アマゾン、飛行船とドローンを活用した配送システムで米特許取得

アマゾン、飛行船とドローンを活用した配送システムで米特許取得

通販サイト大手のアマゾン・ドット・コム(アマゾン)が、アメリカ特許商標庁(USPTO)に対して、飛行船やドローンを活用した新たな配送システムの特許を出願、取得していたことが明らかになり、話題となっています。


この特許は、「配達用の無人航空機を利用した空中保管センター」として2014年12月に申請されていたものです。アメリカの特許第9305280号として2016年4月に発行されています。
…この記事の続きを読む

情報提供元:Fly Team
http://flyteam.jp/news/article/73936

この記事のライター

関連するキーワード


アマゾン 特許

関連する投稿


ドローン関連技術100件の特許出願を完了 ドローン知財のDIPLが出願完了を発表

ドローン関連技術100件の特許出願を完了 ドローン知財のDIPLが出願完了を発表

 ドローン技術関連の知財管理を手掛ける株式会社DRONE IP LAB(ドローンアイピーラボ、略称DIPL、東京)は11日、ドローンの機体や制御など基盤技術から応用技術までの関連技術100件について共同出願を完了したと発表した。特許庁の相談員は100件という規模の共同出願について「過去に聞いたことがない」と話している。


ウォルマートがアマゾンに続く「空飛ぶ物流倉庫」飛行船にドローン配送の特許出願

ウォルマートがアマゾンに続く「空飛ぶ物流倉庫」飛行船にドローン配送の特許出願

ウォルマートは特許でもアマゾンと競っているのかもしれない。ウォルマートは、ドローン配送可能な空飛ぶ倉庫の特許を出願していたことが明らかになった。


米アマゾンが移動式UAV修理&配送ビークルの特許を取得

米アマゾンが移動式UAV修理&配送ビークルの特許を取得

米国時間の8月1日に公開された特許によれば、米アマゾンは故障したUAVを自動的に保守できる移動式の修理車両を開発する考えだ。


スカイロボットが太陽光パネルの「故障検出ドローンシステム」の国内特許を取得

スカイロボットが太陽光パネルの「故障検出ドローンシステム」の国内特許を取得

スカイロボット(東京都中央区)が太陽光パネルに対し、ドローン搭載カメラの"角度や距離"を最適に保つために必要とされる特許を取得。アメリカ含む世界24ヶ国にも特許申請中。


アマゾン今度は「パラシュート」投下によるドローン配達の特許を取得

アマゾン今度は「パラシュート」投下によるドローン配達の特許を取得

ドローンによる配達でいつも問題となるのが、荷物の引き渡し。ドローンを着陸させる方式や紐で荷物をぶら下げる方式など、さまざまなアイディアを各社が模索中です。そんな中、ドローン配達で先行するアマゾンは「パラシュートによるドローン配達システム」の特許を取得しました。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。