米アマゾン、ドローンの音声操作特許を取得 やかんの沸騰を確認し、迷子も捜索

米アマゾン、ドローンの音声操作特許を取得 やかんの沸騰を確認し、迷子も捜索

 米国時間の2016年10月18日。米アマゾンは、US 9,471,095 B1というパテント番号の特許を取得した。この特許は、小型のUAVを音声で操作するもの。その特許申請書に書かれた内容から、アマゾンが描く未来の小型ドローンを探る。(田中亘)


コンシューマからビジネスまで包括的に適応させる特許

 アマゾンが取得した特許は、音声で操作する小型UAVのアシスタント関連のテクノロジー。その利用イメージのひとつが、申請書に書かれている処理フロー図。「飛べ(hover)」などの簡単な音声コマンドを認識してドローンが飛行し、「やかんは沸騰しているか?」や「ガレージは閉まっているか?」などの命令を理解して、小型ドローンがカメラやセンサーを駆使して、目的を遂行する。これら一連の命令を実行するために必要と思われるRFIDやセンサー関連についても、記載されている。
 利用例の中には、駐車場で自分の車を探させたり、迷子になった子供を探したり、赤外線カメラで火災を発見したり、警官が携帯するライブカメラとして機能すなるど、コンシューマからビジネスまで、包括的な用途を想定している。例えば、書類に記載されているイラストは、小型ドローンが警官の肩に待機している様子だ。

特許に記載されている音声コマンドによる小型ドローンの飛行フロー図。

警官の肩に乗る小型ドローンのイメージ図。

AI(人工知能)とクラウドとECHO(エコー)を駆使したドローン特許

 なぜアマゾンが音声によるドローン操作の特許を取得したのか。
 背景にあるのは、2年ほど前にアマゾンが発売したECHO(エコー)という家庭用の音声認識型AI端末の存在だ。
 Amazon Echoは、インターネットに接続するマイクとスピーカーで、クラウドにあるAlexa(アレクサ)という人工知能(AI)を使って、利用者が音声で天気や渋滞状況や商品の注文を行える端末になっている。iPhoneに搭載されている音声アシスタントのSiriに似ているが、AIのAlexaによって、より高度な文章やコマンドを理解できる。また、Alexaが他のインターネットのサービスと連携することで、利用者に提供できる情報やデリバリーなども充実する。
 アマゾンは、このAlexaとECHOの技術を小型ドローンに応用し発展させて、ドローンならではのセンサー技術を活用して、利便性を高めようとしている。
 将来的には、小型ドローンがあたかも意志を持っているかのように、「庭のバラは咲いているかな?」と問いかけるだけで、自動的に庭まで飛行し、バラの写真を撮影して戻ってくるだけではなく、スマホやタブレットの画面に、そのバラの写真を映し出すようになるだろう。

米国アマゾンのサイトで販売されている音声認識端末のECHO(エコー)。

この記事のライター

関連するキーワード


Amazon 音声認識 米国特許

関連する投稿


アマゾン今度は「パラシュート」投下によるドローン配達の特許を取得

アマゾン今度は「パラシュート」投下によるドローン配達の特許を取得

ドローンによる配達でいつも問題となるのが、荷物の引き渡し。ドローンを着陸させる方式や紐で荷物をぶら下げる方式など、さまざまなアイディアを各社が模索中です。そんな中、ドローン配達で先行するアマゾンは「パラシュートによるドローン配達システム」の特許を取得しました。


米Amazonが無線通信実験〜ドローン運用に活用か

米Amazonが無線通信実験〜ドローン運用に活用か

Amazonが携帯端末や固定基地局を使った無線通信の実験を、ワシントン州郊外およびシアトルで計画していることが、同社が政府に提出した書類から明らかになった。


Amazon、ドローン宅配「Prime Air」開始 実機映像を公開  完全自動で荷物の宅配が実現

Amazon、ドローン宅配「Prime Air」開始 実機映像を公開 完全自動で荷物の宅配が実現

Amazonが、自動宅配を可能にするドローンの映像を初公開した。


ドローン停泊場特許をアマゾンが取得 充電もOK…でも実用には課題 

ドローン停泊場特許をアマゾンが取得 充電もOK…でも実用には課題 

ドローンの停泊場について、アマゾンが特許をとったアイディアがある。どんなものか。


イギリスでAmazonのドローン配送テストが行われる理由

イギリスでAmazonのドローン配送テストが行われる理由

Amazon Prime Airのテストがアメリカではなくイギリスで実施されることになったのが話題になっていますが、一見なんでも規制が厳しそうなイギリスで何で?と思った方多いのではないでしょうか。


最新の投稿


試行錯誤公認(⁉)の「サンドボックス特区」導入でドローン普及を! 牧浦土雅氏が熱弁

試行錯誤公認(⁉)の「サンドボックス特区」導入でドローン普及を! 牧浦土雅氏が熱弁

 ドローンの普及にはルールの抵触を気にせずに試せる〝サンドボックス特区〟を|。社会活動家、社会起業家として知られる牧浦土雅氏が、幕張メッセ(千葉市)で開かれている国内最大のドローンカンファレンス「ジャパンドローン2017」のステージに登壇し〝日本版サンドボックス〟の導入の重要性について熱弁をふるった。


AirSelfie、ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラを発表

AirSelfie、ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラを発表

AirSelfie社は本日、スマートフォンと一体化する初めてのポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラ「AirSelfie」 (エアセルフィー) を発表した。同社ウェブサイト (airselfiecamera.com) において特別価格による予約受付を開始。


【基調講演】インテルが目指すドローンテクノロジーの未来

【基調講演】インテルが目指すドローンテクノロジーの未来

Japan Drone 2017に出席のため来日したインテルのアニール・ナンデュリ副社長が基調講演に23日、登壇した。米国で加速している取り組みを中心に、インテルが目指すドローンテクノロジーの未来について講演した。


長野県伊那市がドローンフェス in INA Valley の開催を発表 野生獣の検知(個体認証)にドローン活用

長野県伊那市がドローンフェス in INA Valley の開催を発表 野生獣の検知(個体認証)にドローン活用

長野県伊那市の白鳥孝市長は、日本最大のドローンの展示会「Japan Drone 2017」で平成29年10月18日から20日までの3日間、伊那市の鹿嶺高原(標高1,800m)で、野生獣の検知(個体認証)をミッションとする協議会を開催すると23日、発表した。


【基調講演】無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?

【基調講演】無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?

「ジャパン・ドローン2017」基調講演で、ロボティクス分野と無人航空機テクノロジー分野では世界の第一人者と言われるデンバー大学のK・バラバニス博士が登壇し「無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?」について講演した。