【慶大×田村市】ホバリングほぼOK! 船引高校で第2回ドローン特別講座

【慶大×田村市】ホバリングほぼOK! 船引高校で第2回ドローン特別講座

 福島県田村市と〝ドローン連携〟を締結した慶應義塾大学は11日、田村市にある県立船引高校で、第2回、特別講座を開催した。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの事務局長を務める南政樹政策・メディア研究科特任助教が、安全運航に必要な心構えを伝えたほか、ゲームを織り交ぜて、実技指導をした。


同校はまだ冬休み期間中だが、講座に登録している生徒のほとんどが出席し、腕を磨いた。
この日の特別講座空中で機体の位置を一定に保つホバリングや、前後進などの基本操作の確認からスタート。多くの生徒が難なくこなしており、昨年12月21日の第1回のさいに、操縦者の意志と異なる方向に飛んでいくドローンを追いかけていた姿とは一変し、ときおり落ちたり、コースをはずれたりすることはあるものの、慣れた手つきで浮かばせていた。
 習熟度を高めるため、基礎技術を活用するゲームも導入。体育館にあるゴミ箱をゴールにみたてて、一定の距離から操作して、ドローンをうまくいれたり、そのゴミ箱を逆さまに裏返して、上向きになった底の上にドローンをぴたりと降ろしたりして、得点を競い合った。

福島県立船引高校(田村市)で行われた、慶大による第2回ドローン特別講座では、ゴミ箱をゴールにみたててドローンをいれるゲームで操縦技術を磨いた=11日、福島県田村市の船引高校(村山繁撮影)

後半には、四角形を描くように操縦する「スクエア」や、円を描くようにとばす「サークル」に挑戦。最後には空撮ドローンで、撮影の体験もした。
 実技指導の間に、南氏は「できるようになった生徒は、までできていない生徒に、こうしたらいいのではあいか、と伝えてあげてほしい。それは、このあと後輩を指導する練習にもなる。田村市では、いまドローンを学んでいるみなさんが、指導役になる」と、生徒たちに期待をかけた。
 特別講座は今後、空撮、レース、地域課題解決といった、生徒たちがドローンで取り組みたい分野ごとにチームに分かれ、具体的な成果づくりに取り組む。
 講座の様子を見守っていた船引高校の櫻井克彦教頭は、「生徒の成長がめざましい。なによりも楽しそうに取り組んでいることが伝わってくる」と目を細めた。
 第3回の講座は1月20日に開催する予定だ。

特別講座はまだ2回目だが、自分で飛ばしたドローンを手で受け止める操作はこなせる生徒も出てきて、教員も「成長が著しい」と目を細めた=11日、福島県田村市の船引高校

この記事のライター

関連する投稿


「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

 慶應義塾大学と包括的な連携協定を結んでいる福島県田村市は3月20日、ドローンによる産業創出、地域活性化を目指す「ドローンコンソーシアムたむら」の設立総会を田村市役所で開催した。地域主体のドローンの活動組織は前例がなく、各層から話題を集めそうだ。


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。


【慶大×田村市】福島県田村市の皮籠石副市長がDroneTimes来訪! 野外フェスで掲示した幟と一緒に記念撮影

【慶大×田村市】福島県田村市の皮籠石副市長がDroneTimes来訪! 野外フェスで掲示した幟と一緒に記念撮影

 ドローンを活用した地域活性化に取り組む福島県田村市の皮籠石直征副市長が1月30日、東京・大手町のDroneTimesのオフィスを訪ねて頂きました。2017年9月に同市で開催された野外音楽フェス「ONE+NATION music circus in TAMURA」で掲示したDroneTimesの名前入り幟を頂いたところ


【慶大×田村市】船引高校に小高産業技術高校生が訪問 手作りカリキュラムで交流の輪

【慶大×田村市】船引高校に小高産業技術高校生が訪問 手作りカリキュラムで交流の輪

慶大がドローン連携協定を結んでいる福島県田村市で12月3日、地元の県立船引高校に、福島県南相馬市にある県立小高産業技術高校の生徒が訪問し、ドローンの交流が実現した。扱い方の始動を受けてきた船引高校の生徒は、90分にわたり、学んできた経験やコツを伝授した。


【慶大×田村市】総合防災訓練でドローン高校生躍動 市民から「すごいね~」と感心の声

【慶大×田村市】総合防災訓練でドローン高校生躍動 市民から「すごいね~」と感心の声

 平成29年度田村市総防災訓練が10月1日、同市常葉(ときわ)地区で開催され、同市の防災訓練として初めてドローンが導入された。慶大の指導を受けた同市消防団や、福島県立船引高校の生徒が参加し、市民から「すごいね」「たのもしい」の声があがるなど、存在感を示した。


最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。