【Japan Drone 2019】センシンロボティクスがドローン自動化の「SENSYN DRONE HUB」を展示

【Japan Drone 2019】センシンロボティクスがドローン自動化の「SENSYN DRONE HUB」を展示

センシンロボティクス(東京都渋谷区)は、先ごろプレスリリースした完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN DRONE HUB」を展示した。


充電からデータ転送まで完全な自動化を実現するドローンの格納基地

カバーの奥に見えるフレームがドローンを確実に中央の位置に固定する

 「SENSYN DRONE HUB」は、 ドローンの自動離発着や自動充電にデータ転送も対応する基地。センシンロボティクスが展示した「SENSYN DRONE HUB」は、 実際にスマートフォンからの操作で左右のカバーが開閉した。ドローンを保護するカバーは、閉じるときに上下左右から水平バーや角度のあるフレームが出てきて、着陸したドローンを確実に中央に移動する。「SENSYN DRONE HUB」の中央には、充電用の電極がありバーやフレームで位置を調整されたドローンは、左右の脚の底にある充電用の端子を確実に接地できる。新型の「SENSYN DRONE HUB」は、 従来のボックス型のものよりも本体が低くなり、稼働もシンプルな構造になっている。加えて、制御ソフトウェアと業務アプリケーションが一体となって 業務の自動化を推進するシステムも提供する。具体的には、事前に設定されたルートへの自動飛行や、 画像・映像の撮影を可能にする制御システムとなる。
 「SENSYN DRONE HUB」による完全自動化のドローン運用は、 大規模な工場の警備監視や設備点検などの領域において、 作業員が都度現地に赴く必要がなくなり、 効率的かつ安全な業務遂行が可能となる。 さらに、顧客業務自動化統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE(センシン フライト コア)」や、 「SENSYN DC(センシン ドローンコミュニケーションサービス)」との機能連携により、 定時刻にミッションを繰り返し実行するスケジューリング機能と、遠隔地からのカメラ操作機能などが追加でき、 各種業務特化型アプリケーションと連携して詳細な解析を実行するなど、 ドローンの自動運用に必要な機能のさらなる拡充を図り、 また高度な情報処理を実現する。
 会場で定期的に行われたプレゼンテーションでは、多くの来場者が足を止めて「SENSYN DRONE HUB」のカバーが開閉する様子や、「SENSYN FLIGHT CORE(センシン フライト コア)」などの解説に聞き入っていた。

会場では定期的にプレゼンテーションが行われた

本体スペック
ドローン基地   

サイズ      1.89m(縦)*1.77m(横)*0.8m(高さ)
重量       149kg
入力電源     100V~240V AC / 16A
動作保証温度   -10℃ ~ +40℃
防水・防塵性能  IP54相当
耐久性能     100,000回以上の開閉テスト済み

ドローン機体

サイズ      対角75.6cm
重量       6kg
最長飛行時間   30分(ホバリング時)
動作保証温度   -10℃ ~ +40℃
防水・防塵性能  IP54相当
耐風性能     10.0m/s
充電時間    (空の状態から)約40分で80%約1時間で満充電

多くの来場者が足を止めて「SENSYN DRONE HUB」の動きに注目していた

この記事のライター

関連する投稿


センシンロボティクス、ドローンによる顧客業務自動化を実現する統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」提供開始

センシンロボティクス、ドローンによる顧客業務自動化を実現する統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」提供開始

株式会社センシンロボティクス(東京都渋谷区)はこのたび、 顧客業務の自動化を実現する統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE(センシン フライト コア)」の新製品を発表、 提供を開始した。


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


センシンロボティクス、通信鉄塔点検におけるドローン撮影からレポーティングまでをすべて自動化

センシンロボティクス、通信鉄塔点検におけるドローン撮影からレポーティングまでをすべて自動化

鉄塔点検パッケージ「TOWER CHECK」β版の提供を開始。


CEATEC JAPAN 2018  共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

CEATEC JAPAN 2018 共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。