参加者同士がチームになり、ドローンの利活用方法を考えるドロンソンを実施する。 これまでの最大規模の40名でドローンと地方の未来を考える。


「第2回ドローンタイムズセミナー」地方創生テーマに開催

「第2回ドローンタイムズセミナー」地方創生テーマに開催

ドローンが関わるテーマを掘り下げる「第2回ドローンタイムズセミナー~ドローンが切り拓く日本の地方創生」(主催・産経新聞社、日本工業新聞社、協力・一般社団法人日本UAS産業振興協議会、デジタルハリウッド)が12月9日に東京都内で開催され、産業、政治、行政、学問の各界からキーパーソンや論客が登壇し、最新事情を報告した。


360度のドローン動画で地方創生に貢献する「いやしのまど」(2)

360度のドローン動画で地方創生に貢献する「いやしのまど」(2)

鳥取県の西部にある大山を中心に、地方創生の一環としてドローンによる360度の全天球動画を製作した有限会社ジャプロ(本社:鳥取県、代表者名:幸形信之、以下ジャプロ)。今回は、その撮影秘話について、代表の幸形氏に聞いた。(田中亘)


360度のドローン動画で地方創生に貢献する「いやしのまど」(1)

360度のドローン動画で地方創生に貢献する「いやしのまど」(1)

2016年10月19日、Webサイトやアプリの企画制作を⾏う有限会社ジャプロ(本社:鳥取県、代表者名:幸形信之、以下ジャプロ)は、AR・VR 360度バーチャル田舎テラピー「いやしのまど」の最新版をリリースした。その映像の中で、ドローンを活用した360度のVR動画を提供している。(田中亘)