【慶大×田村市】ホバリングほぼOK! 船引高校で第2回ドローン特別講座

【慶大×田村市】ホバリングほぼOK! 船引高校で第2回ドローン特別講座

 福島県田村市と〝ドローン連携〟を締結した慶應義塾大学は11日、田村市にある県立船引高校で、第2回、特別講座を開催した。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの事務局長を務める南政樹政策・メディア研究科特任助教が、安全運航に必要な心構えを伝えたほか、ゲームを織り交ぜて、実技指導をした。


同校はまだ冬休み期間中だが、講座に登録している生徒のほとんどが出席し、腕を磨いた。
この日の特別講座空中で機体の位置を一定に保つホバリングや、前後進などの基本操作の確認からスタート。多くの生徒が難なくこなしており、昨年12月21日の第1回のさいに、操縦者の意志と異なる方向に飛んでいくドローンを追いかけていた姿とは一変し、ときおり落ちたり、コースをはずれたりすることはあるものの、慣れた手つきで浮かばせていた。
 習熟度を高めるため、基礎技術を活用するゲームも導入。体育館にあるゴミ箱をゴールにみたてて、一定の距離から操作して、ドローンをうまくいれたり、そのゴミ箱を逆さまに裏返して、上向きになった底の上にドローンをぴたりと降ろしたりして、得点を競い合った。

福島県立船引高校(田村市)で行われた、慶大による第2回ドローン特別講座では、ゴミ箱をゴールにみたててドローンをいれるゲームで操縦技術を磨いた=11日、福島県田村市の船引高校(村山繁撮影)

後半には、四角形を描くように操縦する「スクエア」や、円を描くようにとばす「サークル」に挑戦。最後には空撮ドローンで、撮影の体験もした。
 実技指導の間に、南氏は「できるようになった生徒は、までできていない生徒に、こうしたらいいのではあいか、と伝えてあげてほしい。それは、このあと後輩を指導する練習にもなる。田村市では、いまドローンを学んでいるみなさんが、指導役になる」と、生徒たちに期待をかけた。
 特別講座は今後、空撮、レース、地域課題解決といった、生徒たちがドローンで取り組みたい分野ごとにチームに分かれ、具体的な成果づくりに取り組む。
 講座の様子を見守っていた船引高校の櫻井克彦教頭は、「生徒の成長がめざましい。なによりも楽しそうに取り組んでいることが伝わってくる」と目を細めた。
 第3回の講座は1月20日に開催する予定だ。

特別講座はまだ2回目だが、自分で飛ばしたドローンを手で受け止める操作はこなせる生徒も出てきて、教員も「成長が著しい」と目を細めた=11日、福島県田村市の船引高校

この記事のライター

関連する投稿


慶大SFC、オープンキャンパス模擬授業で「ドローン」 古谷教授が40分熱演&熱弁

慶大SFC、オープンキャンパス模擬授業で「ドローン」 古谷教授が40分熱演&熱弁

 慶應義塾大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム代表の古谷知之総合政策学部教授が、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で開かれたオープンキャンパスで、来場した将来の学生や同伴者向けにドローンに関する模擬授業を行った。ドローンの可能性や、研究の役割などについて約40分間熱弁し、会場を魅了した。


【慶大×田村市】特別講座第2期開講!「田村をドローンの聖地に」 1年生7人が新加入

【慶大×田村市】特別講座第2期開講!「田村をドローンの聖地に」 1年生7人が新加入

 慶應義塾大学と〝ドローン協定〟を結んでいる福島県田村市は6月10日、市内の県立船引高校生を対象に開講している「ドローン特別講座」の第2期開講式を田村市役所で開いた。受講生に1年生7人が新たに加入。先輩から操縦法を身に付け、利活用を学ぶ。慶大と市は特別講習を核に、同市を「ドローンの聖地」に定着させる取り組みを展開する。


【慶大×田村市】ドローン講座の成果は? 6月10日に注目の「成果発表会」! 生徒が発表、ササモモさんも講演!

【慶大×田村市】ドローン講座の成果は? 6月10日に注目の「成果発表会」! 生徒が発表、ササモモさんも講演!

 慶應義塾大学と〝ドローン協定〟を結んでいる福島県田村市は、市内にある県立船引高校生を対象に開講している「ドローン特別講座」の「成果発表会」と、新年度特別講座の開講式を6月10日(土)、田村市役所内で実施すると発表した。ドローン普及活動を展開している「ドローン女子」代表のササモモさんも講演する。観覧は無料。


【慶大×田村市】船引高生、見ごろの桜を空撮 トイドローンで磨いた腕で自在に操縦

【慶大×田村市】船引高生、見ごろの桜を空撮 トイドローンで磨いた腕で自在に操縦

 慶大とドローンの利活用に関わる包括連携協定を結んでいる福島県田村市で、市内にある県立船引高校の生徒がドローンで、ちょうど見ごろを迎えた桜の撮影にのぞんだ。2本の大きなしだれ桜が目を引く万福寺で慣れた手つきでドローンをフライトさせた。


【慶大×田村市】船引高ドローン講座ついに修了式! 「経験を進学や就職の武器に!」

【慶大×田村市】船引高ドローン講座ついに修了式! 「経験を進学や就職の武器に!」

 慶應義塾大学が〝ドローン連携〟の一貫として取り組んできた福島県立船引高校(福島県田村市)でのドローン特別講座は3月18日、第6回の講座を開催し、予定していた一連の講座を修了した。参加した31人は、高校でドローンを学ぶという全国的にも珍しい経験を武器に、これからのキャリアをデザインすることになる。


最新の投稿


PwCコンサルティングがドローンビジネス 2017セミナーを開催

PwCコンサルティングがドローンビジネス 2017セミナーを開催

PwCあらた有限責任監査法人は、都内で「ドローンビジネス 2017~テクノロジー、ビジネス、規制 最新情報~」と題するセミナーを開催した。今年で2回目となる同社のセミナーは、前回を上回る来場者となり産業用ドローンへの注目度の高さが伺われた。


ドローンによる水難救助 災害対策建設協会JAPAN47 神奈川支部が公開実証実験を開催

ドローンによる水難救助 災害対策建設協会JAPAN47 神奈川支部が公開実証実験を開催

一般社団法人 災害対策建設協会JAPAN47(ジャパンフォーセブン)神奈川支部は、 ドローンによる水難救助の公開実証実験を本格的な海水浴シーズンを前にした6月27日、神奈川県藤沢市の片瀬海岸で開催した。


ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

株式会社CLUEは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が公募した事業「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」において、研究開発テーマ「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」として採択された。



「JAPAN DRONE NATIONALS 2017 IN SENDAI」7/1~2

「JAPAN DRONE NATIONALS 2017 IN SENDAI」7/1~2

ゼビオアリーナ仙台にて開催