報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 6・愛機Phantomよ、あれがミズーリ川だ

報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 6・愛機Phantomよ、あれがミズーリ川だ

報道カメラマン・納冨康(38)。現在は産経新聞写真報道局に勤務し、報道カメラマン歴15年目のベテランだが、ドローンでの空撮は初心者。どちらかというとドローンは敬遠してきたが、上司から「アメリカでドローンを飛ばして雄大な写真を撮ってこい」の無茶ぶりミッションを与えられ、今回ドローンパイロットを目指すことになった。


(個人的に)記念すべき米国初フライト画像。ミズーリ川空撮、澄んだ青空が印象的でした(産経新聞写真報道局・納冨康撮影)

<ドローンパイロット養成・DAY 6> 米国本土緊張の初フライト編

【ミズーリ州セントチャールズのミズーリ川の支流】
 ミシシッピリバープレスツアー初日、早速ドローンを飛ばすチャンスに遭遇。
 セントルイスから北西へほど近いセントチャールズという街。全米一長いバイクロード(386㎞)で知られる「Katy Trail」で朝から自転車に乗ってコース沿いをツーリング。
 自転車は「The Bike Stop Cafe」というレンタルサイクルで拝借。Phantom4のソフトケースを持ち運ぶため、ちょっとした荷物を載せられる小さなリアカーを自転車の後ろに装着してもらった。
 セントチャールズは1821年~1826年まで一時的に州都となった街(現在のミズーリ州の州都はジェファーソンシティ)。
 ミシシッピ川の最大の支流であるミズーリ川が流れる。
 初日の天気は快晴で風もほとんどなく、ツーリングコース沿いのミズーリ川脇のちょっとした広場で米国初フライトに挑戦。
 ミズーリ川のほとりで静かでゆったりとした川の流れをベンチで座って眺めたり、犬を連れて散歩している人も。
 緊張と不安が入り交じる中、日本で教わった通りに成田から何時も手放さずに持ち歩いていた愛機Phantom4をついにセッティング開始。
 今回のツアーのメンバーであるフリーのライターさんたち3人や現地のガイドのアランさん、アシュレイさん、日本からのガイド薄井さんらが「本当にこの人はドローンを飛ばせるのだろうか」という好奇の視線を背中に浴びながら、キャリブレーションを行いプロポに手をかけモーターを始動。

 風が全くないのを確認し、Phantom4を上昇させる。
 まず、安定した動作確認。高度は3メートルほどで安定させて。前後、左右、回転、上昇、下降の機体の動作チェック。モーター音も異音がしないか耳で確認。
 プロポのiPadの画面でPhantom4からの映像がしっかり送られてくるか確認。
 昨晩、バッテリーをフル充電させたものの、初フライトということで慎重にフライト時間を10分間と決め、同行していた方々に10分間を計測していただく。

 高度3メートルでの安定飛行が確認できたところで、ゆっくりと上昇させた。
 ミズーリ川のすぐそばということで、さすがに川の上にまで機体を持っていくことはビビッてできず、高度20メートルほどでホバリングさせて悠大なミズーリ川を撮影。
 その調子で40メートルほどまで上昇させた。
 上昇させてそこから見えるものを動画、写真撮影し10分間が過ぎようとしているところで徐々に下降させ、そして着陸態勢。
 長いようで短かった10分。無事に着陸させ。ほっとした。

ミズーリ川空撮、高度感がもうちょっとですが…(産経新聞写真報道局・納冨康撮影)

   
 周囲に見物する方々からは「あれ、ドローンをもっと飛ばさないんですか?」と物足りないような感じ。
 「すみません。ほとんど、ド素人なものですから。いきなり墜落させてしまったりしたら大変ですし」とつまらない言い訳をした。
 経験不足で少々悔しい思いもしながらも、アメリカでも日本と同じような手順で飛ばせることが確認ができた初フライトでひとまず安心する。
 画像もポイントもあまりなくイマイチだったが、次回のフライトに期待をかけた。
 初めてとしては上出来と自分を納得させた。

■■機材協力■■
DJI JAPAN 株式会社

■■取材協力■■
ミシシッピ・リバー・カントリーUSA日本事務所

■■納冨康プロフィール■■
1978年1月、福岡市に生まれる。
報道カメラマンとしの主な取材歴は
2006年のトリノ五輪で大会唯一の金メダルを獲得したフィギュアスケート荒川静香や、2007年にメジャーリーグ入りした松坂大輔がワールドシリーズで優勝するまでカバーするなどスポーツを中心に取材。今年(2016年)に入ってからは4月の熊本地震、5月の伊勢志摩サミット等を取材。カメラマン歴15年目のベテラン。

この記事のライター

関連する投稿


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。会場には、薬剤や粒剤散布用のドローンが一堂に介して、2019年に向けた最新の技術や取り組みが展示されていた。(田中亘)


DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 農薬散布機「DJI AGRAS(アグラス)」シリーズの次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を農業総合展「農業ワールド」(10月10日〜12日、幕張メッセ)において国内で初めて展示する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

 DJIが8月末に、世界の主要プレイヤーが集まるクローズドのカンファレンス、「Air Works China 2018」を開催し、日本からドローンの完全自動運用システム「DRONEBOX」などを手掛けるセンシンロボティクスが唯一出展し、プレゼンテーションをした。帰国した出村太晋社長に、現地の様子と今後の戦略を聞いた。


最新の投稿


キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノン MJ)は、兵庫県姫路市都市局ならびに株式会社 アマナビ主催のドローンによる先端技術を用いた施設劣化の実証 実験に協力し、施設の健全な維持・保全へのドローンの有用性ならびに、デジタル一眼 レフカメラ「EOS」を用いた遠隔制御システムの実用性を確認した。


DroneDeployがサンフランシスコでプライベートカンファレンスを開催

DroneDeployがサンフランシスコでプライベートカンファレンスを開催

2018年10月11日、米国サンフランシスコ。ドローンによる空撮画像のマッピングプラットフォームを提供するDroneDeploy(米国)は、プライベートのDroneDeploy Conferenceを開催し、2日間にわたってAIや開発環境にコラボレーション機能などを紹介した。


DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

PHANTOM 4 RTKはDJI史上最もコンパクトで正確な低高度マッピングソリューションを実現。


国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

SUSCの説明会及び産業用ドローン無料セミナーを10月26日に開催。ドローンを安全に運用するためのノウハウを学ぶには、豊富な実績と確かな技術講習に定評のあるSUSCをご活用ください。


空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

2018年10月16日、ニュージーランド。ニュージーランド航空は、有人ドローンのcoraを開発しているゼファー・エアーワークスと提携し、ニュージーランドで航空タクシーを提供するために共同で作業すると発表した。