【慶大×田村市:ドローン日記】「撮影の前に、企画書を作る」

【慶大×田村市:ドローン日記】「撮影の前に、企画書を作る」

 こんにちは、石井新一です。先日は通学している福島県立船引高校のドローン特別講座に参加して、初めてドローンに触れたときの様子を書きました。今回は、1月20日に行われた3回目の講座について書きたいと思います。


 昨年12月21日からドローンの基礎的なトレーニングを続けてきたわけですが、3回目では、その基礎的な力を応用するため、3つのチームに分かれることとなりました。それぞれ①ドローンレースチーム、②空撮チーム、③地域課題解決チームで、各自がそれぞれ、好きなチームを選べます。その後は、選んだチームの中で、それまで学んだ操縦の基礎を使いながら、必要な技術を身に着けていきます。
 私が選んだ空撮チームは、ドローンで空撮した動画の作品をつくり、YouTubeに投稿したり、3月末に開催されるコンテストに出展することを目標にすることになりました。そのためには、ドローンの操作とともに、空撮の技術や映像編集の技術を学ばなければなりません。この特別講座のために、実際に映像製作をされているプロの先生に来ていただいています。私たちは、直接、そういったプロの先生に教わることができるので、恵まれていると思います。
 最初に、映像作品をつくるうえでの手順を教わりました。空撮といっても、最初からドローンを飛ばして、撮影するのではありません。最初に企画書を作成します。企画書では、どんなメッセージを伝えるための映像なのか、とか、誰にみてもらいたいのか、といったことを書きます。撮影をする前に、どんな作品をつくるのか、について整理しておくためです。
 企画書作成から出展までの大まかな流れをつかんだあとは、これからの制作活動でのポイントや注意点、ドローンの利点、ドローンならではの撮影方法などを教わりました。
 特別講座は今後、3つのチーム別の講習に入ります。自分は空撮チームとして、私のイメージを空撮で形にする方法を学ぶこと予定で、今からとても楽しみです。
 自由な制作活動には無限の可能性や夢があると思います。まだ企画書を作る段階ですが、とてもわくわくしています。同じチームの仲間たちと企画したり、コマ割りを考えたりして、楽しんで動画をつくっていきたいと考えています。
 次の講習ではどこまで進むのか、今から楽しみです。今後、その進み具合の様子もお伝えするかもしれません。
 それでは、また。
(福島県立船引高等学校 2年 石井新一)

この記事のライター

関連する投稿


「Wind of Vietnam」<NAVA.tv:佐々木光洋>

「Wind of Vietnam」<NAVA.tv:佐々木光洋>

ベトナムの各地を絶景を求めて巡りました。ハノイ、ムイネー、ホイアン、ホーチミン。それぞれに歴史があり、その場所に根付いた生活がありました。


インプレスが 「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」を発売

インプレスが 「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」を発売

インプレスより「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」が全国の書店、量販店にて販売。


薄明光線、光芒を追いかけドローンが飛行<ドローン空撮>

薄明光線、光芒を追いかけドローンが飛行<ドローン空撮>

徳島県三好市東祖谷、美馬市木屋平。世界中の人々の間で美しいとされる薄明光線。


徳島県の最高峰、剣山山頂 に広がる雲海<ドローン空撮>

徳島県の最高峰、剣山山頂 に広がる雲海<ドローン空撮>

徳島県剣山山頂をドローン空撮。


【慶大×田村市】ドローン講座第二期終了 承諾書の実物に実感 慶大・南氏「ドローンの〝師〟として発信を!」

【慶大×田村市】ドローン講座第二期終了 承諾書の実物に実感 慶大・南氏「ドローンの〝師〟として発信を!」

 ドローン研究に力を入れる慶大が、福島県田村市と結んでいる〝ドローン連携〟で、事業の目玉として進めていた福島県立船引高校(田村市)でのドローン特別講座第2期が9月11日、終了した。生徒達は今後、蓄積した知識や経験、技術の活かし方を自主的に考えていく。


最新の投稿


簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、小型のドローンに装着できる簡単に脱着できる赤外線カメラ装置「SKYFUSION(スカイフュージョン)」を9月25日から販売を開始したと発表した。


エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、沖縄県総合防災訓練に参加、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンやAI活用の有効性を検証した。


産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

ドイツのベルリンで9月26日から開催されるINTERGEO 2017に向けて、スイスのsenseFly社は業界別ソリューションのsenseFly 360シリーズを発表した。


エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 フライトコントローラーに、 オープンソースのArduPilotを使った自律航行可能なクアッドコプターLAB445を発売した。


エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 鹿児島県伊佐湧水消防組合とAIを用いた消防用ドローン及び無人車両の共同開発を行うと発表した。