ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

2016年にドローンタイムズで最も閲覧回数(PV)が多かった記事を、年間PVランキング形式で発表!ユーザーの皆さんが注目したのは製品情報でした。特に200グラム以下のミニドローン情報が人気でした。皆さんの気になる記事はランクインしていましたか?


【第1位】小型高性能ドローン「Dobby」発売

 ZEROTECH Intelligence Technology Co., Ltd.(本社:中国)の小型高性能ドローン「Dobby(ドビー)」が、10月7日に大手家電量販店、各ECサイトで発売されると、当サイトでも長期間トップでランクインしつづけた。

https://www.dronetimes.jp/articles/251

室内で安定した飛行をするZEROTECH社の「Dobby」

【第2位】固定翼型ドローン「パロット・ディスコ(Parrot Disco)」発売

 フランスのドローンメーカー・Parrotが固定翼型ドローン「パロット・ディスコ(Parrot DISCO)」を発売すると発表。1月のCES(Consumer Technology Association)2016で披露された機体が、実機として製品化された。

https://www.dronetimes.jp/articles/159

Parrot社の固定翼機型ドローン「パロット・ディスコ(Parrot Disco)」

【第3位】テラドローン・Terra1シリーズ~圧倒的なコストパフォーマンスで農薬散布用UAV市場に参入

 農薬散布用UAVのTerra1シリーズを発表し、小型で軽量かつ低コストな無人ヘリで市場に参入。初年度の一年間で100台の販売を予定している。

https://www.dronetimes.jp/articles/152

農薬散布用UAVのTerra1シリーズ(C)テラドローン

【第4位】「田中電気株式会社」が都心にJUIDA認定ドローンスクールを開講

 田中電気は秋葉原駅から徒歩1分という絶好のロケーションに、ドローン操縦士(パイロット)及び安全運航管理者養成コースが学べるJUIDA認定ドローンスクールを開講した。都心部の認定校ということもあり注目されている。

https://www.dronetimes.jp/articles/436

ショールーム内に設けられた室内練習場

【第5位】新モデル続々と登場「200グラム未満」「折りたたみ式」

 フランスのドローンメーカーParrot(パロット)は飛行申請のいらない200グラム未満の「Mambo」と「SWING」の2モデルを発表。また、DJI JAPANが「Mavic Pro」、米国のアクションカメラメーカー GoPro(ゴープロ)が「Karma(カルマ)」の折りたたみモデルを相次いで発表した。

https://www.dronetimes.jp/articles/393

Parrotの「Mambo」

【第6位】DJIが「Inspire2」と「Phantom4 Pro」を発表

 無人航空機(UAV)技術で世界をリードするDJIは、 プロフェッショナルな映像制作を可能にする2つのドローン「Inspire 2」と「Phantom 4 Pro」を発表した。

https://www.dronetimes.jp/articles/561

Inspire2を手に新機種の発表をするDJI JAPAN株式会社の代表取締役社長・呉韜氏。手前はPhantom4Pro

【第7位】テラドローンが農薬散布市場に本格参入へ 10月発売の「Terra 1」のデモフライト公開

 ドローン代理販売の茨城スカイテック(茨城県城里町)を会場に、9月15日に農薬散布ドローン「Terra 1」のデモフライトを開催した。

https://www.dronetimes.jp/articles/261

農薬散布ドローン「Terra 1」

【第8位】「CEATEC JAPAN 2016」 ドローン最前線

 幕張メッセ(千葉市美浜区)で『CEATEC JAPAN 2016』が開催。ドローン関係の展示は昨年より増え、大手ドローンベンダーの出展や産業用ドローンの新たな取り組みなど、ドローンを取り巻く先進的なショーケースが紹介された。

https://www.dronetimes.jp/articles/350

DJIのブースにはケージが設置され、先日発表されたMavic Proがデモフライトを行った。

【第9位】最新ドローンが続々と登場 InterDrone 2016

 米国ラスベガスで、9月7日から開催されたInterDrone 2016。イベント会場には、国内外から参加した数多くのドローンベンダーが、最新モデルを展示した。

https://www.dronetimes.jp/articles/234

PowerVision社のPowerEGG。左が飛行形態。プロペラなどを収納するとタマゴ型になる。

【第10位】広げて、空中にそっと置くだけ! Zero Zero Roboticsの自撮りドローン 

 中国のスタートアップ「ゼロ ゼロ ロボティクス(Zero Zero Robotics)」が、二つ折りの自撮り用ドローンカメラ「ホバー カメラ パスポート(Hover Camera Passport)」を発表した。

https://www.dronetimes.jp/articles/415

「ホバー カメラ パスポート(Hover Camera Passport)」

この記事のライター

関連する投稿


Terra Mapper デスクトップ版、 i-Construction における点群処理ソフトウェアに認定

Terra Mapper デスクトップ版、 i-Construction における点群処理ソフトウェアに認定

テラドローン株式会社が、開発・販売するドローン測量画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper デスクトップ版」が、i-Construction型 出来形管理対応ソフトウェアとして写真測量ソフトウェアだけでなく、点群処理ソフトウェアとしても認定された。


JUIDA認定ドローンパイロット、国会議員第1号誕生 藤丸敏議員に認定証授与

JUIDA認定ドローンパイロット、国会議員第1号誕生 藤丸敏議員に認定証授与

衆議院議員第二議員会館で、13日、JUIDAの認定資格の「操縦技能」と「安全運航管理者」の修了証授与式が行われ、鈴木真二理事長から藤丸敏(さとし)衆院議員に修了証が渡された。


Terra Mapper導入で最大22万5千円補助  テラドローンが IT導入支援事業者に認定

Terra Mapper導入で最大22万5千円補助  テラドローンが IT導入支援事業者に認定

テラドローン株式会社は、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業」(通称「IT導入補助金」)において、「IT導入支援事業者」に認定された。


ジドコン、会員向けセミナー開催 千田副理事長「次世代ドローンの時代に入った」

ジドコン、会員向けセミナー開催 千田副理事長「次世代ドローンの時代に入った」

 自動車学校が参加するドローンスクールネットワーク、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン)は9日、都内で会員向けのセミナーを開催した。


ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンを活用した救助活動が、5月31日のたった1日で、英国と米国の消防などの公共安全機関よって3件4名の人命救助に役立った。DJIは、これまでに少なくとも133名の人命救助についてドローンが活用されたと発表した。


最新の投稿


一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい…。ザキントス島と言えば、シップレックビーチと青すぎる海の綺麗な所。紅の豚のマルコ・ロッソの隠れ家として有名。


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。