米国防総省、マイクロドローン103機による編隊飛行が成功したと発表

米国防総省、マイクロドローン103機による編隊飛行が成功したと発表

 米国防総省は、昨年10月に超小型ドローンを使った実証実験をカリフォルニア州チャイナレイクで実施、世界最大規模となるマイクロドローン103機を編隊飛行させることに成功したと、9日発表した。


 この実験は、飛行中の3機のF/Aー18スーパーホーネット戦闘機から103機のマイクロドローン「Perdix(パーディクス)」が放出され行われた。
 2012年に戦略能力研究局(SCO)を創設したAsh Carter国防長官は、「この実証実験の成功にお祝いを言った。これは私たちに敵対する勢力よりも1歩先に出る最先端のイノベーションで、自律システムの開発を進歩させることになる」と語った。
 国防総省戦略能力研究局のWilliam Roper局長によると「Perdixは事前にプログラムされ動くものではなく、ドローン各々が意思決定できる分散型の1つの頭脳を共有し、生物の群れのように相互に協力しながら行動する」と説明した。
 また「PerdixはすべてのPerdixとコミュニケーションをとりながら、他のPerdixと協力し合えるため命令する者を必要としない。群れへ入退場を行うドローンにもうまく対応できる」と付け加えた。
 今後ドローンが、ハチの群れのように敵対勢力を攻撃するような日が来るのだろうか。

Perdixを飛行中に放出した3機のF/Aー18スーパーホーネット戦闘機

この記事のライター

関連するキーワード


米国防総省 Perdix

最新の投稿


テキサス・インスツルメンツ(TI)、クワッドコプターや産業用ドローンの飛行時間と電池動作時間を延長する新型テクノロジを発表

テキサス・インスツルメンツ(TI)、クワッドコプターや産業用ドローンの飛行時間と電池動作時間を延長する新型テクノロジを発表

日本テキサス・インスツルメンツは、小包の運送、探査や、長距離の通信とアシストに使われるクワッドコプター、その他非軍事用の民生および産業用ドローンの飛行時間と電池動作時間の延長に役立つ、回路ベースのサブシステム・リファレンス・デザイン2種類を発表した。


ドローン複合施設「ライオンズファシリティ」でイベント・講習会・検定を開始

ドローン複合施設「ライオンズファシリティ」でイベント・講習会・検定を開始

ライオンズフィルム株式会社は、墨田区立川に、東京23区内初のドローンフライト練習場と体験型ショールーム・カフェバーが一つになった複合施設『ライオンズファシリティ』でドローンに関するイベント・講習会・検定を2017年1月に開始すると発表。


レースの練習にはピッタリ! 壁に激突、水に落ちても、車で轢いても壊れないドローン「Nimbus 195」

レースの練習にはピッタリ! 壁に激突、水に落ちても、車で轢いても壊れないドローン「Nimbus 195」

クラッシュを気にすることなく、思いっきりレースの練習ができるドローンが欲しい…。「Nimbus 195」は、そんな願いを叶えるめっちゃくちゃ丈夫なレース用ドローンです。


気圧センサー搭載で高度自動維持がスムーズなドローン「cocoon」ジーフォースから1月20日発売開始

気圧センサー搭載で高度自動維持がスムーズなドローン「cocoon」ジーフォースから1月20日発売開始

気圧センサーが操縦をアシスト。Wi-Fiカメラ内蔵、自動でホバリング、高度自動維持機能搭載のドローン「cocoon」をジーフォースが1月20日発売開始


セキド、ドローンライブ配信セミナー in 東京 1月26日開催決定

セキド、ドローンライブ配信セミナー in 東京 1月26日開催決定

ドローンは保有しているものの活用方法がよくわからないという企業・法人に対し、ドローンを業務(特に災害対策やインフラ設備の保守点検)に有効活用するソリューションを提案するイベント「ドローンライブ配信セミナー in 東京」をセキドが1月26日に開催する。