ノルウェーで目視外飛行を成功させたRobot AviationのVTOLに注目するSkySkopes

ノルウェーで目視外飛行を成功させたRobot AviationのVTOLに注目するSkySkopes

2019年4月12日。海外のドローンサイトsUAS Newsは、UASフライトオペレーターのSkySkopes(米国)が、Robot Aviation(ノルウェー)が開発したVTOLドローンを米国で展開する計画を報じた。


広域の目視外飛行にはVTOLドローンが最適

 ノルウェーで目視外飛行を成功させたRobot Aviationは、ノルウェーのオネフォスに本社を置くVTOL型ドローン業界をリードするメーカー。ユーザーの迅速な意思決定と正確性の向上を可能にするために、特定のミッションに合わせたSkyRobot無人システムのファミリーを提供している。SkyRobot FX20は、VLOS(有視界)およびBLOS(目視外)運用のための小型で費用対効果の高い高性能固定翼。最大60 kmのライブビデオストリーミング 高帯域幅通信オプション(暗号化通信のオプション)もある。SkyRobot FX450は、高度な軽量複合構造を備えた高性能の無人航空機で、非常に長い耐久性で要求の厳しい環境での運用が可能。SkyRobot FX10は、監視アプリケーションに必要なすべての部品を含む、非常にポータブルな無人航空機システム(UAS)。
 これら3モデルの中で、エネルギー分野に革新的なソリューションを提供することに注力し、全国をリードするUASフライトオペレーターのSkySkopesは、デルタウイングのSkyRobot FX20に注目している。SkySkopesは、ノースダコタ州のマイノットに最先端の機体を持ち込み、米国の航空当局に対して、パイロットが認可されたら目視外飛行を実施する準備を整えていく。

SkyRobot FX20は3kgのペイロードと3時間で300km飛行できる

この記事のライター

関連する投稿


英国の老舗ドローン企業が5G通信を利用した目視外飛行の空路を開設

英国の老舗ドローン企業が5G通信を利用した目視外飛行の空路を開設

18年以上も自律システムと無人システムの開発と利用に取り組んできた英国のBlue Bear社は、イングランド東部のベッドフォードシャー州で、5G通信による目視外飛行(BVLOS)施設を開設した。


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


BVLOS(目視外飛行)の経済効果をSkylogic Researchがレポート

BVLOS(目視外飛行)の経済効果をSkylogic Researchがレポート

ドローン業界の大手調査会社のSkylogic Researchは、商用ドローンのBVLOS(目視外飛行)における経済効果を発表した。公開されたホワイトペーパーは、PrecisionHawkがスポンサーとなり同社のサイトから無料でダウンロードできる。


秩父市ドローン配送協議会が国内2例目となる目視外飛行を実施

秩父市ドローン配送協議会が国内2例目となる目視外飛行を実施

2019年1月25日。楽天、ゼンリン、東京電力ベンチャーズ、秩父市で構成する「秩父市ドローン配送協議会」が、国内で2例目となる補助者を配置しない目視外飛行で、約3kmのドローン配送を実施した。民間企業としては、国内初の成功例となる。


国内初 ドローンで補助者なし「目視外」荷物輸送 福島 郵便局間9キロを16分【動画】

国内初 ドローンで補助者なし「目視外」荷物輸送 福島 郵便局間9キロを16分【動画】

日本郵便は7日、小型無人機「ドローン」を使った荷物輸送を福島県内の郵便局間で行った。操縦者が機体を視認できない範囲で運行する「目視外飛行」で、補助者をつけず航行したのは国内では初めて。南相馬市と浪江町の郵便局間の約9キロを、16分で飛行した。


最新の投稿


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。