豪、臓器と血液の医療用ドローンの都心での試験輸送飛行を計画

豪、臓器と血液の医療用ドローンの都心での試験輸送飛行を計画

オーストラリアで、ドローンを利用した臓器&血液輸送プロジェクトが進められている。これは、車の渋滞が激しい都市部で事故が起きた際などに、患者に迅速に医療物資を提供するための試みだ。


 オーストラリア地元紙などは10月30日、航空、保険、法律関連会社がコンソーシアムをつくり、「エンジェルドローン」(Angel Drone)という名称の輸送プロジェクトを準備していると報じた。

 ドローンの飛行に厳しい制限を加えているオーストラリア民間航空安全庁(CASA)も、今年内にニューサウスウェールズ州郊外でテスト飛行を行えるよう承認を与えている。
…この記事の続きを読む

情報提供元:ROBOTEER
https://roboteer-tokyo.com/archives/6467

この記事のライター

関連する投稿


エンルートラボがフライトコントローラー開発で、オーストラリアProfiCNC Pty Ltd社と提携

エンルートラボがフライトコントローラー開発で、オーストラリアProfiCNC Pty Ltd社と提携

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、オーストラリアの ProfiCNC Pty Ltd社とドローン用ハードウエアの開発で提携した。


ルワンダ発の「救命ドローン」スタートアップ、Ziplineがタンザニアに新拠点

ルワンダ発の「救命ドローン」スタートアップ、Ziplineがタンザニアに新拠点

東アフリカのテックカントリー、ルワンダ発のドローンイノヴェイションを生み出したZiplineが、タンザニアで大規模な配送センターを開始することを発表した。


テラドローンがシドニーとメルボルンに支社を同時立ち上げ

テラドローンがシドニーとメルボルンに支社を同時立ち上げ

テラドローン株式会社(東京都渋谷区、 代表取締役/徳重 徹)は、 シドニーとメルボルンに支社を6月、同時に設立すると発表した。 2017年1月に、 オーストラリア支社第一号となるブリスベン支社を立ち上げてから、 わずか5ヶ月後の設立となる。


広島大などがドローンを活用した血液検体などの搬送技術を開発へ

広島大などがドローンを活用した血液検体などの搬送技術を開発へ

 広島大学医学部(救急集中治療医学)の貞森拓磨客員准教授と(株)NTTドコモ、モバイルクリエイト(株)、インフォコム(株)、ciDrone(株)が提案した事業が、総務省の戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の地域ICT振興型研究開発枠に採択され、記者説明会を開催した。


DJI、オーストラリアのライフセーバーに空撮技術を提供

DJI、オーストラリアのライフセーバーに空撮技術を提供

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードする DJI は、オーストラリアの Surf Life Saving Central Coast (SLSCC)と共同で、オーストラリアのビーチの捜索救難活 動をドローンで支援すると発表した。


最新の投稿


一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい…。ザキントス島と言えば、シップレックビーチと青すぎる海の綺麗な所。紅の豚のマルコ・ロッソの隠れ家として有名。


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。