スカパーJSATと筑波大学発ベンチャー空間知能化研究所が連携 「水中ドローン」による遠隔海洋調査・監視サービスの実証に成功

スカパーJSATと筑波大学発ベンチャー空間知能化研究所が連携 「水中ドローン」による遠隔海洋調査・監視サービスの実証に成功

スカパーJSAT 株式会社(東京都港区)と株式会社空間知能化研究所(茨城県つくば市)は、伊豆半島須崎沖にて「水中ドローン(Remotely Operated Vehicle、以下ROV)」と衛星IPネットワークを使ったサービス実証に成功し、2017 年度に海洋産業事業者向けサービスを開始すると発表した。


水中ドローンと衛星IP通信回線を使い、2017 年度に海洋産業事業者向けサービスを開始

 今回の実証実験では、安全で低価格な深海探査を目的として開発を進めているROV (水中ドローン)を使用。 ROV は遠隔操作で水中を自由に動き回る水中遠隔ロボットで、浅海から深海における海中の海洋 構造物、海洋生物などの様子をフルハイビジョンで撮影することが可能。
 映像は光ファイバーにより海上の調査船へ伝送され、スカパーJSAT の所有する衛星IP通信回 線を経由して陸上のデータセンターまで伝送される。今回の須崎沖実験では、深度約145 メー トルの海底の状態や海中の生物の様子を、調査船とデータセンターを介してリアルタイムで見、その伝送データをクラウドアーカイブできることを実証した。

<実証実験に使われた「水中ドローン(ROV)」>
外寸法 幅420mm×高さ480mm×奥行650mm
重量 約18kg

 スカパーJSAT と空間知能化研究所は、2016 年 4 月にロボット技術と衛星IP通信サービスを組 み合わせた海洋向けサービスでの連携を目指し、共同で検討をしてきた。同年 7 月に山梨県本栖湖で初めての潜水試験を実施し、これまでには 4 回の成功をしてきた。
 また、 全国の海洋・養殖産業等の関係者等へのヒアリングを重ねて提供サービスの検討を行い、 今回は海における波の高低や潮の流れや速さによる影響下で行った。

 今回の実験成功により、低価格での海洋・養殖産業等を対象とした調査・監視等の衛星I Pネットワークサービス開発に向けて大きく前進した。今後は 2017 年度内のサービス開 始を視野に、筑波大学(中内研究室)と同学下田臨海実験センターの協力のもと複数回の潜水試験を実施、遠隔での操作性や耐久性、動作の安定性などの向上や映像画質の最適化を図る。また、海洋調査の効率化や海洋空間のデータ化などの新規事業領域にも積極的に取り組み、海洋 や水産産業等における新しい産業創造に取り組むという。

<2017 年度から順次開始(予定)されるサービスイメージ>

ASV:Autonomous Surface Vehicle(自動・遠隔制御船型ロボット)
ROV や AUV の基地局(母船)となり、各種データの回収や充電を行う。予め設定された航行プログラムによる自動航行や
衛星ネットワークによる遠隔航行が可能。
AUV:Autonomous Underwater Vehicle(自立潜行・遠隔制御型深海ロボット)
カメラやセンサーなどを搭載した自立潜行するロボット。ASV と連動することが可能。

この記事のライター

関連する投稿


FullDepの水中ドローンが火山性ガスの噴気孔「たぎり」の撮影・映像のリアルタイム配信成功 「バーチャル海底旅行」へ事業展開も

FullDepの水中ドローンが火山性ガスの噴気孔「たぎり」の撮影・映像のリアルタイム配信成功 「バーチャル海底旅行」へ事業展開も

株式会社FullDepthは、鹿児島県・錦江湾の海底火山域において、自社開発の小型水中ドローン(ROV)の試験潜行を2018年9月19日〜20日、実施し,火山性熱水噴気活動「たぎり」の撮影にも成功した。


5スラスタで深度も角度もロックできる高性能な水中ドローンのGLADIUS mini

5スラスタで深度も角度もロックできる高性能な水中ドローンのGLADIUS mini

CFD販売の開催した水中ドローンのお披露目会で、最大の目玉となった機種が、GLADIUS mini。4K Ultra HDカメラを採用し、±45°のチルトロックや水圧センサーによる水深ロックモードなど、水中の点検や探索に効果的なインテリジェント機能を備える。


中国のテレビ局でも採用している高画質が魅力の水中ドローンFIFISH P3

中国のテレビ局でも採用している高画質が魅力の水中ドローンFIFISH P3

FIFISH P3は、 1インチのSONY製CMOSセンサーにより、4Kで水中の美しい瞬間を捉える。中国では、テレビ局でも水中撮影用の機材として採用する高画質が魅力の水中ドローン。


水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」オープン!

水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」オープン!

CFD販売株式会社(名古屋市中区)は、 法人向けから個人用途向けまで幅広いラインナップを取り揃えた水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」をオープンした。


CFD販売、水中ドローン勢揃い「CFD販売 水中ドローン 新製品発表会」をアカデミック向けに開催

CFD販売、水中ドローン勢揃い「CFD販売 水中ドローン 新製品発表会」をアカデミック向けに開催

PCパーツの総合サプライヤーであるシー・エフ・デー販売株式会社は、8月24日都内で、メディア・アカデミック向けの水中ドローンの製品発表会を開催する。


最新の投稿


Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

2019年1月22日。DJIは、Phantom 4 RTKファームウェアv01.07.0116をリリースした。細かいバグの修正に加えて、マッピング操作に関する機能が強化されている。


ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

2019年1月23日 - 米国バージニア州。航空大手ボーイングの関連企業のボーイングネクスト(米国)は、ボーイングの子会社のAurora Flight Sciencesと開発した電気式垂直離着陸(eVTOL)航空機による自律飛行と地上制御システムを検証したと発表した。


ドリフトとレースドローンが圧巻の競演! レースチーム「JAPRADAR」が迫力の映像を公開!

ドリフトとレースドローンが圧巻の競演! レースチーム「JAPRADAR」が迫力の映像を公開!

 ドローンレースチーム「JAPRADAR(ジャップレーダー)」が、レース用ドローンを使って高速で疾走するクルマを横滑りさせながら姿勢を制御する自動車競技ドリフトを撮影した映像を公開した。レースで磨いた操縦技術とレース専用機が圧倒的な臨場感を生み出しているうえ芸術的で、ドローンによる撮影領域の拡大を展望させる。


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。