JICA、エアロセンスの「ドローンを用いた物流サービス普及促進事業」を採択~ザンビアでの保健医療分野の新たな物流インフラへ~

JICA、エアロセンスの「ドローンを用いた物流サービス普及促進事業」を採択~ザンビアでの保健医療分野の新たな物流インフラへ~

エアロセンス株式会社は、独立行政法人 国際協力機構(以下、JICA)の2015年度第2回「開発途上国の社会・経済開発のための民間技術普及促進事業」に企画提案し、ザンビア共和国における保健医療分野の新たな物流インフラとして、エアロセンスのドローンを用いた物流サービス普及促進事業が採択されました。


本事業は、JICAとの契約締結後、2016年10月頃より開始する予定です。ザンビア国内の道路は未整備もしくは維持管理不足が地方部で著しく、それに起因する物資供給網への制約が深刻な課題となっています。特に農村地域では、医療関連物資…この記事の続きを読む

情報提供元:エアロセンス株式会社
http://www.aerosense.co.jp/pressitems/2016/7/17/jica

この記事のライター

関連する投稿


道路舗装最大手の㈱NIPPOが、ICT舗装にエアロセンスのエアロボマーカーとエアロボクラウドを採用

道路舗装最大手の㈱NIPPOが、ICT舗装にエアロセンスのエアロボマーカーとエアロボクラウドを採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製造・販売しているAEROBO® Marker(エアロボマーカー)とAEROBO® Cloud(エアロボクラウド)が、株式会社NIPPO(東京都中央区)が取り組んでいるICT舗装に採用。


エアロセンス、VTOLとドローン用 LTE 通信デバイスを用いた リアルタイム映像伝送実験に成功 新たな防災インフラ構築へ

エアロセンス、VTOLとドローン用 LTE 通信デバイスを用いた リアルタイム映像伝送実験に成功 新たな防災インフラ構築へ

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、株式会社NTTドコモ (東京都千代田区)と、災害発生時の被災状況把握を映像で広域、迅速に行うことを目的とした新たな防 災インフラの構築に向けた飛行実験を実施、VTOL機と LTE 通信が可能なドローン用 LTE 通信デバイス用いた広域リアルタイム映像伝送に成功した。


熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製 造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー)ならびに AEROBO® Cloud(エ アロボクラウド)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区)が取り組む「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトー プ技術)」の植生管理に採用された。


エアロセンスがAEROBO® Marker(エアロボマーカー)の量産出荷を開始

エアロセンスがAEROBO® Marker(エアロボマーカー)の量産出荷を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、対空標識「AEROBO® Marker」(エア ロボマーカー)の量産出荷を開始した。


エアロセンスがドローン関連製品・ソリューションの新ロゴデザインを発表し、産業用自律飛行型ドローンの新ブランドとして販売展開

エアロセンスがドローン関連製品・ソリューションの新ロゴデザインを発表し、産業用自律飛行型ドローンの新ブランドとして販売展開

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、産業 用自律飛行型ドローン「AEROBO®」(エアロボ)、GPS 機能搭載の対空標識「AEROBO® Marker」 (エアロボマーカー)、産業用ドローン向けのクラウドサービス「AEROBO® Cloud」(エアロボクラ ウド)の新しいロゴデザインを発表した。


最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。