LoRaDroneが米国のIoT EVOLUTION EXPOでBest of Show受賞

LoRaDroneが米国のIoT EVOLUTION EXPOでBest of Show受賞

ITベンダーの株式会社システナ(本社:東京、代表取締役社長:三浦賢治)の米国子会社のSystena America Incは、米国のフロリダ州で開催されたIoT EVOLUTION EXPO 2017に、LoRaWAN搭載ドローンのLoRaDroneを出展した。


CES 2017に続いて米国のIoT市場にアピールする日本製のLoRaDrone

IoT EVOLUTION EXPO 2017会場で展示されるLoRaDrone

 IoT EVOLUTION EXPOは、IoT技術とワイヤレス・ネットワークなどを活用したビジネスソリューションを紹介する展示会。2009年から米国で定期的に開催されてきた展示会で、IoT関連のイベントでは大規模なものとなる。
 システナ社は、今年1月に米国ラスベガスで開催されたCES 2017に続いて、このIoT EVOLUTION EXPO 2017にも、LoRaWANを搭載したLoRaDroneを中心に、IoTに関連するデモンストレーションなどを展示した。
 同社の田中光昭氏は「展示会には世界中から多くの方がお越し頂きました。中には、南アフリカから何十時間もかけて、この展示会に来たという方もいらっしゃいました」と話す。
 また同社の展示は、期間中に主催者から「Best of Show」を受賞した。「会場では多くの来場者から弊社ソリューションへの高い興味を示して頂きました。また、展示会のその場で、LoRaWAN搭載ドローンを使ったIoTシステムの見積もりが欲しいというお客様もいらっしゃいました」と田中氏は盛況ぶりを伝えてきた。

ブースの前は人で埋まった。

この記事のライター

関連する投稿


米CES 2017で注目を集めた日本のLoRaDrone

米CES 2017で注目を集めた日本のLoRaDrone

ITベンダーの株式会社システナ(本社:東京、代表取締役社長:三浦賢治)の米国子会社のSystena America Incは、米国ラスベガスで開催された家電ショーのCES2017に、世界初となるLoRaDroneを出展した。(田中亘)


最新の投稿


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。