「第2回ドローンタイムズセミナー」地方創生テーマに開催

「第2回ドローンタイムズセミナー」地方創生テーマに開催

ドローンが関わるテーマを掘り下げる「第2回ドローンタイムズセミナー~ドローンが切り拓く日本の地方創生」(主催・産経新聞社、日本工業新聞社、協力・一般社団法人日本UAS産業振興協議会、デジタルハリウッド)が12月9日に東京都内で開催され、産業、政治、行政、学問の各界からキーパーソンや論客が登壇し、最新事情を報告した。


地方創生をテーマに開かれた「第2回ドローンタイムズセミナー」。多くの参加者が熱心に聴講した。

 講演では、自民党無人航空機普及・利用促進議員連盟(ドローン議連)の田中和徳会長代理▽慶大SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム代表である古谷知之・慶大総合政策学部教授▽内閣府地方創生推進事務局の藤原豊審議官▽日本山岳救助機構合同会社(jRO)の若村勝昭代表が登壇。

 またパネルディスカッションには、国土交通省総合政策局物流政策課企画室の大庭靖貴課長補佐▽テラドローンの徳重徹社長▽楽天新サービス開発カンパニー事業企画部ジェネラルマネージャー兼インキュベーションオフィスドローンプロジェクト推進課シニアマネージャーの向井秀明氏が参加。モデレーターをブルーイノベーションの熊田貴之CEOが務めた。

■政・産・官・学のキーパーソン集結

 セミナー冒頭、ドローンタイムズの渡辺照明編集長が、2015年12月10日の改正航空法施行からの1年間でドローンに対する関心が急速に高まった経緯を説明、今後のドローンの存在意義確立を問題提起した。

 田中ドローン議連会長代理は、「官民がより一層、一体となった検討を促進する必要性がある」と議連発足に至った理由を紹介し、その後3回にわたり精力的に会合を重ねている状況を説明。また「ある大手メーカーの製品は日本製部品が5割を占める。ドローン市場の振興で、日本技術がさらに拡大する可能性がある」と、関連産業振興に期待を示した。

自民党無人航空機普及・利用促進議員連盟(ドローン議連)の田中和徳会長代理

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの古谷代表は、労働力人口の減少が地方創生を阻みかねないと分析し、ドローンとロボティクスが解決手段として当然の選択肢となる社会を目指すことが、日本が世界でのプレゼンスを失わないために重要であると指摘。今年度中にも開催するドローン議連のシンポジウムに協力し、規制緩和や制度設計などに取り組む考えを披露し、議論への参加を呼びかけた。

慶大SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム代表である古谷知之・慶大総合政策学部教授

 藤原審議官は、2014年3月以来、全国で10の区域が国家戦略特区に指定されており、岩盤規制と呼ばれる改正困難な規制の改革に取り組んでいる事情を説明。なかでも秋田県仙北市でのドローン競技会開催や、千葉市でのドローン宅配の実験などを紹介し、実用に向けた取り組みを説明した。

内閣府地方創生推進事務局の藤原豊審議官

 jROの若村代表は、ドローンを山岳遭難に役立てている実例をデータや映像で紹介。今後、機体の性能向上、操作の簡易化、スピーカー搭載などへの期待を表明した。

日本山岳救助機構合同会社(jRO)の若村勝昭代表

 パネルディスカッションでは、大庭氏、徳重氏、向井氏が、熊田氏の司会のもと、今後の規制のあり方、現在の対応状況などについて議論を深めた。

写真左からモデレーターを努めたブルーイノベーションの熊田貴之CEO、国土交通省総合政策局物流政策課企画室の大庭靖貴課長補佐、テラドローンの徳重徹社長、楽天新サービス開発カンパニー事業企画部ジェネラルマネージャー兼インキュベーションオフィスドローンプロジェクト推進課シニアマネージャーの向井秀明氏

 産経新聞社、日本工業新聞社は今後もドローン産業や制度の動向に応じて、議論を深める場を設ける方針だ。

この記事のライター

関連する投稿


熱気に満ちた第5回ドローントークPIT「ドローン×ジモトノチカラ」 田村市、那賀町、skyerの取り組みは

熱気に満ちた第5回ドローントークPIT「ドローン×ジモトノチカラ」 田村市、那賀町、skyerの取り組みは

 ドローンタイムズは7月14日、「ドローン×ジモトノチカラ」をテーマに「第5回ドローントークPIT」を開催しました。異なる立場の論客3人が思いの込もった発表を披露すると、ファシリテーター・ササモモさんの問いかけをきっかけに、満席の客席から積極的な発言が相次ぎ、会場は異常なほどの熱気と笑顔で満たされました。


【東京で地方創生を考える】ドローンの利活用方法をみんなで考える第3回「ドロンソン」が東京都内で初開催

【東京で地方創生を考える】ドローンの利活用方法をみんなで考える第3回「ドロンソン」が東京都内で初開催

「東京で地方創生を考える」第3回ドロンソンが2月25日(土)東京都内で初開催。 ドローン体験会や参加者同士がチームになり、ドローンの利活用方法を考えるドロンソンを実施する。 これまでの最大規模の40名でドローンと地方の未来を考える。


360度のドローン動画で地方創生に貢献する「いやしのまど」(2)

360度のドローン動画で地方創生に貢献する「いやしのまど」(2)

鳥取県の西部にある大山を中心に、地方創生の一環としてドローンによる360度の全天球動画を製作した有限会社ジャプロ(本社:鳥取県、代表者名:幸形信之、以下ジャプロ)。今回は、その撮影秘話について、代表の幸形氏に聞いた。(田中亘)


360度のドローン動画で地方創生に貢献する「いやしのまど」(1)

360度のドローン動画で地方創生に貢献する「いやしのまど」(1)

2016年10月19日、Webサイトやアプリの企画制作を⾏う有限会社ジャプロ(本社:鳥取県、代表者名:幸形信之、以下ジャプロ)は、AR・VR 360度バーチャル田舎テラピー「いやしのまど」の最新版をリリースした。その映像の中で、ドローンを活用した360度のVR動画を提供している。(田中亘)


最新の投稿


米国最大の警察(NYPD)が、FLYMOTIONの支援でドローンプログラムを開始

米国最大の警察(NYPD)が、FLYMOTIONの支援でドローンプログラムを開始

2018年12月6日-フロリダ州タンパ。ドローンソリューションを提供するFLYMOTION社(米国)は、米国最大の警察署(NYPD)と協力して「犯罪と戦うドローン」の導入を支援したと発表した。


岩手県ドローン協会などがDJI社製「QS8」による孤立病院への救援物資輸送実験実施

岩手県ドローン協会などがDJI社製「QS8」による孤立病院への救援物資輸送実験実施

災害により孤立した病院を想定、ドローンによる救援物資の輸送実験を実施。物資搬送用ドローンとして、DJI JAPAN、スカイシーカー、東京都あきる野市が共同開発した「QS8」を採用した。


テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 欧州・アフリカ支社に続き、 C4D Intel(豪) に大型出資契約の締結を完了、 鉱業分野、 オイル&ガス等エネルギー分野のドローン活用拡大を目指す新会社Terra Drone Australiaを設立したと発表した。


バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツの保健大臣のノリス・ ジャック・カルメは、 同国の島々に住む子どもたちにワクチンを届ける、 ドローンによる輸送試験が公式に開始されたと12月5日、発表した。


サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。