DJI初の自律飛行ドローン、あきる野市の防災訓練で救援物資を空輸実験

DJI初の自律飛行ドローン、あきる野市の防災訓練で救援物資を空輸実験

11月20日、あきる野市立五日市小学校(東京都)の校庭で、あきる野市が防災訓練を開催した。この訓練の中で、DJI Japanは開発中の自律飛行ドローンを使った救援物資の空輸実証実験を行なった。(田中亘)


DJI初となる自律飛行システムを搭載したMatrice 600にカーボン製空輸ボックス

救援物資を搭載して目的地まで自律航行するDJI Matrice 600

 あきる野市が実施した防災訓練は、孤立地域へ救援物資を大型ドローンで空輸する想定で行われた。校庭に用意された着陸エリアに、約400メートル離れた五日市会館の屋上から、DJI Japanが開発中の自律飛行システムを搭載したMatrice 600が空輸した。
 DJI Japanは、あきる野市と「ドローンの安全かつ有効な活用推進に向けた合意書」を締結している。今回の防災訓練への参加は、あきる野市側から打診されたものだが、DJI Japanでは株式会社スカイシーカーと協力し、大型ドローンによる救援物資の輸送を提案したという。空輸にあたり、世界的にも初披露となる自律飛行システムを搭載したMatrice 600の機体に、日本で開発したカーボン製の空輸ボックを取り付けた。

会場に自律飛行で着陸する様子

最大4キログラムの積載能力とプログラムによる飛行ルートの自動化

着陸前にホバリングしてプロポからの信号がないか待機する機体

自動着陸後、空輸ボックスから救援物資を投下するMatrice 600

 今回の訓練で使用された自律飛行システムを搭載したMatrice 600は、最大で4キログラムの積載能力があり、さまざまな救援物資を自動飛行で空輸できる。訓練では、水と栄養補助食品と通信機の約3キログラムの物資を搭載して飛行した。
 機体は、校庭の孤立地域に見立てたポイントの上空に到達すると、20秒ほどホバリング、この間に、プロポからの制御信号があるかどうかを確認して手動による操作にも対応できるようになっている。今回は災害を想定した訓練のためプロポからの制御信号は受信させず、完全自律飛行により目的地に着陸させた。
 機体が着地すると、空輸ボックスの底面が開いて救援物資がドロップされる。その後約20秒ほどプロポからの制御信号があるかどうか確認し、自動的に離陸して帰還した。訓練では、救援物資に入っていた通信機を使って、災害対策本部と連絡をとる様子も実演された。
 訓練を見守ったDJI Japanの呉韜社長は「今後も自律飛行システムと空輸の実験を繰り返します」と実用化に向けての取り組みを話した。
 またあきる野市の澤井敏和市長は式典で「孤立地域への物資運搬や災害現場の状況把握などにドローンの活用を検討したい」と挨拶した。

この記事のライター

関連する投稿


【CP+】プロ写真家がDJIブースでドローン空撮の魅力を語る

【CP+】プロ写真家がDJIブースでドローン空撮の魅力を語る

パシフィコ横浜で3月1日〜4日まで開催されたCP+ 2018のDJI JAPANブースで、プロ写真家の内山香織氏が、DJIのドローンで撮影した作品の魅力や体験談を語った。


東京都あきる野市がドローンを使った救助救出の訓練を実施

東京都あきる野市がドローンを使った救助救出の訓練を実施

11月19日。東京都あきる野市は、同市立の御堂中学校の校庭で、ドローンを用いた救助救出訓練を実施した。株式会社スカイシーカー(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐々木政聡)のパイロットがサポートを行い、訓練メニューは一般社団法人ドローン安全推進協議会(本部:東京都中央区、代表理事:井上幸彦)が作成した。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(3)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(3)

「ちりけん」こと、早稲田大学「地理学研究会」。ドローンを活用した地理学を11月4日と5日に開催される学園祭で発表するために、ドローンの「ド」から学び体験してきた。そして、いよいよ巡検に臨む。


農薬散布用ドローン「AGRAS MG-1」の運用実績と来年に向けた機能拡張を発表

農薬散布用ドローン「AGRAS MG-1」の運用実績と来年に向けた機能拡張を発表

DJI JAPAN株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉韜)は、農薬散布用ドローン「DJI AGRAS(アグラス) MG-1」の半年間における運用実績と、来年に向けた製品機能を拡張する計画を10月3日、発表した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

本格的な空撮に使われるプロフェッショナル向けのドローンは、軽く100万円を超える。高額なドローンは、入門用の機体と比べて何が違うのか。その差から、ドローンが持つビジネスの可能性について紹介していこう。


最新の投稿


機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

 ドローンの機体にカラーフィルムを貼ってカスタマイズを楽しむユーザーが増えている。この市場をリードし、業界の第一人者からも評価を得ているのが株式会社ダイヤサービス(千葉市)のラッピングサービス「DroneWraps」で、現在も注文が全国から相次いでいるという。同社の工房「DRONE GARAGE」に潜入した。


火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。