Ambarella、VRやドローン搭載カメラに適した8KウルトラHD映像処理用SoCを発表 CES2017で展示

Ambarella、VRやドローン搭載カメラに適した8KウルトラHD映像処理用SoCを発表 CES2017で展示

1月5日、Ambarellaがホームページ上で新しいSoCを発表した。Ambarellaは画像・動画処理を専門とする企業だ。同社の技術は、ウェアラブルカメラや車載用カメラに利用されている。


今回Ambarellaが発表したのは、VRとドローン用カメラでの利用に適した8KウルトラHD映像の処理が可能なH3 SoCである。…この記事の続きを読む

情報提供元:VRInside
https://www.ambarella.com/news/104/74/Ambarella-Introduces-8K-Ultra-HD-SoCs-for-Virtual-Reality-and-Drone-Cameras

この記事のライター

関連するキーワード


Ambarella SoC

最新の投稿


テキサス・インスツルメンツ(TI)、クワッドコプターや産業用ドローンの飛行時間と電池動作時間を延長する新型テクノロジを発表

テキサス・インスツルメンツ(TI)、クワッドコプターや産業用ドローンの飛行時間と電池動作時間を延長する新型テクノロジを発表

日本テキサス・インスツルメンツは、小包の運送、探査や、長距離の通信とアシストに使われるクワッドコプター、その他非軍事用の民生および産業用ドローンの飛行時間と電池動作時間の延長に役立つ、回路ベースのサブシステム・リファレンス・デザイン2種類を発表した。


ドローン複合施設「ライオンズファシリティ」でイベント・講習会・検定を開始

ドローン複合施設「ライオンズファシリティ」でイベント・講習会・検定を開始

ライオンズフィルム株式会社は、墨田区立川に、東京23区内初のドローンフライト練習場と体験型ショールーム・カフェバーが一つになった複合施設『ライオンズファシリティ』でドローンに関するイベント・講習会・検定を2017年1月に開始すると発表。


レースの練習にはピッタリ! 壁に激突、水に落ちても、車で轢いても壊れないドローン「Nimbus 195」

レースの練習にはピッタリ! 壁に激突、水に落ちても、車で轢いても壊れないドローン「Nimbus 195」

クラッシュを気にすることなく、思いっきりレースの練習ができるドローンが欲しい…。「Nimbus 195」は、そんな願いを叶えるめっちゃくちゃ丈夫なレース用ドローンです。


気圧センサー搭載で高度自動維持がスムーズなドローン「cocoon」ジーフォースから1月20日発売開始

気圧センサー搭載で高度自動維持がスムーズなドローン「cocoon」ジーフォースから1月20日発売開始

気圧センサーが操縦をアシスト。Wi-Fiカメラ内蔵、自動でホバリング、高度自動維持機能搭載のドローン「cocoon」をジーフォースが1月20日発売開始


セキド、ドローンライブ配信セミナー in 東京 1月26日開催決定

セキド、ドローンライブ配信セミナー in 東京 1月26日開催決定

ドローンは保有しているものの活用方法がよくわからないという企業・法人に対し、ドローンを業務(特に災害対策やインフラ設備の保守点検)に有効活用するソリューションを提案するイベント「ドローンライブ配信セミナー in 東京」をセキドが1月26日に開催する。