パシフィックネット、ソーラーモジュールIR検査サービス『ドローンアイ』を提供開始

パシフィックネット、ソーラーモジュールIR検査サービス『ドローンアイ』を提供開始

クラウドとのコンビネーションにより短時間で制度の高い検査が可能に


ITファイナンス(法人向けIT機器のレンタル)およびITセキュリティ、IT機器リユース等の各サービスを全国8拠点で展開する株式会社パシフィックネット(本社:東京都港区 代表取締役:上田 満弘 以下、当社)は、2017年1月より、ドローンによる太陽光発電所のソーラーモジュールIR検査サービス『ドローンアイ』の提供を開始しました。…この記事の続きを読む

情報提供元:@Press
https://www.atpress.ne.jp/news/119520

この記事のライター

関連する投稿


エナジー・ソリューションズ 「DroneEye」によるソーラーモジュールの赤外線検査の新しい事業モデル

エナジー・ソリューションズ 「DroneEye」によるソーラーモジュールの赤外線検査の新しい事業モデル

 「BCNフォーラム」のセッションで、エナジー・ソリューションズの森上寿生社長が登壇して「ドローン&クラウドを活用したソーラーモジュール赤外線検査サービス」と題して講演。ドローンを用いたビジネスの実例という観点から、同社が提供するサービス「DroneEye(ドローンアイ)」を紹介した。


赤外線検査「ドローンアイ」の提供を開始 エナジー・ソリュ-ションズ、9月12日に

赤外線検査「ドローンアイ」の提供を開始 エナジー・ソリュ-ションズ、9月12日に

エナジー・ソリューションズ株式会社は、ドローン&クラウドソーラーモジュール IR 検査サービス「ドローンアイ」の提供を 9 月 12 日より開始した。


最新の投稿


【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

オリジナル商品を含めPCパーツを幅広く取り扱うPCパーツの総合サプライヤーのCFD(シー・エフ・デー)販売は、 ロボデックス2018で国内初となるエアロセンスのドローン販売を開始した。


世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

米国ReporLinker(レポートリンカー)社は、市場調査レポートでUAV市場は2017年の178億ドルから2023年には489億ドル(約5.4兆円)に成長するとの予測を発表した。


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

オーダーメイドでドローン製作に対応する株式会社日本サーキット(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:酒井哲広、以下J DRONE)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、DJI Mavic Proをはじめとした、各種の改造型ドローンを展示していた。