【東京で地方創生を考える】ドローンの利活用方法をみんなで考える第3回「ドロンソン」が東京都内で初開催

【東京で地方創生を考える】ドローンの利活用方法をみんなで考える第3回「ドロンソン」が東京都内で初開催

「東京で地方創生を考える」第3回ドロンソンが2月25日(土)東京都内で初開催。 ドローン体験会や参加者同士がチームになり、ドローンの利活用方法を考えるドロンソンを実施する。 これまでの最大規模の40名でドローンと地方の未来を考える。


「世の中はドローンでもっと楽しくなる」

 ドローンの啓発活動を行う株式会社skyer(代表取締役 宇佐美 孝太)は「世の中はドローンでもっと楽しくなる!」を提供するドロンソン運営事務局を2016年12月に開設し、これまでに 第1、 2回を秋田県で開催してきたが、今回の第3回目はは初めて東京で開催する。
 第3回目のテーマは「ドローン × 仙北市 = みんながハッピーになれる未来」。

 焦点となる仙北市は地方創生特区・近未来技術実証特区に指定され、 「地方の未来への扉を開く、 改革拠点」として様々な取り組みを実践してきた。 無人運転バス公道実証実験、 ドローンと秘匿通信による図書輸送の実証実験、 ドローンの知識と操縦を学ぶ近未来技術体験プログラムの実施 etc…
 当日は仙北市職員を招き、 仙北市の現状や地方創生のあり方、 地方とドローンの関係性などの基調講演を予定。 東京で地方創生について学び、 考え、 実践する機会を提供する。

 優秀なアイデアを出したチームには豪華賞品を用意している。 また、 選抜されたアイデアを実現させるために、 運営事務局がプロジェクト立ち上げを全面にサポートする。地方を多様な人と繋げ、 テーマに対する解決策を様々な視点から検討する。

■ 参加方法
ドロンソンは「事前決済制」です。 参加申込は下記のPeatixサイトよりお願いいたします。
http://dronethon3.peatix.com

■当日の流れ
【第1部】 10:00 開場 協賛企業様によるドローンイベント
【第2部】 13:00-18:00 ドロンソン
【第3部】18:00-20:00 懇親パーティー

■賞品:《最優秀賞》 豪華賞品をご用意

■会場:東京23区内初ドローン練習場 LIONS FACILITY(ライオンズファシリティ)
〒130-0023 東京都墨田区立川2-10-10 M・吉原ビル1階

■定員:40名(先着順)

■参加費(割引制度あり)
- 事前登録制・要事前決済
【ドロンソン+懇親パーティー】
・男性 ¥3,500
・女性 ¥2,500
・学生 ¥1,500

【ドロンソンのみ】
・男性 ¥3,000
・女性 ¥2,000
・学生 ¥1,000

【最終発表見学+懇親パーティーのみ】
¥3,000

※各種割引
家族割:2,000円引き/1家族
カップル割:1,000円引き/1組
シルバー割:1,000円引き/1人
当日現金でキャッシュバックします!

■主催
株式会社skyer
ドロンソン運営事務局
https://dronethon.net/

この記事のライター

関連するキーワード


地方創生 ドロンソン

関連する投稿


熱気に満ちた第5回ドローントークPIT「ドローン×ジモトノチカラ」 田村市、那賀町、skyerの取り組みは

熱気に満ちた第5回ドローントークPIT「ドローン×ジモトノチカラ」 田村市、那賀町、skyerの取り組みは

 ドローンタイムズは7月14日、「ドローン×ジモトノチカラ」をテーマに「第5回ドローントークPIT」を開催しました。異なる立場の論客3人が思いの込もった発表を披露すると、ファシリテーター・ササモモさんの問いかけをきっかけに、満席の客席から積極的な発言が相次ぎ、会場は異常なほどの熱気と笑顔で満たされました。


秋田県で第7回ドロンソン 「ドローン × 鉄道」

秋田県で第7回ドロンソン 「ドローン × 鉄道」

参加者同士がチームとなりドローンの活用方法を考えるドロンソン


ドロンソンが国内最大級の祭典にてBest of Drone Aword 2017を受賞 秋からは高等学校教育にも導入予定

ドロンソンが国内最大級の祭典にてBest of Drone Aword 2017を受賞 秋からは高等学校教育にも導入予定

株式会社skyerが運営する「ドロンソン」が国内最大級のドローンの祭典であるJapan Drone 2017にて審査員特別賞を受賞した。


<農業の未来を創造しよう>第2回「ドロンソン」開催 今回のテーマは「ドローン×農業」

<農業の未来を創造しよう>第2回「ドロンソン」開催 今回のテーマは「ドローン×農業」

ドローンの利活用を考える「第2回ドロンソン」が、1月21日、秋田市にぎわい交流館AUで開催される。 午前中は入場無料の「ドローン de UFOキャッチャー」ブースを用意し、子供から大人までドローンの操縦を楽しんでもらう。 午後からは参加者同士がチームになり、 ドローンの活用方法を考えるアイディアソンを実施する。


「第2回ドローンタイムズセミナー」地方創生テーマに開催

「第2回ドローンタイムズセミナー」地方創生テーマに開催

ドローンが関わるテーマを掘り下げる「第2回ドローンタイムズセミナー~ドローンが切り拓く日本の地方創生」(主催・産経新聞社、日本工業新聞社、協力・一般社団法人日本UAS産業振興協議会、デジタルハリウッド)が12月9日に東京都内で開催され、産業、政治、行政、学問の各界からキーパーソンや論客が登壇し、最新事情を報告した。


最新の投稿


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。