徳島・那賀町が町営ドローン練習場を整備 完成予定は2017年度中、周辺は桜の名所

徳島・那賀町が町営ドローン練習場を整備 完成予定は2017年度中、周辺は桜の名所

 「日本一ドローンが飛ぶ町に」を掲げ、ドローンによる地域活性化を目指している徳島県那賀町は、町営のドローン練習場を整備することになった。2月15日に開かれた町議会2月定例会議で、関連予算2090万円が2016年度補正予算に計上することが議決された。これを受けて町は2017年度中の完成を目指す。


ドローンによる地方創生、練習場整備でさらにはずみを

ドローンの練習場が整備される予定地の周辺は、自然に囲まれている。赤で囲まれたところが、今期の整備予定地(撮影:一般社団法人UAS多用推進技術会)

那賀町は「日本一ドローンが飛ぶ町に!」を掲げるなど、ドローンの利活用による地域創生に取り組んでいる

 練習場は同町小仁宇(こにう)に広がる自然豊かな山林の一角に整備される。約1000平方メートルの木を伐採して造成し、電源などドローンの練習やフライトに必要な設備、施設を整え、練習場にする。9月に着工し、2018年3月末までの完成を目指す。利用料などの運用規則は今後、検討していく。
 練習場一帯は、地元では桜の名所として知られる。開花期には、ドローンで100メートルほど浮上させれば、空から桜が一帯を覆う景色の空撮を楽しめることが期待される。開花期は例年3月であるため、桜が練習場のオープンを祝福する可能性がある。
那賀町は徳島県が独自に制定した県版地方創生特区の第一号に指定され、「徳島ドローン特区」を掲げて、ドローンの利活用による活性化に取り組んでいる。
 これまでに町民向けの操縦講習会を実施したり、全国のドローンレースの地区大会を開催したり、地元の県立高校でドローンを活用する授業を取り入れたりと、ドローンの推進を活発化させていて、短期間で「町民のほとんどがドローンを知っている」状況までなった。
 練習場の整備をきっかけに、ドローンによる地域創生に、さらにはずみをつけたい考えだ。

この記事のライター

関連するキーワード


徳島 那賀町 町営練習場

関連する投稿


“ドローン特区”那賀町ふるさと会に潜入、「デジタルアース版の那賀町ドローンマップ」を体感

“ドローン特区”那賀町ふるさと会に潜入、「デジタルアース版の那賀町ドローンマップ」を体感

那賀町関東ふるさと会の総会・交流会が、6月10日、東京都渋谷区代官山町で行われ、那賀町の農村舞台の紹介や情報発信、遊休農地の活用実績など那賀町の様々な魅力が紹介された。ドローンによる町おこしではデジタルアース版の那賀町ドローンマップが紹介された。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。


徳島県版“ドローン特区”「那賀町」

徳島県版“ドローン特区”「那賀町」

徳島県版ドローン特区となった那賀町の奥深い自然を紹介。


熱気に満ちた第5回ドローントークPIT「ドローン×ジモトノチカラ」 田村市、那賀町、skyerの取り組みは

熱気に満ちた第5回ドローントークPIT「ドローン×ジモトノチカラ」 田村市、那賀町、skyerの取り組みは

 ドローンタイムズは7月14日、「ドローン×ジモトノチカラ」をテーマに「第5回ドローントークPIT」を開催しました。異なる立場の論客3人が思いの込もった発表を披露すると、ファシリテーター・ササモモさんの問いかけをきっかけに、満席の客席から積極的な発言が相次ぎ、会場は異常なほどの熱気と笑顔で満たされました。


【第3回国際ドローン展2017】那賀町オリジナルドローンが首都圏で初公開 可視、赤外線の2台のカメラ搭載!

【第3回国際ドローン展2017】那賀町オリジナルドローンが首都圏で初公開 可視、赤外線の2台のカメラ搭載!

 ドローンでの町おこしに取り組んでいる徳島県那賀町は、昨年11月に製作した「那賀町オリジナルドローン nk1612―96H」を幕張メッセ(千葉市)で開催されている「国際ドローン展」で公開した。首都圏で同機が披露されたのは今回が初めて。


最新の投稿


陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)と「大規模災害発生時における災害応援に関する協定」を2月15日、締結した。陸自のみならず自衛隊がドローン関連団体と災害時協定を締結するのは初めて。


エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

2019年2月11日。航空機大手のエアバスは、自社のサイトで都市の航空移動(UAM)に関する民間への調査結果を公開した。最新の調査によれば、UAMへの期待は高まっているという。


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。