【慶大×田村市】ホバリングほぼOK! 船引高校で第2回ドローン特別講座

【慶大×田村市】ホバリングほぼOK! 船引高校で第2回ドローン特別講座

 福島県田村市と〝ドローン連携〟を締結した慶應義塾大学は11日、田村市にある県立船引高校で、第2回、特別講座を開催した。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの事務局長を務める南政樹政策・メディア研究科特任助教が、安全運航に必要な心構えを伝えたほか、ゲームを織り交ぜて、実技指導をした。


同校はまだ冬休み期間中だが、講座に登録している生徒のほとんどが出席し、腕を磨いた。
この日の特別講座空中で機体の位置を一定に保つホバリングや、前後進などの基本操作の確認からスタート。多くの生徒が難なくこなしており、昨年12月21日の第1回のさいに、操縦者の意志と異なる方向に飛んでいくドローンを追いかけていた姿とは一変し、ときおり落ちたり、コースをはずれたりすることはあるものの、慣れた手つきで浮かばせていた。
 習熟度を高めるため、基礎技術を活用するゲームも導入。体育館にあるゴミ箱をゴールにみたてて、一定の距離から操作して、ドローンをうまくいれたり、そのゴミ箱を逆さまに裏返して、上向きになった底の上にドローンをぴたりと降ろしたりして、得点を競い合った。

福島県立船引高校(田村市)で行われた、慶大による第2回ドローン特別講座では、ゴミ箱をゴールにみたててドローンをいれるゲームで操縦技術を磨いた=11日、福島県田村市の船引高校(村山繁撮影)

後半には、四角形を描くように操縦する「スクエア」や、円を描くようにとばす「サークル」に挑戦。最後には空撮ドローンで、撮影の体験もした。
 実技指導の間に、南氏は「できるようになった生徒は、までできていない生徒に、こうしたらいいのではあいか、と伝えてあげてほしい。それは、このあと後輩を指導する練習にもなる。田村市では、いまドローンを学んでいるみなさんが、指導役になる」と、生徒たちに期待をかけた。
 特別講座は今後、空撮、レース、地域課題解決といった、生徒たちがドローンで取り組みたい分野ごとにチームに分かれ、具体的な成果づくりに取り組む。
 講座の様子を見守っていた船引高校の櫻井克彦教頭は、「生徒の成長がめざましい。なによりも楽しそうに取り組んでいることが伝わってくる」と目を細めた。
 第3回の講座は1月20日に開催する予定だ。

特別講座はまだ2回目だが、自分で飛ばしたドローンを手で受け止める操作はこなせる生徒も出てきて、教員も「成長が著しい」と目を細めた=11日、福島県田村市の船引高校

この記事のライター

関連する投稿


【慶大×田村市:ドローン日記】石井さん、「笑顔になれる、いい作品を作りたい」

【慶大×田村市:ドローン日記】石井さん、「笑顔になれる、いい作品を作りたい」

2017年2月14日  こんにちは、船引高校の石井新一です。ドローンに触れて2か月がたちますが、ドローンが手だけでなく、頭も使うものだ、ということを改めて感じています。


【慶大×田村市】校庭でファントムを操作! 南先生から大切なメッセージも・・・

【慶大×田村市】校庭でファントムを操作! 南先生から大切なメッセージも・・・

 慶應義塾大学との〝ドローン連携〟の一環で進められている、福島県立船引高校でのドローン特別講座は2月8日、第4回を開催し、生徒たちが初めて、DJIの主力機、「ファントム3」「ファントム4」を操作した。チームによっては、屋外でも操作を体験。ミニドローンでトレーニングを積んできた生徒達は、DJIの安定性に目を輝かせた。


【慶大×田村市:ドローン日記】「撮影の前に、企画書を作る」

【慶大×田村市:ドローン日記】「撮影の前に、企画書を作る」

 こんにちは、石井新一です。先日は通学している福島県立船引高校のドローン特別講座に参加して、初めてドローンに触れたときの様子を書きました。今回は、1月20日に行われた3回目の講座について書きたいと思います。


【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

 福島県田村市の県立船引高等学校(伊豆幸男校長)2年生、石井新一さん(写真中央)が、慶應大学が指導する「ドローン特別講座」に参加した感想を、日記にまとめてくれました。昨年12月にスタートした講座は、現在、基礎練習から、空撮、レース、地域課題解決に分かれ、専門のトレーニングにさしかかっています。


【慶大×田村市】レース、空撮、地域課題… 船引高ドローン講座、第2フェーズに

【慶大×田村市】レース、空撮、地域課題… 船引高ドローン講座、第2フェーズに

 慶應義塾大学からドローンの指導を受けている福島県立船引高校の特別講座が20日、新たなフェーズに入った。レース、空撮、地域課題の3チームに分かれ、これまでの基礎知識や基礎練習を、実践で活用していくことになる。


最新の投稿


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。


福島・南相馬市、楽天と連携協定 ドローンを活用した物流システム構築など目指す

福島・南相馬市、楽天と連携協定 ドローンを活用した物流システム構築など目指す

 福島県南相馬市は2月16日、楽天と包括連携協定に調印したと発表した。協定の内容は、ドローンを活用した物流シシテムの構築など8項目で、今後、具体化される見通しだ。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(1) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(1) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮を専門に扱う有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏は、国際航空連盟が開催するF3Aというラジコン飛行機の競技会にも参加したことがある腕前の持ち主。不動産業からドローン産業へと転身した経歴を聞いた。