パシフィックネット、ソーラーモジュールIR検査サービス『ドローンアイ』を提供開始

パシフィックネット、ソーラーモジュールIR検査サービス『ドローンアイ』を提供開始

クラウドとのコンビネーションにより短時間で制度の高い検査が可能に


ITファイナンス(法人向けIT機器のレンタル)およびITセキュリティ、IT機器リユース等の各サービスを全国8拠点で展開する株式会社パシフィックネット(本社:東京都港区 代表取締役:上田 満弘 以下、当社)は、2017年1月より、ドローンによる太陽光発電所のソーラーモジュールIR検査サービス『ドローンアイ』の提供を開始しました。…この記事の続きを読む

情報提供元:@Press
https://www.atpress.ne.jp/news/119520

この記事のライター

関連する投稿


エナジー・ソリューションズ 「DroneEye」によるソーラーモジュールの赤外線検査の新しい事業モデル

エナジー・ソリューションズ 「DroneEye」によるソーラーモジュールの赤外線検査の新しい事業モデル

 「BCNフォーラム」のセッションで、エナジー・ソリューションズの森上寿生社長が登壇して「ドローン&クラウドを活用したソーラーモジュール赤外線検査サービス」と題して講演。ドローンを用いたビジネスの実例という観点から、同社が提供するサービス「DroneEye(ドローンアイ)」を紹介した。


赤外線検査「ドローンアイ」の提供を開始 エナジー・ソリュ-ションズ、9月12日に

赤外線検査「ドローンアイ」の提供を開始 エナジー・ソリュ-ションズ、9月12日に

エナジー・ソリューションズ株式会社は、ドローン&クラウドソーラーモジュール IR 検査サービス「ドローンアイ」の提供を 9 月 12 日より開始した。


最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。