【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

 福島県田村市の県立船引高等学校(伊豆幸男校長)2年生、石井新一さん(写真中央)が、慶應大学が指導する「ドローン特別講座」に参加した感想を、日記にまとめてくれました。昨年12月にスタートした講座は、現在、基礎練習から、空撮、レース、地域課題解決に分かれ、専門のトレーニングにさしかかっています。


 福島県立船引高校ではこれまで、昨年12月21日、1月11日、1月20日と3回にわたり、ドローン特別講座が開かれています。講座は毎回、3時間程度。学校の授業い比べるとかなり長い時間ですが、慶應大学のドローン研究機関「ドローン社会共創コンソーシアム」の研究員を中心とした、国内屈指のスペシャリストの直接指導、楽しいトークに、ゲームや映像を鑑賞を織り交ぜるバラエティー豊かな飽きさせない内容で、生徒たちは毎回楽しそうに、練習に取り組んでいます。
 石井さんも、いつも目を輝かせて取り組んでいる姿が印象的な生徒の1人。日記には、どんな思いで取り組んでいるのかを、書いてくれました。

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 私は船引高校2年の石井新一です。好きなことは卓球と読書、ときどきゲームです。
 ドローンの特別講座に参加した理由はドローンに興味があったからです。
 今回、運よくこのような、慶応義塾大学の先生に教えていただく機会を得ることができ、このチャンスを逃したくないと思いました。将来、ゲームグラフィックの分野で、映像や画像を制作する職業に就きたいと考えているので、ドローンによる高いところからの目線(鳥の目線)は役に立つと思い、その技術を身に付けたいと思っています。
 1月11日の特別講座ではトリム調整、ホバリングといった基礎の練習と、新たにサークルを描くように飛ばす練習、及びドローンバスケットを行いました。特にサークルは、常に中心を向いたまま、円を描くように操作しなければならず、同時に2つの操作が必要になるため、とても難しかったです。初めはレバーを強く倒しすぎたり、逆に弱かったりと上手く円を描くことができなかったです。それでも楽しくて一生懸命に練習しているうちに、だんだんとレバーの微妙な力加減ができるようになり、円を描けるようになりました。
 ドローンバスケットでは目的の場所に遠くからドローンを飛ばし、そこに着地できるように努力しました。チームで対抗戦を行い、一番多く入れられるかなどを行い楽しくできました。
 この講座を受けて、ドローンがとても好きになりました。飛ばしているのがとても楽しく、たとえ失敗しても何度も繰り返してできるように練習しています。繰り返し練習することで着実に上達していると実感しています。
 これからも、もっと上達して、将来役立つようにしたいです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 石井さんの「ドローン日記」は、今後も随時、掲載していきます。
 感想や応援メッセージなどがありましたら、「お問い合わせ」欄からお寄せください。

練習に励む福島県立船引高校2年の石井新一さん

ドローンに搭載されたカメラで空撮された映像作品を鑑賞し、制作する作品のイメージを膨らませる福島県立船引高校の生徒たち。1月20日以降、レース、空撮、地域課題解決の3班に分かれ、目的をもった専門トレーニングに取り組みはじめた。石井さんは空撮班に入った。中央で指導しているのは、映像のスペシャリスト、本白水智也さん。「みなさんが何を撮りたいか、それを誰に伝えたいのか、伝えてどう感じて欲しいのか。みなさんの心の中にあるものを、ここに表現してみてください」と丁寧に指導。

この記事のライター

関連するキーワード


田村市 船引高校 慶大

関連する投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


【慶大ドローン】ドロゼミ学生、実践へ 「10時間飛行」「手続き」を経験し即戦力人材に

【慶大ドローン】ドロゼミ学生、実践へ 「10時間飛行」「手続き」を経験し即戦力人材に

 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)を拠点に活動しているドローン研究の「ドロゼミ」メンバーが、人口集中地区での空撮依頼に対応することを想定し、いわゆる包括申請をするなど、実践的な取り組む。身に着けた知識、技量を社会で生かす力も育み、即戦力となるための準備に入った。


【慶大ドローン】“ドロゼミ”の学生が農家レストランオープン式典を公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席

【慶大ドローン】“ドロゼミ”の学生が農家レストランオープン式典を公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席

 慶應義塾大学でドローンを研究する自主活動〝ドロゼミ〟は5月19日、今月開業する飲食施設の開業式典の空撮を行った。式典には学生3人が参集。齋藤農水省、黒岩神奈川県知事、星野衆院議員らが列席する式典をノーミスで乗り切り、列席者や参加者から問い合わせを受けるなど歓迎を受けた。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

 慶應義塾大学と包括的な連携協定を結んでいる福島県田村市は3月20日、ドローンによる産業創出、地域活性化を目指す「ドローンコンソーシアムたむら」の設立総会を田村市役所で開催した。地域主体のドローンの活動組織は前例がなく、各層から話題を集めそうだ。


最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。