<農業の未来を創造しよう>第2回「ドロンソン」開催 今回のテーマは「ドローン×農業」

<農業の未来を創造しよう>第2回「ドロンソン」開催 今回のテーマは「ドローン×農業」

ドローンの利活用を考える「第2回ドロンソン」が、1月21日、秋田市にぎわい交流館AUで開催される。 午前中は入場無料の「ドローン de UFOキャッチャー」ブースを用意し、子供から大人までドローンの操縦を楽しんでもらう。 午後からは参加者同士がチームになり、 ドローンの活用方法を考えるアイディアソンを実施する。


 ドローンの啓発活動を行う株式会社skyerは、「世の中はドローンでもっと楽しくなる!」を提供するドロンソン運営事務局を2016年12月に開設。 第1回目は昨年、「クリスマス×ドローン=wktkクリスマス(ハート)」をテーマに開催した。
 当日参加を含め約20名の親子がドローンの操縦体験やワークショップを楽しみ、審査員長には秋田県仙北市の門脇市長も駆けつけた。

 今回のテーマは「ドローン × 農業」全国市町村・事業者の農業業務での課題を募集し、 解決策を様々な視点から検討します。
 午前中は入場無料のドローン操縦体験会ブースを設置。 午後からは参加者同士がチームとなりドローンの活用方法を考えるアイディアソンを実施する。 優秀なアイデアを出したチームには豪華賞品を用意している。 また選抜されたアイデアを実現させるために、 運営事務局がプロジェクト立ち上げを全面にサポートするという。

【開催概要】
開催日程:2017年1月21日(土)
開催時間:13時00分 - 16時30分( 開場:10時00分 )
※当日は開場時間から同会場でドローン体験会を開催。だれでも自由に参加できる。

□ 参加方法
ドロンソンは「事前登録制」となっていて。 参加申込は下記の公式サイトからできる。
http://dronethon.net/  (応募締め切り 1月15日23:59まで)

□ 当日の開催スケジュール
【第1部】 10:00 開場 ドローン操縦体験会「ドローン de UFOキャッチャー」-好きなお菓子をゲットしよう-
【第2部】 13:00-16:30 第2回ドロンソン

□ 賞品:《最優秀賞》 豪華賞品を用意

□ 会場:秋田市にぎわい交流館AU(あう)2階 アート工房

□ 定員:30名

□ 参加費
- 事前登録制 - 当日現金精算
男性:3,000円/1人(税込)
女性:2,000円/1人(税込)
学生:無料(要学生証)
※各種割引あり
家族割:1,000円/1人(税込)
カップル割:1,000円/1人(税込)※性別不問
シルバー割:1,000円/1人(税込)※60歳以上

□ 主催
株式会社skyer
ドロンソン運営事務局
http://dronethon.net/

□ ドロンソンとは
ドロンソンは「ドローン」と「アイデアソン」を組み合わせた造語であり、 ある特定のテーマについて参加者の皆さまがドローンの活用方法を話し合い、 自由にアイデアを出し合うプログラムです。
こちらのプログラムでは、 分野を問わず、 様々な世代・年代・性別・職種で構成された皆さまがチームを組むことにより、 より幅広いアイデアを生み出す”場”を提供いたします。 より良いアイデア創出のために以下のコンテンツを用意しております。
・操縦体験会アイデアソンの前にはドローンの操縦体験の場を用意。
実際に触ってイメージが膨らむ土台作りをします。
・インプットセミナー:テーマに関する知識を学ぶ場参加者が初めて知るテーマでも、 専門家からテーマに関する知識や情報を学び、 アイデア出しを効果的に行うことができます。
・アイデアWS:質より量!数多くアイデアを出した上で絞り込み!!コミュニケーションツールやブレインストーミングなどの手法を用いて、 幅広いアイデア出しのスキルを習得します。

この記事のライター

関連する投稿


【東京で地方創生を考える】ドローンの利活用方法をみんなで考える第3回「ドロンソン」が東京都内で初開催

【東京で地方創生を考える】ドローンの利活用方法をみんなで考える第3回「ドロンソン」が東京都内で初開催

「東京で地方創生を考える」第3回ドロンソンが2月25日(土)東京都内で初開催。 ドローン体験会や参加者同士がチームになり、ドローンの利活用方法を考えるドロンソンを実施する。 これまでの最大規模の40名でドローンと地方の未来を考える。


ドローンの利活用方法をみんなで考える「ドロンソン」が秋田県で初開催

ドローンの利活用方法をみんなで考える「ドロンソン」が秋田県で初開催

今年のクリスマスはドローンで盛り上げます。 12月24日に秋田市にぎわい交流館AUにて「第1回ドロンソン」が開催される。 今回のテーマは「クリスマス×ドローン」。


最新の投稿


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。


福島・南相馬市、楽天と連携協定 ドローンを活用した物流システム構築など目指す

福島・南相馬市、楽天と連携協定 ドローンを活用した物流システム構築など目指す

 福島県南相馬市は2月16日、楽天と包括連携協定に調印したと発表した。協定の内容は、ドローンを活用した物流シシテムの構築など8項目で、今後、具体化される見通しだ。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(1) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(1) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮を専門に扱う有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏は、国際航空連盟が開催するF3Aというラジコン飛行機の競技会にも参加したことがある腕前の持ち主。不動産業からドローン産業へと転身した経歴を聞いた。