米国防総省、マイクロドローン103機による編隊飛行が成功したと発表

米国防総省、マイクロドローン103機による編隊飛行が成功したと発表

 米国防総省は、昨年10月に超小型ドローンを使った実証実験をカリフォルニア州チャイナレイクで実施、世界最大規模となるマイクロドローン103機を編隊飛行させることに成功したと、9日発表した。


 この実験は、飛行中の3機のF/Aー18スーパーホーネット戦闘機から103機のマイクロドローン「Perdix(パーディクス)」が放出され行われた。
 2012年に戦略能力研究局(SCO)を創設したAsh Carter国防長官は、「この実証実験の成功にお祝いを言った。これは私たちに敵対する勢力よりも1歩先に出る最先端のイノベーションで、自律システムの開発を進歩させることになる」と語った。
 国防総省戦略能力研究局のWilliam Roper局長によると「Perdixは事前にプログラムされ動くものではなく、ドローン各々が意思決定できる分散型の1つの頭脳を共有し、生物の群れのように相互に協力しながら行動する」と説明した。
 また「PerdixはすべてのPerdixとコミュニケーションをとりながら、他のPerdixと協力し合えるため命令する者を必要としない。群れへ入退場を行うドローンにもうまく対応できる」と付け加えた。
 今後ドローンが、ハチの群れのように敵対勢力を攻撃するような日が来るのだろうか。

Perdixを飛行中に放出した3機のF/Aー18スーパーホーネット戦闘機

この記事のライター

関連するキーワード


米国防総省 Perdix

最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。