「SORAPASS」が「気象情報・3 次元地図・報告書作成サポート」で機能強化!12月5日からサービスを開始

「SORAPASS」が「気象情報・3 次元地図・報告書作成サポート」で機能強化!12月5日からサービスを開始

一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)と、ブ ルーイノベーション株式会社、株式会社ゼンリンは、ドローン専用飛支援サービス「SORAPASS(ソラパス)」に、新機能として①気象情報、②3次元地図、③報告書作成サポー トの 3 つのサービスを新たに追加し、12 月 5 日(月)から提供を開始すると発表した。


新機能でドローンの事業活用を一元的にサポート

 2015年12月に施行された改正航空法では、高度150メートル以上、人口密集地や空港周辺等でのドローンの飛行が禁止された。SORAPASS(ソラパス)は、一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)と、ブ ルーイノベーション株式会社、株式会社ゼンリンによって、飛行禁止空域を地図上で一目で確認できるサービスとして2016年5月にスタートした。
 SORAPASSにはこの他に飛行申請書を簡単に作成できる機能が備わっていて、申請書作成にかかっていた手間を大幅に省くことができるようになっただけでなく、行政書士ネットワーク※との連携で複雑な飛行申請手続のサポートも行っている。現在では会員登録者数が1万人を超えた。
 ドローンユーザーにとって、よりドローンを安全・安心に利用できるためのサービスプラットフォームの定番となっている。
※行政書士ネットワーク 130 名を超える行政書士を有する団体で、ドローンの飛行申請実績は 450 件を超えた。

 今回の発表によると、3つの新機能が追加され、現行のSORAPASSをより強化したものとなった。なお、価格プランとして、SORAPASS会員はスタンダードプラン、ライトプラン、JUIDA認定スクール卒業生はアカデミックプランを選択することが可能となっている。

SORAPASSの新機能について発表するブルーイノベーションの熊田雅之取締役COO。

■新機能

①気象情報
 気象情報では、日本気象株式会社(大阪府大阪市)が気象予報に加えて、ドローンの安全な飛行に必要な「上空の風速・風向情報」、空撮・測量などに必要な「日の 出・日の入り情報」「雲量情報」などを提供する。「上空の風速・風向情報」では、利用者が自分で 50m・ 75m・100m・125m・150m・200m・250m・300m と高度を設定することが可能で、設定した高度の風速・風向情報 を閲覧することができる。
 上空の詳細な風速・風向情報を事前に確認することにより、事故の防止策として活用することが可能となった。

通常の地図表示画面の左側に気象上が表示される。

高度に対応した詳細情報が取得できる。

②3 次元地図(3Dマップ)
 3 次元地図では、一般財団法人リモート・センシング技術センター(ESTEC)が平面上では確認しづらい飛行禁止空域(空港周辺情報など)を 3 次元で確認することがで きる 3 次元地図を提供する。3 次元地図と、通常の地図はシームレスに移動ができるため、あらかじめ飛行 する箇所の安全性を複数視点で確認することが可能となる。

3Dマップ画面。通常画面とシームレスに切り替えられる。

3D強調画面

③報告書作成サポート
 国土交通省による許可・承認を受けた方のうち、許可・承認期間が 3 ヶ月を超える包括申請(同一の申請者が一定期間内に反復して飛行を行う場合又は異なる複数の場所で飛行を行う場合の申請)により許可・承 認を受けた方は、許可・承認日から 3 ヶ月毎及び許可・承認期間終了までの飛行実績の報告を行う必要がある※。報告書作成サポート機能は、簡単に報告書作成 を行うことが可能となる。
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr10_000044.html

■「SORAPASS」の利用方法
「SORAPASS」は会員登録(無料)することによって利用できます。
会員登録 URL:http://www.sorapass.com/

【本件に関するお問い合わせ先】
ブルーイノベーション株式会社 SORAPASS 事務局
電話番号:03-3293-8801(受付/土日祝日除く 9:00~17:00)
E-mail:sorapass@blue-i.co.jp

この記事のライター

関連する投稿


ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功したKDDIの「スマートドローン」は、これからどこに向かうのか。実験に参加したメンバーを中心としたパネルディスカッションから、その未来を考察する。


プロドローンがKDDIと「スマートドローン」のモバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功

プロドローンがKDDIと「スマートドローン」のモバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功

株式会社プロドローンは、KDDI株式会社と、新潟県長岡市の協力のもと、4G LTEのモバイル通信ネットワークを活用し(注1)、「3次元地図」、「ドローンポート」を用いた「スマートドローン」の完全自律飛行実験を実施した。


【橋梁・トンネル技術展】田中電気、秋葉原から徒歩1分が魅力のドローンスクール

【橋梁・トンネル技術展】田中電気、秋葉原から徒歩1分が魅力のドローンスクール

都心でドローンスクールが受講できる田中電気株式会社は、JUIDAから11月末現在で認定から1年が経過したスクールとして表彰された。同社によると2016年9月の開校以来、これまでに約80人が卒業した。


JUIDAがドローン開発や操縦士養成を目的に「富士箱根ランド」と「大宮」の2試験飛行場を新設

JUIDAがドローン開発や操縦士養成を目的に「富士箱根ランド」と「大宮」の2試験飛行場を新設

JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)では、無人航空機の開発機のテスト飛行や操縦士のトレーニングを行える「JUIDA・富士箱根ランド試験飛行場」(静岡県田方郡函南町)と「JUIDA・大宮試験飛行場」(埼玉県さいたま市)を新たに開設した。JUIDAが開設した試験飛行場はこれで国内4カ所となった。


JUIDA認定ドローン技能訓練校(Dアカデミー関東群馬校)4日間講習

JUIDA認定ドローン技能訓練校(Dアカデミー関東群馬校)4日間講習

JUIDA認定プロフェッショナル養成コース/JUIDA認定操縦技能コース


最新の投稿


卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

PowerVision社の日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)は、報道関係者や関連企業を集めて都内で「PowerEgg」デモンストレーションを開催した。卵型というユニークなデザインのドローンが、いよいよ日本で発売を開始する。


ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

 自動車の安全運転を指導してきた自動車教習所、自動車学校で構成する組織、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン、朽木聖好代表)は12月17日、東京都内で設立準備総会を開いた。16の自動車学校が参加した。道路の交通安全を担ってきた経験を、空の交通安全に生かす。


御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

こんな絶景が東京にあるなんて! 


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学がドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を導入、来春開講する。講師にはドローン撮影の第一人者で一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)代表理事の坂口博紀氏が写真学科3年生を対象に特別授業を実施する。