ドローンコラム: 過疎地の“買い物弱者”を救え! 夢と笑顔運ぶドローン

ドローンコラム: 過疎地の“買い物弱者”を救え! 夢と笑顔運ぶドローン

 ドローンが、ほしいものを自宅まで届けてくれる、そんな日が近づいている。外出が難しい高齢者や障害者、近所にスーパーやコンビニエンスストアがない過疎地の住民といった“買い物弱者”の問題を解決するための実証実験が各地で始まっている。


 人が操作しなくても空を飛ぶことができる性能を備えた無人小型航空機、ドローンが、ほしいものを自宅まで届けてくれる。そんな日が近づいている。外出が難しい高齢者や障害者、近所にスーパーやコンビニエンスストアがない過疎地の住民といった“買い物弱者”の問題を解決するための実証実験が各地で始まっている。誰も排除されることのないインクルーシブ社会の実現に向け、ドローンへの期待は大きい。

 「ちゃんと入ってるね」

 海のそばの原っぱに置かれた箱を開け、注文した洗濯用の液体洗剤、固形洗剤、洗濯ネットが入っていることを確認して、中山結さん(40)は、娘の泉ちゃん(5)と見つめ合った。箱は対岸からドローンが運んできた。
 仕事を終えた機体が対岸に戻るのを見送りながら、中山さんは「こんなふうに買い物がいつでもできれば、便利になりますね」と笑った。

地元の利用者はドローンで届けられた荷物を無事に受け取った。

 電子制御で機体自身が自分の位置や目的地を判断して飛行するドローンを使って買い物代行をする実験が昨年11月15日、国家戦略特区に指定されている福岡市の博多湾に浮かぶ能古島(のこのしま)で行われた。
 実験はNTTドコモ、ドローンメーカーのエンルート(埼玉県)、御用聞きなどの生活支援サービスを提供するMIKAWAYA21(東京都)が実施。4年前に市街地から引っ越してきた中山さん親子と、生まれてからずっと島に住む関敏巳さん(78)が参加し、使い勝手を確かめた。
 島から注文した荷物をドローンが運ぶ。2度の実験のうち1度は成功したが、もう1度は風にあおられて荷物を降ろすためのロープがドローンの回転翼にからまり失敗した。
 様子を見届けた関さんは「悪天候の時にこそ頼りにしたい」と、さらなる改善を期待した。
 課題は多い。天候の影響、運べる重さや距離、安全のための規制との折り合い、バッテリー、住民の警戒心…。
 それでも、ドローンには官民をあげて夢を託す。安倍晋三首相は平成27年11月、閣僚や企業経営者が出席した「官民対話」の会合で、ドローンを使った荷物配送の「3年以内の実現」を表明した。
 経済産業省は、買い物弱者は26年時点で全国に700万人いると推計する。高齢化、過疎化の進展でさらに増えるのは間違いない。
 実験に参加したMIKAWAYA21の青木慶哉社長は「まずは第一歩。今日見た住民の笑顔を全国に広げたい」と話す。
 実験は福岡市以外でも、国家戦略特区の千葉市やドローン推進室を設け、町おこしに取り組む徳島県那賀町などでも行われている。
 夢も運び、多くの人の暮らしを豊かにしてくれるドローンの挑戦は、これから本格化する。
 産経新聞社は、ドローン専門サイト「Dronetimes(ドローンタイムズ)」=を通じて、最新の情報を配信しています。
 配信内容は新製品情報、キーパーソンのインタビュー、農業、建設業などドローンを活用している産業の動き、法律や規制の動向、業界団体の取り組み、空撮動画、ドローンレースなどのイベント情報と、多岐にわたっています。
 より多くの人たちがドローンへの理解と愛着を深め、ドローンが人々の幸せに寄与することを願っています。趣味、事業、研究開発でドローンに関わっている方、活用を検討している方、最近ちょっと気になり始めた方、ぜひ、気軽にのぞいてみてください。

 URLはhttps://www.dronetimes.jp/。情報提供や問い合わせは、contact@dronetimes.jpまで。

この記事のライター

関連する投稿


広島大などがドローンを活用した血液検体などの搬送技術を開発へ

広島大などがドローンを活用した血液検体などの搬送技術を開発へ

 広島大学医学部(救急集中治療医学)の貞森拓磨客員准教授と(株)NTTドコモ、モバイルクリエイト(株)、インフォコム(株)、ciDrone(株)が提案した事業が、総務省の戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の地域ICT振興型研究開発枠に採択され、記者説明会を開催した。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(3)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(3)

国内で100台を超える販売実績を誇るエンルート社の農業用ドローンZion(ザイオン)AC940-D。その上位モデルで最大9リットルの薬剤を積載できる新型がZion Ac1500。その開発の経緯と特長について、機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に聞いた。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(2)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(2)

2014年に、農家からの問い合わせに応える形で誕生したエンルート社の農業用ドローンZion AC940-D。機体の設計や開発は順調に進んだが、農家へ普及させるためには、越えなければならない制度の壁があった。その取り組みの経緯について、開発に携わってきた同社技術開発本部長の斉藤昇氏に聞いた。


エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


「ユーザーのニーズをワンストップで」 新生エンルートの展望は⁉ 瀧川社長を直撃!

「ユーザーのニーズをワンストップで」 新生エンルートの展望は⁉ 瀧川社長を直撃!

 国内ドローン大手、エンルートが、新本社での事業を5月に開始し新体制として本格的にスタートを切った。2006年の創業以来経営を率いてきた伊豆智幸氏は経営から退いて技術顧問に就任。社長を継いだ瀧川正靖氏は、「開発、設計から販売、保守、スクール運営までユーザーにワンストップでサービスを提供する」と利便性を追求する方針だ。


最新の投稿


PwCコンサルティングがドローンビジネス 2017セミナーを開催

PwCコンサルティングがドローンビジネス 2017セミナーを開催

PwCあらた有限責任監査法人は、都内で「ドローンビジネス 2017~テクノロジー、ビジネス、規制 最新情報~」と題するセミナーを開催した。今年で2回目となる同社のセミナーは、前回を上回る来場者となり産業用ドローンへの注目度の高さが伺われた。


ドローンによる水難救助 災害対策建設協会JAPAN47 神奈川支部が公開実証実験を開催

ドローンによる水難救助 災害対策建設協会JAPAN47 神奈川支部が公開実証実験を開催

一般社団法人 災害対策建設協会JAPAN47(ジャパンフォーセブン)神奈川支部は、 ドローンによる水難救助の公開実証実験を本格的な海水浴シーズンを前にした6月27日、神奈川県藤沢市の片瀬海岸で開催した。


ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

株式会社CLUEは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が公募した事業「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」において、研究開発テーマ「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」として採択された。



「JAPAN DRONE NATIONALS 2017 IN SENDAI」7/1~2

「JAPAN DRONE NATIONALS 2017 IN SENDAI」7/1~2

ゼビオアリーナ仙台にて開催