DJI製ドローンに標準添付される 最大4億円の賠償責任保険の対象機種を拡大 ソフトバンクC&S

DJI製ドローンに標準添付される 最大4億円の賠償責任保険の対象機種を拡大 ソフトバンクC&S

DJI製ドローン「Phantom 4」限定で標準添付されている最大4億円の賠償責任保険の対象機種を、2016年12月19日出荷分より拡大します。


ソフトバンク コマース&サービス(以下「ソフトバンクC&S」)、およびソフトバンクC&Sの販売代理店が、法人向けに販売する「Phantom 4」には、購入後1年間1事故につき最大で対人4億円、対物3億5,000万円の賠償責任保険が標準で添付されています。この度、「Phantom 4」に加え、「Phantom 4 Pro」「Mavic Pro」「Inspire 2」の3機種にも同額の賠償責任保険を適用します。
なお、各機種の販売価格に変更はありません。…この記事の続きを読む

情報提供元:ソフトバンク コマース&サービス株式会社
http://cas.softbank.jp/news/information/2016/dji_4.html

この記事のライター

関連するキーワード


賠償責任保険 PHANTOM 4

関連する投稿


鎌倉ドローン協会がテロ対策訓練に参加、現場状況把握に空撮映像を司令本部に伝送

鎌倉ドローン協会がテロ対策訓練に参加、現場状況把握に空撮映像を司令本部に伝送

一般社団法人 鎌倉ドローン協会(神奈川県鎌倉市)は、10月5日に鎌倉市山崎浄化センターで行われた鎌倉市消防本部大船消防署(神奈川県鎌倉市、郷原一己署長)と神奈川県警大船警察署(神奈川県鎌倉市、野口博署長)などによる「テロを想定した対策訓練」に参加し、ドローン空撮映像の中継を行い現場状況把握を支援した。


ドローンによる水難救助 災害対策建設協会JAPAN47 神奈川支部が公開実証実験を開催

ドローンによる水難救助 災害対策建設協会JAPAN47 神奈川支部が公開実証実験を開催

一般社団法人 災害対策建設協会JAPAN47(ジャパンフォーセブン)神奈川支部は、 ドローンによる水難救助の公開実証実験を本格的な海水浴シーズンを前にした6月27日、神奈川県藤沢市の片瀬海岸で開催した。


EdgyBee 社がDJI 製ドローンの操縦法が学べるAR モバイルア プリ「Drone Prix」を発表

EdgyBee 社がDJI 製ドローンの操縦法が学べるAR モバイルア プリ「Drone Prix」を発表

拡張現実(AR)技術を提供する EdgyBees 社は、DJI の「PHANTOM 3 PRO」、「PHANTOM 4」シリーズと「MAVIC PRO」に対応した、ドローンの操縦方法を学べる AR モバイルア プリ「Drone Prix」を発表した。


京都でドローンの飛行体験   =DJI×S-robo×デジタルハリウッドSTUDIO京都=

京都でドローンの飛行体験 =DJI×S-robo×デジタルハリウッドSTUDIO京都=

デジタルコンテンツの人材育成スクール・デジタルハリウッドが運営をする、WebとアプリのラーニングスタジオのSTUDIO京都では、ドローンをはじめとしたロボティクス商品で「仕事」「生活」「趣味」などをサポートするS-robo主催による、DJI公式のドローン無料体験イベント「NEW PILOT EXPERIENCE」を開催


ソフトバンクC&S、DJI製ドローンに標準添付される最大4億円の賠償責任保険の対象機種を拡大

ソフトバンクC&S、DJI製ドローンに標準添付される最大4億円の賠償責任保険の対象機種を拡大

ソフトバンクC&Sは、DJI製ドローン「Phantom 4」限定で標準添付されている最大4億円の賠償責任保険の対象機種を、 2016年12月19日出荷分より拡大する。


最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。