米アマゾン、ドローンの音声操作特許を取得 やかんの沸騰を確認し、迷子も捜索

米アマゾン、ドローンの音声操作特許を取得 やかんの沸騰を確認し、迷子も捜索

 米国時間の2016年10月18日。米アマゾンは、US 9,471,095 B1というパテント番号の特許を取得した。この特許は、小型のUAVを音声で操作するもの。その特許申請書に書かれた内容から、アマゾンが描く未来の小型ドローンを探る。(田中亘)


コンシューマからビジネスまで包括的に適応させる特許

 アマゾンが取得した特許は、音声で操作する小型UAVのアシスタント関連のテクノロジー。その利用イメージのひとつが、申請書に書かれている処理フロー図。「飛べ(hover)」などの簡単な音声コマンドを認識してドローンが飛行し、「やかんは沸騰しているか?」や「ガレージは閉まっているか?」などの命令を理解して、小型ドローンがカメラやセンサーを駆使して、目的を遂行する。これら一連の命令を実行するために必要と思われるRFIDやセンサー関連についても、記載されている。
 利用例の中には、駐車場で自分の車を探させたり、迷子になった子供を探したり、赤外線カメラで火災を発見したり、警官が携帯するライブカメラとして機能すなるど、コンシューマからビジネスまで、包括的な用途を想定している。例えば、書類に記載されているイラストは、小型ドローンが警官の肩に待機している様子だ。

特許に記載されている音声コマンドによる小型ドローンの飛行フロー図。

警官の肩に乗る小型ドローンのイメージ図。

AI(人工知能)とクラウドとECHO(エコー)を駆使したドローン特許

 なぜアマゾンが音声によるドローン操作の特許を取得したのか。
 背景にあるのは、2年ほど前にアマゾンが発売したECHO(エコー)という家庭用の音声認識型AI端末の存在だ。
 Amazon Echoは、インターネットに接続するマイクとスピーカーで、クラウドにあるAlexa(アレクサ)という人工知能(AI)を使って、利用者が音声で天気や渋滞状況や商品の注文を行える端末になっている。iPhoneに搭載されている音声アシスタントのSiriに似ているが、AIのAlexaによって、より高度な文章やコマンドを理解できる。また、Alexaが他のインターネットのサービスと連携することで、利用者に提供できる情報やデリバリーなども充実する。
 アマゾンは、このAlexaとECHOの技術を小型ドローンに応用し発展させて、ドローンならではのセンサー技術を活用して、利便性を高めようとしている。
 将来的には、小型ドローンがあたかも意志を持っているかのように、「庭のバラは咲いているかな?」と問いかけるだけで、自動的に庭まで飛行し、バラの写真を撮影して戻ってくるだけではなく、スマホやタブレットの画面に、そのバラの写真を映し出すようになるだろう。

米国アマゾンのサイトで販売されている音声認識端末のECHO(エコー)。

この記事のライター

関連するキーワード


Amazon 音声認識 米国特許

関連する投稿


米Amazonが都市部でのドローン物流を想定した高層型ドローン物流センターの特許を公開

米Amazonが都市部でのドローン物流を想定した高層型ドローン物流センターの特許を公開

米国時間6月22日に公開された特許で、米Amazonが都市部でのドローン物流を想定した多層構造の高層型ドローン物流センターの構想が明らかになった。


米Amazon社、機械学習を活用したドローンのノイズキャンセル特許を出願

米Amazon社、機械学習を活用したドローンのノイズキャンセル特許を出願

米国特許商標庁は6月1日、米Amazonが提出したドローンのノイズキャンセルに関連する特許を掲載した。


米IBMがドローン関連の特許を取得

米IBMがドローン関連の特許を取得

米IBM社は飛行中のドローン間で荷物を転送する特許を取得したと4月28日発表した。(US Patent No. 9,561,852)


Amazonが北米でドローン配達「Prime Air」の公開実験に成功

Amazonが北米でドローン配達「Prime Air」の公開実験に成功

アマゾンが、北米における初のドローン配達「Prime Air」に成功した。


アマゾン今度は「パラシュート」投下によるドローン配達の特許を取得

アマゾン今度は「パラシュート」投下によるドローン配達の特許を取得

ドローンによる配達でいつも問題となるのが、荷物の引き渡し。ドローンを着陸させる方式や紐で荷物をぶら下げる方式など、さまざまなアイディアを各社が模索中です。そんな中、ドローン配達で先行するアマゾンは「パラシュートによるドローン配達システム」の特許を取得しました。


最新の投稿


DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、DJIの最新ドローンの飛行体験から購入、練習、修理までワンストップで提供する国内初のDJI公認屋内練習場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を10月21日にオープンする。


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。