米国防総省、マイクロドローン103機による編隊飛行が成功したと発表

米国防総省、マイクロドローン103機による編隊飛行が成功したと発表

 米国防総省は、昨年10月に超小型ドローンを使った実証実験をカリフォルニア州チャイナレイクで実施、世界最大規模となるマイクロドローン103機を編隊飛行させることに成功したと、9日発表した。


 この実験は、飛行中の3機のF/Aー18スーパーホーネット戦闘機から103機のマイクロドローン「Perdix(パーディクス)」が放出され行われた。
 2012年に戦略能力研究局(SCO)を創設したAsh Carter国防長官は、「この実証実験の成功にお祝いを言った。これは私たちに敵対する勢力よりも1歩先に出る最先端のイノベーションで、自律システムの開発を進歩させることになる」と語った。
 国防総省戦略能力研究局のWilliam Roper局長によると「Perdixは事前にプログラムされ動くものではなく、ドローン各々が意思決定できる分散型の1つの頭脳を共有し、生物の群れのように相互に協力しながら行動する」と説明した。
 また「PerdixはすべてのPerdixとコミュニケーションをとりながら、他のPerdixと協力し合えるため命令する者を必要としない。群れへ入退場を行うドローンにもうまく対応できる」と付け加えた。
 今後ドローンが、ハチの群れのように敵対勢力を攻撃するような日が来るのだろうか。

Perdixを飛行中に放出した3機のF/Aー18スーパーホーネット戦闘機

この記事のライター

関連するキーワード


米国防総省 Perdix

最新の投稿


PwCコンサルティングがドローンビジネス 2017セミナーを開催

PwCコンサルティングがドローンビジネス 2017セミナーを開催

PwCあらた有限責任監査法人は、都内で「ドローンビジネス 2017~テクノロジー、ビジネス、規制 最新情報~」と題するセミナーを開催した。今年で2回目となる同社のセミナーは、前回を上回る来場者となり産業用ドローンへの注目度の高さが伺われた。


ドローンによる水難救助 災害対策建設協会JAPAN47 神奈川支部が公開実証実験を開催

ドローンによる水難救助 災害対策建設協会JAPAN47 神奈川支部が公開実証実験を開催

一般社団法人 災害対策建設協会JAPAN47(ジャパンフォーセブン)神奈川支部は、 ドローンによる水難救助の公開実証実験を本格的な海水浴シーズンを前にした6月27日、神奈川県藤沢市の片瀬海岸で開催した。


ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

株式会社CLUEは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が公募した事業「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」において、研究開発テーマ「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」として採択された。



「JAPAN DRONE NATIONALS 2017 IN SENDAI」7/1~2

「JAPAN DRONE NATIONALS 2017 IN SENDAI」7/1~2

ゼビオアリーナ仙台にて開催