ドローンタイムズセミナー ドローンが切り開く日本の地方創生(1)

ドローンタイムズセミナー ドローンが切り開く日本の地方創生(1)

ドローンタイムズは、12月に2回目となるセミナーを開催した。ドローンによる日本の地方創生をテーマに、ドローン議連や大学教授に内閣府の審議官、そしてベンチャー企業の経営者など、産官学が一堂に介して、最新の取り組みを講演した。


基調講演を行う田中和徳議員。

【基調講演】ドローンが切り開く日本の地方創生

 ドローン議連の会長代理を務める田中和徳衆議院議員が、基調講演に登場して「ドローンが切り開く日本の地方創生」について、自身の取り組みや議員連盟の設立などを講演した。田中議員は、平成27年の4月22日に首相官邸の屋上で小型無人機が発見されたときに、国会の議員室から目撃した経験があるという。その2日後には、小型無人機に関する関係府省庁連絡会議が設立された。そして、9月に改正航空法が公布され、12月10日に施行された。
 「ドローンは、空の産業革命という、新たな可能性を秘めた技術です。政治的にも強力にバックアップすることが重要で、官民が強固に連携し、民間の意見が政府の制度設計に円滑に反映される必要があります」という考えのもとに、田中議員が主導して、平成28年4月に無人航空機普及・利用推進議員連盟(通称ドローン議連)を結成した。ドローン議連による第1回の活動では、関係省庁から現状の取り組みについてヒアリングを行っている。その後、5月に2回目のヒアリングを行い、ドローン製造・販売メーカーや関係団体から情報を集めている。そして11月の第3回では、関係省庁から平成29年度の概算要求についてのヒアリングを実施している。

田中和徳議員。

 「世界市場は、2020年に6,600億円を超える規模になると予測されています。日本も、2020年には200億円弱の市場に、さらに2030年には1,000億円を超える見込みです。この市場の9割以上は、ドローンという機体の売上ではなく、それを使ったサービスが占めると予想されています。そのために、具体的にドローンを利活用したサービスを社会に実装していくことが鍵」と田中議員は指摘する。そして日本における実証実験やロードマップなどについて紹介した後、田中議員は「日本として目指すべきものは、国内外におけるドローン市場の拡大と、『日の丸』ドローンの振興に向けた環境の整備」にあると提唱する。その一例として、海外で生産されているドローンにも、日本製の炭素繊維やモーターに光学センサーなどが採用されている事実を示し、日本の技術力を活かして、世界に飛躍するドローンメーカーの育成が必要だとも訴える。
 「ドローンの利活用の分野では、安倍総理の指示にもとづいて、2018年頃までにドローンを活用した荷物配送の実現に向けて、やれることは何でもやっていきます。ドローンを使った離島や山間部への荷物配送など、日本の地方から世界に飛躍するドローン産業を興していくことが重要」と田中議員は提言した。講演の最後に「ドローンは規制をすればいいのではない。規制を最小限にして、産官学でドローンを利活用される人たちの思いを反映した社会にして、振興を図っていくべきだと思っている。そのために、ドローン議連が窓口となって、多くの人たちの意見を政府に働きかけたい。また、マスコミでもドローンの状況について、より多く取り上げてもらうことで、国民の理解も深まる」と語った。

この記事のライター

関連する投稿


JUIDA新春パーティー 今年を「ドローン事業化元年」に

JUIDA新春パーティー 今年を「ドローン事業化元年」に

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)主催の「2017年新年パーティー」が、各界の無人航空機産業関係者を招き、1月24日、東京・日本橋のコングレスクエアで盛大に催された。


【セミナー】 “ドローンが切り開く日本の地方創生”第2回ドローンタイムズセミナー

【セミナー】 “ドローンが切り開く日本の地方創生”第2回ドローンタイムズセミナー

ドローンをつかって日々社会貢献活動をされている方々の基調講演やトークセッション等が行われます。ドローン議連、ドローン社会共創コンソーシアム、内閣府地方創生推進事務局、日本山岳救助機構、ブルーイノベーション、国土交通省、テラドローン、楽天が参加します。ぜひご参加ください!


最新の投稿


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。


福島・南相馬市、楽天と連携協定 ドローンを活用した物流システム構築など目指す

福島・南相馬市、楽天と連携協定 ドローンを活用した物流システム構築など目指す

 福島県南相馬市は2月16日、楽天と包括連携協定に調印したと発表した。協定の内容は、ドローンを活用した物流シシテムの構築など8項目で、今後、具体化される見通しだ。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(1) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(1) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮を専門に扱う有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏は、国際航空連盟が開催するF3Aというラジコン飛行機の競技会にも参加したことがある腕前の持ち主。不動産業からドローン産業へと転身した経歴を聞いた。