【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

 福島県田村市の県立船引高等学校(伊豆幸男校長)2年生、石井新一さん(写真中央)が、慶應大学が指導する「ドローン特別講座」に参加した感想を、日記にまとめてくれました。昨年12月にスタートした講座は、現在、基礎練習から、空撮、レース、地域課題解決に分かれ、専門のトレーニングにさしかかっています。


 福島県立船引高校ではこれまで、昨年12月21日、1月11日、1月20日と3回にわたり、ドローン特別講座が開かれています。講座は毎回、3時間程度。学校の授業い比べるとかなり長い時間ですが、慶應大学のドローン研究機関「ドローン社会共創コンソーシアム」の研究員を中心とした、国内屈指のスペシャリストの直接指導、楽しいトークに、ゲームや映像を鑑賞を織り交ぜるバラエティー豊かな飽きさせない内容で、生徒たちは毎回楽しそうに、練習に取り組んでいます。
 石井さんも、いつも目を輝かせて取り組んでいる姿が印象的な生徒の1人。日記には、どんな思いで取り組んでいるのかを、書いてくれました。

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 私は船引高校2年の石井新一です。好きなことは卓球と読書、ときどきゲームです。
 ドローンの特別講座に参加した理由はドローンに興味があったからです。
 今回、運よくこのような、慶応義塾大学の先生に教えていただく機会を得ることができ、このチャンスを逃したくないと思いました。将来、ゲームグラフィックの分野で、映像や画像を制作する職業に就きたいと考えているので、ドローンによる高いところからの目線(鳥の目線)は役に立つと思い、その技術を身に付けたいと思っています。
 1月11日の特別講座ではトリム調整、ホバリングといった基礎の練習と、新たにサークルを描くように飛ばす練習、及びドローンバスケットを行いました。特にサークルは、常に中心を向いたまま、円を描くように操作しなければならず、同時に2つの操作が必要になるため、とても難しかったです。初めはレバーを強く倒しすぎたり、逆に弱かったりと上手く円を描くことができなかったです。それでも楽しくて一生懸命に練習しているうちに、だんだんとレバーの微妙な力加減ができるようになり、円を描けるようになりました。
 ドローンバスケットでは目的の場所に遠くからドローンを飛ばし、そこに着地できるように努力しました。チームで対抗戦を行い、一番多く入れられるかなどを行い楽しくできました。
 この講座を受けて、ドローンがとても好きになりました。飛ばしているのがとても楽しく、たとえ失敗しても何度も繰り返してできるように練習しています。繰り返し練習することで着実に上達していると実感しています。
 これからも、もっと上達して、将来役立つようにしたいです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 石井さんの「ドローン日記」は、今後も随時、掲載していきます。
 感想や応援メッセージなどがありましたら、「お問い合わせ」欄からお寄せください。

練習に励む福島県立船引高校2年の石井新一さん

ドローンに搭載されたカメラで空撮された映像作品を鑑賞し、制作する作品のイメージを膨らませる福島県立船引高校の生徒たち。1月20日以降、レース、空撮、地域課題解決の3班に分かれ、目的をもった専門トレーニングに取り組みはじめた。石井さんは空撮班に入った。中央で指導しているのは、映像のスペシャリスト、本白水智也さん。「みなさんが何を撮りたいか、それを誰に伝えたいのか、伝えてどう感じて欲しいのか。みなさんの心の中にあるものを、ここに表現してみてください」と丁寧に指導。

この記事のライター

関連するキーワード


田村市 船引高校 慶大

関連する投稿


イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

株式会社DroneFutureAviationは、独占取扱権を有する陸上用配送ドローン「YAPE」のデモンストレーションを慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスで9月5日に行った。


【慶大×田村市】「ドロコンたむら」第2回定例会 DRONERBIRD隊長の古橋氏が講演 「発災後の地図を迅速に」

【慶大×田村市】「ドロコンたむら」第2回定例会 DRONERBIRD隊長の古橋氏が講演 「発災後の地図を迅速に」

 ドローンによる地域活性化に取り組む福島県田村市で9月10日、業種横断的な有志のドローン活動体、「ドローンコンソーシアムたむら」の第2回定例会が開かれた。「ドローン×防災」をテーマに、「災害ドローン救援隊DRONBIRD」を率いる青山学院大学の古橋大地教授が講演し、約30人がドローンで作るマップの可能性に理解を深た。


【慶大×田村市】福島県総合防災訓練でドローン高校生またも大活躍 会場から感心の声

【慶大×田村市】福島県総合防災訓練でドローン高校生またも大活躍 会場から感心の声

 「平成30年度福島県総合防災訓練」が9月2日、福島県田村市の田村市運動公園で開かれ、慶大の指導を受けた地元の福島県立船引高校のドローンチームが、土砂災害の捜索と、体験会でドローンの腕前を披露し、大会関係者や消防関係者から感心の声が上がった。


【慶大×田村市】実った、実った! ホップ収穫祭開催 つまんで浮かべて味わって

【慶大×田村市】実った、実った! ホップ収穫祭開催 つまんで浮かべて味わって

 ドローンを活用した地域活性化に取り組む福島県田村市で8月5日、ビール主原料であるホップの収穫体験が行われた。ホップはドローンの有効活用を検討している作物で、ホップに魅了された人たちが、品質向上や労力軽減に道を開くドローン導入を後押ししそうだ。


【慶大×田村市:ドローン日記】部活設立! 隔週でドローンレース! 県立船引高3年早川帆南さん

【慶大×田村市:ドローン日記】部活設立! 隔週でドローンレース! 県立船引高3年早川帆南さん

 慶大によるドローン特別講座が開講されている福島県立船引高校では、活動がますます活発化しています。3年生、早川帆南さんが、その近況をDroneTimesに寄せてくれました。船引高校に、ついにドローンの部活が誕生したようです。


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。


20歳の起業家が米国でTeal Oneドローンの販売を開始

20歳の起業家が米国でTeal Oneドローンの販売を開始

2015年に17歳でTeal社を創業したジョージ・マタス(George Matus)CEOは、3年の歳月をかけてTeal Oneドローンの製品化を実現し販売を開始した。最高速度60mph(約96km/h)の高性能ドローンは、米国のドローン市場を革新するだろうか。