【慶大×田村市】レース、空撮、地域課題… 船引高ドローン講座、第2フェーズに

【慶大×田村市】レース、空撮、地域課題… 船引高ドローン講座、第2フェーズに

 慶應義塾大学からドローンの指導を受けている福島県立船引高校の特別講座が20日、新たなフェーズに入った。レース、空撮、地域課題の3チームに分かれ、これまでの基礎知識や基礎練習を、実践で活用していくことになる。


 この日の第3回特別講座は、午後3時45分から、雪が舞う中、船引高校の体育館で開催。ホバリングなど基礎練習で振り返りを行ったあと、3チームに再編成された。この日の出席者27人は、レース班に12人、地域課題班に7人、空撮班に8人に分かれ、本格的なドローンの活用局面に入った。
 空撮チームには、慶大慶大ドローン社会共創コンソーシアムのメンバーで、撮影のスペシャリストの本白水智也氏が直接指導。このチームは、撮影した作品をコンテストに出品する目標を掲げているため、本白水さんは、「作品づくりには段取りが大切になります」と、段階に分けて解説した。

第3回ドローン特別講座は雪の降る体育館で行われた=1月20日、福島県田村市の県立船引高校の体育館

ドローンの取り扱いを学ぶ生徒たち。体育館には大型の暖房機具が数台設置された、

練習中は体育館内のいたるところでドローンが飛ぶ。この瞬間はもしかしたら、日本で一番ドローンの飛んでいる体育館かもしれない

 本白水さんは、作品づくりの土台となる「企画書」の重要性を説明。「作品は、見てもらった方に、何かを伝えるものです。みなさんが、その作品でどんなことを伝えたいのかを考えてみてください。おそらく、いろいろと伝えたいことを、お持ちだと思います。まずはそれを出し合ってみて、今回の作品では、どんな人に、なにを伝えるのかを決めてください。そして、いつまでに作るか、どこで発表するのか、テーマは何かを決めていきましょう」と丁寧に説明した。
 さらに本白水さんは、空撮作品をイメージしやすくするために、定評がある空撮動画作品を生徒と鑑賞。生徒たちは真剣に見入り、ある生徒は重要なことを忘れまいとメモをとっていた。

空撮とはどんなものか。作品を鑑賞しながらイメージをつかむ

一言も聞き漏らすまい、とくらいつく視線。メモを取る手にも真剣さが宿る

空撮作品をつくるうえで、まず大事なのが企画書。そもそも撮影前に「企画書」が必要ということが、生徒によっては新事実だったかもしれない

 なお、レースチームの指導は、特別講座の主任指導員でもある南政樹政策・メディア研究科特任助教、地域課題解決班の指導には、慶大ドローン社会共創コンソーシアムのメンバーでもある株式会社スペースワン代表取締役の小林康宏氏。県立高校にドローンを指導するだけでも珍しい取り組みだが、指導陣が、その道の一流のスペシャリストが集まっていることがさらにその付加価値を高めている。
 今後、3班がそれぞれの専門領域でドローン利用を具体化させる。
 この日の講座の様子は、慶大と連携協力協定を締結した田村市の冨塚宥暻市長が視察に訪問。基礎練習時に生徒たちが自由にホバリングさせている様子を見て、「上達の早さに目を見張るものがある」と目を細めていた。
 「生徒達がドローンを運航させる正しいルールを高校のうちに学んでおくことは、近い将来必ず役にたつ。役に立てば、それを学べる船引高校や田村市といった地元に誇りが持てる。ドローンには今も『危険』のイメージを持つ人がいるが、いつまでも危険と遠巻きにしているだけでは役に立てることができるものも役立てられない。ルールを知り、安全な操縦方法を理解すれば危険でないことは、いま学んでいる生徒たちが一番、知っていることだろう。事実、この体育館の中には、ドローンが危険であると感じている人は誰もない。南先生がいつも言っているように、ここで指導をうけた生徒が、後輩を指導していけるようになると、正しい理解が伝えられる」(冨塚市長)。
 この日の講座は、地元農業関係者、金融機関関係者、田村市役所関係者も視察するなど、域内での関心の広がりを物語った。
 冨塚市長はドローンの利活用について、「アイデアとしては幅広い可能性が出ている。用水路に発生する害虫の駆除に活用できるかもしれないなど具体的な話も浮上しており、今後具体化させるときが来る。また現在の高校生への指導を、小中学校にも拡大したい」と意欲を見せていた。

冨塚宥暻市長がこの日のドローン特別講座を視察。1か月前の、昨年12月21日にも、慶大との連携協力協定締結後の講座を視察している

レースを選択した生徒たち。南政樹政策・メディア研究科特任助教の指導でレーサーを目指す

地域課題解決を選択した生徒は小林康宏さんのまわりに集まり、ドローンの扱いについて話を聞く。スペシャリストの指導を直接受けられることも、この特別講座の大きな特徴だ

この記事のライター

関連する投稿


【慶大×田村市】総合防災訓練でドローン高校生躍動 市民から「すごいね~」と感心の声

【慶大×田村市】総合防災訓練でドローン高校生躍動 市民から「すごいね~」と感心の声

 平成29年度田村市総防災訓練が10月1日、同市常葉(ときわ)地区で開催され、同市の防災訓練として初めてドローンが導入された。慶大の指導を受けた同市消防団や、福島県立船引高校の生徒が参加し、市民から「すごいね」「たのもしい」の声があがるなど、存在感を示した。


【慶大×田村市】ドローン講座第二期終了 承諾書の実物に実感 慶大・南氏「ドローンの〝師〟として発信を!」

【慶大×田村市】ドローン講座第二期終了 承諾書の実物に実感 慶大・南氏「ドローンの〝師〟として発信を!」

 ドローン研究に力を入れる慶大が、福島県田村市と結んでいる〝ドローン連携〟で、事業の目玉として進めていた福島県立船引高校(田村市)でのドローン特別講座第2期が9月11日、終了した。生徒達は今後、蓄積した知識や経験、技術の活かし方を自主的に考えていく。


【慶大×田村市】田村市消防団がドローン講習 「協定に頼らず、自前で」

【慶大×田村市】田村市消防団がドローン講習 「協定に頼らず、自前で」

 福島県田村市は11日、田村市消防団向けのドローン講習会を開いた。ドローン操作技術を自前で身に着け、いざというときに操作できる技術を身に着けておくことが目的。田村市とドローン連携を結んでいる慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹事務局長が講師を務めた。


【慶大×田村市】国交省承認取得! 船引高ドローンチームが野外音楽フェスで活躍!

【慶大×田村市】国交省承認取得! 船引高ドローンチームが野外音楽フェスで活躍!

 地域発信型の野外フェス、One+Nation music circusが9日、福島県田村市運動公園で開かれ著名アーティストが会場を魅了しました。会場では地元の福島県立船引高校の生徒が、慶大から指導を受けて磨き続けてきたドローンの腕を存分に発揮し、会場の空撮と、来場者向けの体験会で、来場者を盛り上げ、驚かせました。


【慶大×田村市:ドローン日記】講座で安全の重要性を再認識 「これからたくさん練習を」

【慶大×田村市:ドローン日記】講座で安全の重要性を再認識 「これからたくさん練習を」

 慶大からドローンの指導を受けている福島県立増引高校の生徒は、どんな気持ちで指導を受けているのでしょうか。2年生の半澤翔太さんが、さきごろの講座のあと、感想文を寄せてくれました。安全の重要性を再認識した様子と、技術向上などへの決意が込められていました。


最新の投稿


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。


ドローンとAIで北極熊やクジラの生態研究をサポートするインテル

ドローンとAIで北極熊やクジラの生態研究をサポートするインテル

米国インテルは、科学者や専門家と提携し、ドローンと人工知能(AI)を活用して、北極熊やクジラなどの野生生物の生態研究をサポートしている。