米CES 2017で注目を集めた日本のLoRaDrone

米CES 2017で注目を集めた日本のLoRaDrone

ITベンダーの株式会社システナ(本社:東京、代表取締役社長:三浦賢治)の米国子会社のSystena America Incは、米国ラスベガスで開催された家電ショーのCES2017に、世界初となるLoRaDroneを出展した。(田中亘)


10kmを超える長距離通信を実現するLoRaDrone

Systena America IncがCES 2017の会場に展示され注目を集めたLoRaDrone

 LoRaDroneのLoRaとは無線通信規格のひとつ。902〜928MHz帯域を使い、少ない送信電力でも10km程度の長距離通信を実現する。数あるLow Power Wide Area Network (LPWAN:低電力広域ネットワーク)の規格の一つで、海外ではすでにLoRaWANという低価格の広域ネットワークをサービスとして提供している通信事業者もある。その特長は、通信に使われる半導体の価格が安く、規格などがオープンになっているので、世界的に実証実験が進んでいる点にある。こうした背景から、ドローンの長距離飛行にとって課題となっていた長距離通信を実現する手段としても注目されている。そのLoRa無線通信を世界で初めて搭載したドローンを株式会社システナの米国子会社となるSystena America Incが、米国ラスベガスのCES 2017に出展した。
 会場で配布されたカタログによれば、数十エーカーという広大な牧場で家畜を管理したり、敷地面積が広い港湾施設などで搬入出を検査したり、大規模な農場で気温や土壌などのデータを読み取り、各種の機器を自動で制御する、などの用途に活用できるという。

LoRaDroneのサービスイメージ

エンルートの機体を利用して独自のLoRa機器を搭載

 CES 2017の会場に展示されたドローンは、日本のエンルート社製のヘキサコプターを利用し、その機体に同社の関連子会社がLoRa機器を取り付けている。そのサービスの仕組みは、LoRa無線を備えた各種のセンサーから発信されるデータをLoRaDroneで受信し、ドローンが情報を中継するルーターとしてサーバに送信する。
 展示の内容と今後の展開について、Systena America Incの田中光昭氏は「当社はIoTのトータルソリューションを売ることが目的です。ドローンはそのサービスの一環になります。機体については、価格や性能によって柔軟に検討していきます」と語る。
 会場での評価は好評で、来場者からも多くの質問が寄せられていたという。同社は、2月にフロリダで開催されるIoTの展示会IoT Evolution 2017にも出展を予定している。また日本での展開については、「日本には広い国土がない」ので、今のところ考えていないという。

会場ではLoRaDroneを活用したIoTサービスのイメージ動画を紹介していた

この記事のライター

関連する投稿


LoRaDroneが米国のIoT EVOLUTION EXPOでBest of Show受賞

LoRaDroneが米国のIoT EVOLUTION EXPOでBest of Show受賞

ITベンダーの株式会社システナ(本社:東京、代表取締役社長:三浦賢治)の米国子会社のSystena America Incは、米国のフロリダ州で開催されたIoT EVOLUTION EXPO 2017に、LoRaWAN搭載ドローンのLoRaDroneを出展した。


先進技術を救急救命の現場に活用する EDACの取り組みと成果

先進技術を救急救命の現場に活用する EDACの取り組みと成果

ドローンなど先進技術を活用した救急救命の実証実験に取り組む「救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(略称:EDAC)」は、東京都内でシンポジウムを開き、1月23日に九州大学伊都キャンパス(福岡)で行われた実証実験の成果などを発表した。


米ラスベガスのCES 2017でドローンレースを開催

米ラスベガスのCES 2017でドローンレースを開催

米国時間の2017年1月5日の午後1時から、ラスベガスのWestgate hotel(ウェストゲートホテル)で、高画質なカメラを搭載したドローンによるレースが開催される。会場となる同ホテルのプールサイドでは、youtubeによるライブ中継が行われる。


ドローン映像とセンサーデータで病虫害防除、生育管理や新たな就農者を増やす取り組み

ドローン映像とセンサーデータで病虫害防除、生育管理や新たな就農者を増やす取り組み

農業は「国民に対する食料の安定的供給」という重要な役割を持つ産業です。しかし今の日本では、農業をめぐりさまざまな課題が存在します。


IoT展に登場した国産ドローンと新たな「視覚」

IoT展に登場した国産ドローンと新たな「視覚」

10月26日から幕張メッセで開催された「第二回 IoT/M2M展」の会場に、国産ドローンやドローンに搭載するセンサーカメラが登場した。空からのIoTを加速するドローンの最前線を取材した。(田中亘)


最新の投稿


試行錯誤公認(⁉)の「サンドボックス特区」導入でドローン普及を! 牧浦土雅氏が熱弁

試行錯誤公認(⁉)の「サンドボックス特区」導入でドローン普及を! 牧浦土雅氏が熱弁

 ドローンの普及にはルールの抵触を気にせずに試せる〝サンドボックス特区〟を|。社会活動家、社会起業家として知られる牧浦土雅氏が、幕張メッセ(千葉市)で開かれている国内最大のドローンカンファレンス「ジャパンドローン2017」のステージに登壇し〝日本版サンドボックス〟の導入の重要性について熱弁をふるった。


AirSelfie、ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラを発表

AirSelfie、ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラを発表

AirSelfie社は本日、スマートフォンと一体化する初めてのポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラ「AirSelfie」 (エアセルフィー) を発表した。同社ウェブサイト (airselfiecamera.com) において特別価格による予約受付を開始。


【基調講演】インテルが目指すドローンテクノロジーの未来

【基調講演】インテルが目指すドローンテクノロジーの未来

Japan Drone 2017に出席のため来日したインテルのアニール・ナンデュリ副社長が基調講演に23日、登壇した。米国で加速している取り組みを中心に、インテルが目指すドローンテクノロジーの未来について講演した。


長野県伊那市がドローンフェス in INA Valley の開催を発表 野生獣の検知(個体認証)にドローン活用

長野県伊那市がドローンフェス in INA Valley の開催を発表 野生獣の検知(個体認証)にドローン活用

長野県伊那市の白鳥孝市長は、日本最大のドローンの展示会「Japan Drone 2017」で平成29年10月18日から20日までの3日間、伊那市の鹿嶺高原(標高1,800m)で、野生獣の検知(個体認証)をミッションとする協議会を開催すると23日、発表した。


【基調講演】無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?

【基調講演】無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?

「ジャパン・ドローン2017」基調講演で、ロボティクス分野と無人航空機テクノロジー分野では世界の第一人者と言われるデンバー大学のK・バラバニス博士が登壇し「無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?」について講演した。