【慶大×田村市】レース、空撮、地域課題… 船引高ドローン講座、第2フェーズに

【慶大×田村市】レース、空撮、地域課題… 船引高ドローン講座、第2フェーズに

 慶應義塾大学からドローンの指導を受けている福島県立船引高校の特別講座が20日、新たなフェーズに入った。レース、空撮、地域課題の3チームに分かれ、これまでの基礎知識や基礎練習を、実践で活用していくことになる。


 この日の第3回特別講座は、午後3時45分から、雪が舞う中、船引高校の体育館で開催。ホバリングなど基礎練習で振り返りを行ったあと、3チームに再編成された。この日の出席者27人は、レース班に12人、地域課題班に7人、空撮班に8人に分かれ、本格的なドローンの活用局面に入った。
 空撮チームには、慶大慶大ドローン社会共創コンソーシアムのメンバーで、撮影のスペシャリストの本白水智也氏が直接指導。このチームは、撮影した作品をコンテストに出品する目標を掲げているため、本白水さんは、「作品づくりには段取りが大切になります」と、段階に分けて解説した。

第3回ドローン特別講座は雪の降る体育館で行われた=1月20日、福島県田村市の県立船引高校の体育館

ドローンの取り扱いを学ぶ生徒たち。体育館には大型の暖房機具が数台設置された、

練習中は体育館内のいたるところでドローンが飛ぶ。この瞬間はもしかしたら、日本で一番ドローンの飛んでいる体育館かもしれない

 本白水さんは、作品づくりの土台となる「企画書」の重要性を説明。「作品は、見てもらった方に、何かを伝えるものです。みなさんが、その作品でどんなことを伝えたいのかを考えてみてください。おそらく、いろいろと伝えたいことを、お持ちだと思います。まずはそれを出し合ってみて、今回の作品では、どんな人に、なにを伝えるのかを決めてください。そして、いつまでに作るか、どこで発表するのか、テーマは何かを決めていきましょう」と丁寧に説明した。
 さらに本白水さんは、空撮作品をイメージしやすくするために、定評がある空撮動画作品を生徒と鑑賞。生徒たちは真剣に見入り、ある生徒は重要なことを忘れまいとメモをとっていた。

空撮とはどんなものか。作品を鑑賞しながらイメージをつかむ

一言も聞き漏らすまい、とくらいつく視線。メモを取る手にも真剣さが宿る

空撮作品をつくるうえで、まず大事なのが企画書。そもそも撮影前に「企画書」が必要ということが、生徒によっては新事実だったかもしれない

 なお、レースチームの指導は、特別講座の主任指導員でもある南政樹政策・メディア研究科特任助教、地域課題解決班の指導には、慶大ドローン社会共創コンソーシアムのメンバーでもある株式会社スペースワン代表取締役の小林康宏氏。県立高校にドローンを指導するだけでも珍しい取り組みだが、指導陣が、その道の一流のスペシャリストが集まっていることがさらにその付加価値を高めている。
 今後、3班がそれぞれの専門領域でドローン利用を具体化させる。
 この日の講座の様子は、慶大と連携協力協定を締結した田村市の冨塚宥暻市長が視察に訪問。基礎練習時に生徒たちが自由にホバリングさせている様子を見て、「上達の早さに目を見張るものがある」と目を細めていた。
 「生徒達がドローンを運航させる正しいルールを高校のうちに学んでおくことは、近い将来必ず役にたつ。役に立てば、それを学べる船引高校や田村市といった地元に誇りが持てる。ドローンには今も『危険』のイメージを持つ人がいるが、いつまでも危険と遠巻きにしているだけでは役に立てることができるものも役立てられない。ルールを知り、安全な操縦方法を理解すれば危険でないことは、いま学んでいる生徒たちが一番、知っていることだろう。事実、この体育館の中には、ドローンが危険であると感じている人は誰もない。南先生がいつも言っているように、ここで指導をうけた生徒が、後輩を指導していけるようになると、正しい理解が伝えられる」(冨塚市長)。
 この日の講座は、地元農業関係者、金融機関関係者、田村市役所関係者も視察するなど、域内での関心の広がりを物語った。
 冨塚市長はドローンの利活用について、「アイデアとしては幅広い可能性が出ている。用水路に発生する害虫の駆除に活用できるかもしれないなど具体的な話も浮上しており、今後具体化させるときが来る。また現在の高校生への指導を、小中学校にも拡大したい」と意欲を見せていた。

冨塚宥暻市長がこの日のドローン特別講座を視察。1か月前の、昨年12月21日にも、慶大との連携協力協定締結後の講座を視察している

レースを選択した生徒たち。南政樹政策・メディア研究科特任助教の指導でレーサーを目指す

地域課題解決を選択した生徒は小林康宏さんのまわりに集まり、ドローンの扱いについて話を聞く。スペシャリストの指導を直接受けられることも、この特別講座の大きな特徴だ

この記事のライター

関連する投稿


【慶大ドローン】単位つかないのに参加多数! 好奇心高めな“ドロゼミ”の新年度が始動

【慶大ドローン】単位つかないのに参加多数! 好奇心高めな“ドロゼミ”の新年度が始動

 ドローン研究と社会実装に取り組む慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で、単位がつかないドローン活動「ドロゼミ」で2019年度のシーズンがスタートした。4月10日に行われた新年度初会合にはSFC生、外部生をあわせて30人が参加した。初参加組の多くが、前日の千葉功太郎氏による“規格外授業”に刺激を受けていた。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

 福島県立船引高校(田村市)特設ドローン部の部員4人が農薬散布の技能を身に着ける教習の初日に臨んだ。ドローンを飛ばせる高校生から、ドローンで農業に貢献する人材への一歩を踏み出した。教習は4日間だ。


【慶大ドローン】慶大が静岡県小山町とドローン連携締結 田村市(福島県)、神石高原町(広島県)に続き3件目

【慶大ドローン】慶大が静岡県小山町とドローン連携締結 田村市(福島県)、神石高原町(広島県)に続き3件目

 慶大SFC 研究所と静岡県小山(おやま)町は12月18日、ドローンの利活用による研究推進、防災減災の促進などを目指す連携協力協定を締結した。慶大がドローンで自治体と連携するのは3例目。込山正秀小山町長は3月に起きた大雨による災害をあげ「防災減災、治山治水などに取り組み、小山町の活性化に末永く協力を」とあいさつした。


最新の投稿


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。