ドローン空撮による映像作品コンテスト「Drone Movie Contest 2017」開催

ドローン空撮による映像作品コンテスト「Drone Movie Contest 2017」開催

デジタルハリウッドが運営をする「Digital Hollywood Robotics Academy」では、 昨年に引き続き「Drone Movie Contest 2017」を開催する。このコンテストは、 ドローンで空撮映像作品を対象とし、3月の「Japan Drone 2017」の企画の一つとして開催される。


 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社は、 2015年11月に開校した「Digital Hollywood Robotics Academy」は、 昨年に引き続き「Drone Movie Contest 2017」を開催する。
 このコンテストは、 ドローンで撮影した映像作品を対象としたもので、「Japan Drone 2017」の企画の一つとして開催される。 ドローン空撮映像の新しい可能性を示していくことを目指し、各方面から映像作品を募る。
 本コンテストの応募締め切りは、 2017年2月26日迄となっております。

 昨年開催をした「Drone Movie Contest2016」では、 初めての開催にも関わらず多数の作品応募があり、今年もも引き続き開催することとなった。
 昨年は空撮や測量など産業分野でのドローンの利活用への期待が広がった一方で、 ドローンによる事故が未だ絶えないのも事実。 ドローンが社会的な価値を発揮していくためには、 安全な運行体制を整備したうえで、 ポジティブな事例を増やしていくことが必要と考えている。

 このコンテストの3つのポイント。

 1点目は安全運航体制。
 航空法や電波法、 道路交通法、 各種ガイドラインなど、 国内の法制度を守ったうえで、 安全に飛行させた状態での撮影が必要になること。 海外で撮影された映像の場合は、 現地の法制度に基づいて撮影が行われている必要がある。 危険な撮影が行われた場合は、 審査の対象外となる。

 2点目は、 ジャンルは問わないということ。
 審査のために、 映像は3分以内で、 映像の50%以上をドローンで撮影すること、 という基準は設けあるが、 応募者の自由な発想を促すために、 ジャンルは設定していない。

 3点目は、 ドローンやエンターテイメント産業の実務経験者を中心に審査を行うこと。
 審査委員長は昨年に引き続き、 デジタルハリウッド大学の杉山知之学長が務め、 豊富なフライト経験のある企業や国際的なドローンメーカーである企業のご担当者らが審査委員になる。
  投稿された映像作品を審査委員会が審査し、 ファイナリスト・入賞者の選考を行う。

【募集要項】

■対象:
・ドローンで空撮した3分以内の動画作品を審査対象とする。
・作品時間の50%以上をドローンで撮影している。


■審査基準:
・JUIDAの安全ガイドラインを満たした撮影を行っている。
・映像作品としての芸術性や、 技術的な先進性などを審査ポイントとする。 作品のジャンルは問わない。
 差別的な表現や、 危険な撮影手法などがある作品は審査の対象外とする。

■審査プロセス:
・作品投稿(2017年1月上旬~2月下旬)
 YouTube等の動画投稿サービスに作品を投稿(パスワード設定または限定公開設定)。
 ウェブサイトの応募フォームにURLとともに連絡先などを記載して添付。

・予備審査(2017年2月末~3月上旬)
 審査基準を満たしているか事務局で予備審査。

・作品審査会(2017年3月上旬)
 審査委員がファイナリスト作品を選定。

・ファイナリスト発表(2017年3月上旬)
 上位作品(5作品前後)をファイナリスト作品としてウェブサイトで発表。

・授賞式(2017年3月23日)
 Japan Drone 2017の特設ステージで入賞者を発表。

審査委員(予定):
デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー 学長 杉山知之
有限会社レイブプロジェクト 代表取締役 請川博一様
DJI JAPAN株式会社 映像ディレクター 熊田雄俊様
ロボティクスアカデミーカリキュラム監修 株式会社Dron é motion

応募・過去の受賞作品については下記よりご覧下さい。
公式ウェブサイト: http://www.dhw.co.jp/robotics/contest/

審査委員(予定):
デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー 学長 杉山知之
有限会社レイブプロジェクト 代表取締役 請川博一様
DJI JAPAN株式会社 映像ディレクター 熊田雄俊様
ロボティクスアカデミーカリキュラム監修 株式会社Dron é motion

応募・過去の受賞作品については下記よりご覧下さい。
公式ウェブサイト: http://www.dhw.co.jp/robotics/contest/

この記事のライター

関連する投稿


Drone Movie Contest 2017 グランプリ発表!

Drone Movie Contest 2017 グランプリ発表!

 日本最大のドローンの展示会「Japan Drone 2017 」で開幕初日となる23日、第2回 Drone Movie Contest 2017の受賞作品が発表され、受賞式が行われた。グランプリは佐々木光洋さんの「Kanlaon Volcano(Canlaon) Aerial Shoot」に輝いた。


Japan Drone 2017 Meetup(ドローン交流会)を開催 3月24日渋谷

Japan Drone 2017 Meetup(ドローン交流会)を開催 3月24日渋谷

ドローン業界最大級のミートアップイベントを、「Japan Drone 2017」の会期中の3月24日(金)の夜に渋谷で開催。


ドローンが暴き出す「不平等」な風景 写真家ジョニー・ミラー

ドローンが暴き出す「不平等」な風景 写真家ジョニー・ミラー

まるで定規で引いた線によって分けられているかのように表情が異なる2つの地域。片方は綺麗に整備された家が立ち並び、もう片方はスラムのように掘立小屋がひしめき合う。ドローンが上空から写し出す風景は、アフリカにいまだ残る経済格差を鮮やかに可視化する。


「桜。旅立つ君へ。」ーDJIによるドローン空撮物語

「桜。旅立つ君へ。」ーDJIによるドローン空撮物語

桜。この季節になる度に思い出すものはありますか?別れ、旅立ち、そして新たな出会い。この動画は、DJIがお送りするとある春の物語。


妙義山(群馬県) DJI phantom4で4K空撮

妙義山(群馬県) DJI phantom4で4K空撮

群馬県の妙義山。撮って出しです。


最新の投稿


試行錯誤公認(⁉)の「サンドボックス特区」導入でドローン普及を! 牧浦土雅氏が熱弁

試行錯誤公認(⁉)の「サンドボックス特区」導入でドローン普及を! 牧浦土雅氏が熱弁

 ドローンの普及にはルールの抵触を気にせずに試せる〝サンドボックス特区〟を|。社会活動家、社会起業家として知られる牧浦土雅氏が、幕張メッセ(千葉市)で開かれている国内最大のドローンカンファレンス「ジャパンドローン2017」のステージに登壇し〝日本版サンドボックス〟の導入の重要性について熱弁をふるった。


AirSelfie、ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラを発表

AirSelfie、ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラを発表

AirSelfie社は本日、スマートフォンと一体化する初めてのポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラ「AirSelfie」 (エアセルフィー) を発表した。同社ウェブサイト (airselfiecamera.com) において特別価格による予約受付を開始。


【基調講演】インテルが目指すドローンテクノロジーの未来

【基調講演】インテルが目指すドローンテクノロジーの未来

Japan Drone 2017に出席のため来日したインテルのアニール・ナンデュリ副社長が基調講演に23日、登壇した。米国で加速している取り組みを中心に、インテルが目指すドローンテクノロジーの未来について講演した。


長野県伊那市がドローンフェス in INA Valley の開催を発表 野生獣の検知(個体認証)にドローン活用

長野県伊那市がドローンフェス in INA Valley の開催を発表 野生獣の検知(個体認証)にドローン活用

長野県伊那市の白鳥孝市長は、日本最大のドローンの展示会「Japan Drone 2017」で平成29年10月18日から20日までの3日間、伊那市の鹿嶺高原(標高1,800m)で、野生獣の検知(個体認証)をミッションとする協議会を開催すると23日、発表した。


【基調講演】無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?

【基調講演】無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?

「ジャパン・ドローン2017」基調講演で、ロボティクス分野と無人航空機テクノロジー分野では世界の第一人者と言われるデンバー大学のK・バラバニス博士が登壇し「無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?」について講演した。