【CES 2017】「スター・ウォーズ」公式ドローン 米国では$199.99で発売中

【CES 2017】「スター・ウォーズ」公式ドローン 米国では$199.99で発売中

すでに「CES 2017」が終わって数日経つが、ここでは会場で見かけた日本未登場のおもしろアイテムを紹介しよう。それが『スター・ウォーズ』の公式ドローンだ。


PROPELというメーカーが展示していたもので、かなりの注目を集めていた

展示されていたのは、「Xウィング」「TIEファイター」「スピーダー・バイク」の3機種
…この記事の続きを読む

情報提供元:Stereo Sound ONLINE
http://www.stereosound.co.jp/review/article/2017/01/11/52858.html

この記事のライター

関連するキーワード


CES 2017 スター・ウォーズ

関連する投稿



折りたたみできるコンパクトなドローン Hover Camera Passport:CES 2017で展示

折りたたみできるコンパクトなドローン Hover Camera Passport:CES 2017で展示

Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。CES 2017のUnveiledにおいて、折りたためるドローン「Hover Camera Passsport」が展示されました。


DJIが「CES 2017(ラスベガス・1月5日〜8日)」で新製品を発表

DJIが「CES 2017(ラスベガス・1月5日〜8日)」で新製品を発表

DJIは1月5日〜8日ラスベガスで開催される「CES 2017」において、 「OSMOシリーズ」で2種類の新製品、 空撮マッピングを実現する新アプリ「GROUND STATION PRO」、「PHANTOM 4中国・春節エディション」を発表。また超高輝度モニター「CRYSTALSKYモニター」のプロトタイプ2種も発表。


ついにヴァイパー・プローブ・ドロイド型ドローンが登場!『スター・ウォーズ』ドローン最新情報

ついにヴァイパー・プローブ・ドロイド型ドローンが登場!『スター・ウォーズ』ドローン最新情報

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(Rogue One: A Star Wars Story)』に続き、後に控える新作のアナザーストーリー情報にも徐々に拍車がかかってきている今日この頃、皆さん、毎日朝夕に欠かさず、『スター・ウォーズ』(Star Wars)観返してますか?


全部欲しい!「スター・ウォーズ」公式ドローン今秋発売

全部欲しい!「スター・ウォーズ」公式ドローン今秋発売

「スター・ウォーズ」ファンなら嬉しくて思わず小躍りしてしまいそうな一大ニュースが入ってきた。なんと「スター・ウォーズ」公式ドローンが今秋発売される。


最新の投稿


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。


福島・南相馬市、楽天と連携協定 ドローンを活用した物流システム構築など目指す

福島・南相馬市、楽天と連携協定 ドローンを活用した物流システム構築など目指す

 福島県南相馬市は2月16日、楽天と包括連携協定に調印したと発表した。協定の内容は、ドローンを活用した物流シシテムの構築など8項目で、今後、具体化される見通しだ。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(1) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(1) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮を専門に扱う有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏は、国際航空連盟が開催するF3Aというラジコン飛行機の競技会にも参加したことがある腕前の持ち主。不動産業からドローン産業へと転身した経歴を聞いた。