「SORAPASS」が「気象情報・3 次元地図・報告書作成サポート」で機能強化!12月5日からサービスを開始

「SORAPASS」が「気象情報・3 次元地図・報告書作成サポート」で機能強化!12月5日からサービスを開始

一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)と、ブ ルーイノベーション株式会社、株式会社ゼンリンは、ドローン専用飛支援サービス「SORAPASS(ソラパス)」に、新機能として①気象情報、②3次元地図、③報告書作成サポー トの 3 つのサービスを新たに追加し、12 月 5 日(月)から提供を開始すると発表した。


新機能でドローンの事業活用を一元的にサポート

 2015年12月に施行された改正航空法では、高度150メートル以上、人口密集地や空港周辺等でのドローンの飛行が禁止された。SORAPASS(ソラパス)は、一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)と、ブ ルーイノベーション株式会社、株式会社ゼンリンによって、飛行禁止空域を地図上で一目で確認できるサービスとして2016年5月にスタートした。
 SORAPASSにはこの他に飛行申請書を簡単に作成できる機能が備わっていて、申請書作成にかかっていた手間を大幅に省くことができるようになっただけでなく、行政書士ネットワーク※との連携で複雑な飛行申請手続のサポートも行っている。現在では会員登録者数が1万人を超えた。
 ドローンユーザーにとって、よりドローンを安全・安心に利用できるためのサービスプラットフォームの定番となっている。
※行政書士ネットワーク 130 名を超える行政書士を有する団体で、ドローンの飛行申請実績は 450 件を超えた。

 今回の発表によると、3つの新機能が追加され、現行のSORAPASSをより強化したものとなった。なお、価格プランとして、SORAPASS会員はスタンダードプラン、ライトプラン、JUIDA認定スクール卒業生はアカデミックプランを選択することが可能となっている。

SORAPASSの新機能について発表するブルーイノベーションの熊田雅之取締役COO。

■新機能

①気象情報
 気象情報では、日本気象株式会社(大阪府大阪市)が気象予報に加えて、ドローンの安全な飛行に必要な「上空の風速・風向情報」、空撮・測量などに必要な「日の 出・日の入り情報」「雲量情報」などを提供する。「上空の風速・風向情報」では、利用者が自分で 50m・ 75m・100m・125m・150m・200m・250m・300m と高度を設定することが可能で、設定した高度の風速・風向情報 を閲覧することができる。
 上空の詳細な風速・風向情報を事前に確認することにより、事故の防止策として活用することが可能となった。

通常の地図表示画面の左側に気象上が表示される。

高度に対応した詳細情報が取得できる。

②3 次元地図(3Dマップ)
 3 次元地図では、一般財団法人リモート・センシング技術センター(ESTEC)が平面上では確認しづらい飛行禁止空域(空港周辺情報など)を 3 次元で確認することがで きる 3 次元地図を提供する。3 次元地図と、通常の地図はシームレスに移動ができるため、あらかじめ飛行 する箇所の安全性を複数視点で確認することが可能となる。

3Dマップ画面。通常画面とシームレスに切り替えられる。

3D強調画面

③報告書作成サポート
 国土交通省による許可・承認を受けた方のうち、許可・承認期間が 3 ヶ月を超える包括申請(同一の申請者が一定期間内に反復して飛行を行う場合又は異なる複数の場所で飛行を行う場合の申請)により許可・承 認を受けた方は、許可・承認日から 3 ヶ月毎及び許可・承認期間終了までの飛行実績の報告を行う必要がある※。報告書作成サポート機能は、簡単に報告書作成 を行うことが可能となる。
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr10_000044.html

■「SORAPASS」の利用方法
「SORAPASS」は会員登録(無料)することによって利用できます。
会員登録 URL:http://www.sorapass.com/

【本件に関するお問い合わせ先】
ブルーイノベーション株式会社 SORAPASS 事務局
電話番号:03-3293-8801(受付/土日祝日除く 9:00~17:00)
E-mail:sorapass@blue-i.co.jp

この記事のライター

関連する投稿


ドローン・フェス in INA Valleyの「ドローンによる鹿検知コンペティション」参加チームの募集開始

ドローン・フェス in INA Valleyの「ドローンによる鹿検知コンペティション」参加チームの募集開始

長野県伊那市と一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社は、10 月18 日~21日に「ドローン・フェス in INA Valley」を開催、メインイベントである「鹿検知コンペティション」への参加チ ームの募集を開始する。


「JUIDA創立3周年記念セミナー」7月10日開催 参加者募集

「JUIDA創立3周年記念セミナー」7月10日開催 参加者募集

JUIDAは創立3周年を記念して、「ドローンを活用した新たな社会サービスの創出に向けて」というテーマで3周年記念セミナーを7月10日に開催する。


アマナドローンスクール、7月の体験説明会開催 JUIDAライセンス取得講座 (予約制)

アマナドローンスクール、7月の体験説明会開催 JUIDAライセンス取得講座 (予約制)

JUIDAライセンス取得講座説明会(先着60名様募集中)&ドローン体験会(先着30名様)


【D-ACADEMY関東埼玉】第9期 JUIDA認定スクール (i-construction対応4日間コース)

【D-ACADEMY関東埼玉】第9期 JUIDA認定スクール (i-construction対応4日間コース)

無人航空機(ドローン)に関わる基本知識(法律・気象など)を学び、ドローンを安全に飛行させるための操縦技術と知識を学べます。


【D-ACADEMY関東埼玉】第8期 JUIDA認定スクール (i-construction対応4日間コース) について

【D-ACADEMY関東埼玉】第8期 JUIDA認定スクール (i-construction対応4日間コース) について

無人航空機(ドローン)に関わる基本知識(法律・気象など)を学び、ドローンを安全に飛行させるための操縦技術と知識を学べます。


最新の投稿


熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県阿蘇郡南小国町、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)、株式会社リアルグローブが「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意しと発表した。


空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

米国ニュージャージー州のデラウェア川湾局は、7月11日に空中から水中まで飛行できるドローンで、デラウェア記念橋の検査に成功したと発表した。


水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水中ドローンのPowerRayを開発・販売するPowerVisionGroup(本社:中国北京市、創業者&CEO Wally Zheng)は、中国の三亜市にある水族館で撮影した動画を公開した。


スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 生育調査および収穫を支援したブルーベリー(ドローンベリー)を、 浅草農園(東京都港区三田)を通じ、 8月2日から7日の期間限定で販売した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

本格的な空撮に使われるプロフェッショナル向けのドローンは、軽く100万円を超える。高額なドローンは、入門用の機体と比べて何が違うのか。その差から、ドローンが持つビジネスの可能性について紹介していこう。