新モデル続々「200グラム未満」「折りたたみ式」

新モデル続々「200グラム未満」「折りたたみ式」

ドローンの楽しみ方を広げる最新モデルの発表が相次いでいる。飛行申請のいらない200グラム未満のミニドローンと、折りたたみ式で持ち運びが簡単でありながら本格的な空撮が楽しめるプロフェッショナルなモデルがその主役だ。


 フランスのドローンメーカー、Parrot(パロット)は「Mambo」と「SWING」の、飛行申請不要のミニドローン2モデルを発表した。このうちMamboは付属アクセサリーを装着すると、4グラムまでのものをつかみ、運ぶことができる。発表会では、小さいお菓子を運んだ。最高速度29キロメートルでアクロバット飛行も楽しめる。同時に発表されたSWINGは、SF映画「スターウォーズ」に登場する戦闘機「Xウイング」のようなスタイルの翼が特徴的だ。

 中国のメーカー、ZEROTECH(ゼロテック)も、199グラムの「Dobby」(ドビー)を発表。飛行申請が不要の軽量モデルながら、高解像度撮影と安定した自律飛行が可能な技術を搭載した。

 本格モデルとしては、DJI JAPANと、米国のアクションカメラメーカー、GoPro(ゴープロ)が折りたたみモデルを発表した。

 Mavic Proは、4Kカメラを備え、高画質の動画、静止画を撮影できる。人物などの被写体を自動的に追いかけて撮影する機能を搭載。機体のカメラに、指でフレームの形を作って示すと、セルフタイマーによる撮影ができる。折りたたむと500ミリリットルのペットボトルサイズになる。

 GoProの「Karma」(カルマ)は、撮影に同社の新型カメラ「GoPro HERO5 Black」を使う。同社はKarmaをカメラのアクセサリーと位置づけているため、フライト以外でカメラを取り外して使うことを想定している。(田中亘)

Parrotの「Mambo」

ZEROTECHの「Dobby」

DJIの「MavicPro」

GoProの「Karma」

情報提供元:SankeiBiz
http://www.sankeibiz.jp/business/news/161012/bsl1610120500004-n1.htm

この記事のライター

関連する投稿


GoPro、ドローン事業撤退。Karmaのサポートは継続

GoPro、ドローン事業撤退。Karmaのサポートは継続

GoProは、「Karma」などのドローン事業から撤退する。


DJI、Mavicシリーズに限定版となるMavic Pro Alpine Whiteを発表

DJI、Mavicシリーズに限定版となるMavic Pro Alpine Whiteを発表

DJI公式オンラインストアとApple.com、Apple Storeでの限定販売。


【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(3)

【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(3)

制限時間10分で、15個の段ボール箱の中に隠されたサッカーボールをドローンとICTを駆使してどれだけ正確に発見できるか。「第一回 北海道ドローン選手権」の優勝チームは、ICTに適したドローンの性能を顕著に示す結果となった。


【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(2)

【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(2)

「第一回 北海道ドローン選手権」に参加した6チームは、大きく二つに分かれる画像処理を用いた。オフラインでの解析とオンラインでのリアルタイム処理。今回は、各チームのドローンや開発環境を解説する。


GoProがパワフルで、 使い勝手の良い “HERO6 Black”を発表

GoProがパワフルで、 使い勝手の良い “HERO6 Black”を発表

GoProは、 これまでで最もパワフルで、 使い勝手の良いGoPro “HERO6 Black”を発表した。 新たに開発されたGP1プロセッサの搭載によりHERO6 Blackは4K60、 1080p240のビデオ、 そして最先端のビデオスタビライゼーションを実現した。


最新の投稿


【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

オリジナル商品を含めPCパーツを幅広く取り扱うPCパーツの総合サプライヤーのCFD(シー・エフ・デー)販売は、 ロボデックス2018で国内初となるエアロセンスのドローン販売を開始した。


世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

米国ReporLinker(レポートリンカー)社は、市場調査レポートでUAV市場は2017年の178億ドルから2023年には489億ドル(約5.4兆円)に成長するとの予測を発表した。


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

オーダーメイドでドローン製作に対応する株式会社日本サーキット(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:酒井哲広、以下J DRONE)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、DJI Mavic Proをはじめとした、各種の改造型ドローンを展示していた。