【ドローン女子】ササモモがジャパン・ドローン・チャンピオンシップ in ハウステンボスで入賞顛末記

【ドローン女子】ササモモがジャパン・ドローン・チャンピオンシップ in ハウステンボスで入賞顛末記

ドローン女子のササモモがドローンの空撮コンテストに参加し、日本テレビの朝の番組「スッキリ!!」の取材を受けました。


 ドローン女子のササモモがドローンの空撮コンテストに参加し、日本テレビの朝の番組「スッキリ!!」の取材を受けました。

 2017年2月にドローンを使用したレースとLED空撮コンテスト<ジャパン・ドローン・チャンピオンシップ in ハウステンボス>が開催。東京ドーム33個分の広さを誇るハウステンボスは、1,300万球のLEDを使用し、「全国イルミネーションランキング 総合エンターテイメント部門」4年連続1位に輝いた光の王国です。

 LED空撮コンテストの参加者は15名おり、最優秀作品賞、空撮技術賞、グッドイルミネーション賞、エンターテイメント賞、イノベーション賞を競い合います。コンテスト参加者の中で女性は二人。そのうちの一人がササモモです。

コンテストのスケジュールは以下の通り。ほぼ不眠不休での作業になります。
1日目 22:00 撮影
2日目 4:00 撮影終了、編集作業開始
24:00 編集終了 作品提出

 ドローンの飛行は通常、日の出から日没までの明るい時間帯と国土交通省に定められています。今回は安全面を配慮し夜間の飛行と撮影はLEDを頼りしなければならず、参加者も目視が難しい様子でした。

 撮影場所はパレスハウステンボス、アートガーデン、フラワーロードで各15分。ササモモは女性目線の編集を行い、新たなハウステンボスを表現した人に贈られるイノベーション賞を受賞しました。

https://www.youtube.com/watch?v=lWCr8SRm2kA

結果は以下の通り。



最優秀作品賞
引野 潤 『夜遊び』

空撮技術賞
スーパーアイドル『良い感じにしました』

グッドイルミネーション賞
増田 孝『ナイトバード』

エンターテイメント賞
矢尾板 亨『真夜中のハウステンボス』

イノベーション賞
佐々木 桃子(ササモモ)『ドローン女子イルミネーション』

この記事のライター

ドローン女子ライターチームです!日々の楽しいドローンライフを皆様にお届け!

関連する投稿


ひかりTVが「九州一花火大会」を4Kカメラ搭載ドローンで世界初の4K-IP放送の生中継を実施

ひかりTVが「九州一花火大会」を4Kカメラ搭載ドローンで世界初の4K-IP放送の生中継を実施

株式会社NTTぷららおよび株式会社アイキャストが運営する映像配信サービス「ひかりTV」は、ハウステンボス株式会社が開催する「九州ー花火大会」の模様を、世界で初めて4K カメラ搭載ドローンを利用して4K-IP 放送による生中継を9月23日に実施。


次はもっと「うわーっ」と言わせるドローンショーを創り出す

次はもっと「うわーっ」と言わせるドローンショーを創り出す

7月22日から8月5日まで、長崎のハウステンボスで開催された日本初のインテルの「ドローン・ライトショー」。その企画から日本でのフライト実現に力を注いできた仕掛け人が、株式会社hapi-robo st(ハピロボ)代表取締役社長の富田直美氏。ライトショーの総括と今後に向けた計画を聞いた。


300機のドローンを群制御するIntel Shooting Starの最新テクノロジー

300機のドローンを群制御するIntel Shooting Starの最新テクノロジー

ハウステンボスの夜空を彩った300機のIntel Shooting Starは、現時点で世界最高のドローン制御テクノロジーを実現している。その開発の背景について、ライトショーのために来日したゼネラルマネージャーのNatalie Cheung(ナタリー・チョウ)氏に聞いた。


【日本初公開】期待と想像を超えたインテルのドローン・ライトショー ハウステンボス

【日本初公開】期待と想像を超えたインテルのドローン・ライトショー ハウステンボス

Intel Shooting Starドローン300機による、日本初となるライトショーが7月22日夜、長崎ハウステンボスで開催された。第三世代となる最新の機体が、夜空に華麗な光のアートを描いた。


日本の空に300機のIntel製ドローンを飛ばす仕掛け人~富田直美氏~

日本の空に300機のIntel製ドローンを飛ばす仕掛け人~富田直美氏~

長崎のハウステンボスで、日本初となるIntel製ドローンのShooting Star 300機によるライトショーが7月22日から15日間、開催される。現時点で世界一のドローン エンターテイメントを日本で実現した仕掛け人が、株式会社hapi-robo st(ハピロボ)代表取締役社長の富田直美氏。実現までの経緯を訊いた。


最新の投稿


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。