セルラードローンによる物流ドローンのレベル3自律飛行に成功

セルラードローンによる物流ドローンのレベル3自律飛行に成功

株式会社自律制御システム研究所(以下、ACSL)は、モバイルネットワーク経由での自律飛行に対応したドローン(以下、セルラードローン)を開発し、株式会社NTTドコモならびに日本郵便株式会社と、レベル3(補助者無しでの長距離目視外)環境でのLTEを活用したドローンの自律飛行の実証実験に成功した。


 株式会社自律制御システム研究所(ACSL)は、モバイルネットワーク経由での自律飛行に対応したドローン(以下、セルラードローン)を開発し、株式会社NTTドコモならびに日本郵便株式会社(JP)と、レベル3(補助者無しでの長距離目視外)環境でのLTEを活用したドローンの自律飛行の実証実験(注1)に3月11日、成功致した。この検証ではドコモが開発したセルラードローンの送信電力最適化機能を適用しており、今後のセルラードローンの利用拡大を見据えた取組みとなる。
 ドローンを活用した長距離に渡る物資搬送や上空からの映像・データ伝送等のニーズの高まりにより、今後、より長距離・広範囲にドローンが飛行でき、かつ高速で遅延の少ないデータ通信が行える通信環境の整備が重要になる。

 この課題に対し、ACSLは、レベル3環境での自律飛行に対応したセルラードローンを開発。LTE通信を活用し、広範な空域でテレメトリ情報・映像の通信が可能となり、また従来の通信機器分の重量を荷物増量・飛行距離拡大に割くことが可能になるとしている。
 また、本機体はドコモが開発したセルラードローンの送信電力最適化機能に対応している。

 ドコモなと日本郵便の協力によって、福島県南相馬市の小高郵便局~福島県双葉郡浪江町の浪江郵便局間で飛行するドローンによる郵便局間輸送業務において、この機体を用いたLTEネットワークを活用したドローンの性能検証(注1)を3月11日に成功した。
 検証の結果、約9kmもの長距離にわたりドローンのレベル3運用に必要な映像や各種信号が、LTEネットワーク経由で安定して伝送できることが確認された。

注1) 本検証は、携帯電話等を無人航空機に搭載した実用化試験であり、試験に必要となる実用化試験局免許を取得している。

注2) ドローンの飛行を3月5日に実施し、モバイルネットワークへの影響確認を3月11日に完了した。


株式会社自律制御システム研究所(ACSL)
TEL:043-305-5871
Email:contact@acsl.co.jp

この記事のライター

関連するキーワード


セルラードローン

関連する投稿


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

株式会社NTTドコモは、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けにドローン運用をトータルにサポートする「ドローンプラットフォーム docomo skyTM(ドコモ スカイ)」2月21日に開発したと発表した。


ブイキューブロボティクス、「世界防災フォーラム」(仙台市)で防災用「セルラードローン(R)」と「DRONEBOX」を紹介

ブイキューブロボティクス、「世界防災フォーラム」(仙台市)で防災用「セルラードローン(R)」と「DRONEBOX」を紹介

企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、「世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台2017」に11月27日参加、防災用「セルラードローン(R)」「DRONEBOX」を紹介した。


2017年にサービスの提供を目指すドコモのセルラードローン

2017年にサービスの提供を目指すドコモのセルラードローン

株式会社NTTドコモ(本社:東京都、代表取締役:吉澤和弘、以下ドコモ)は、2016年9月6日にセルラードローンを発表し、10月に横須賀のR&Dセンターで飛行実験を、11月に福岡市と千葉市で実証実験を行ってきた。その取り組みと2017年に向けた展望を取材した。(田中亘)


ドコモ・ドローンプロジェクトが本格始動

ドコモ・ドローンプロジェクトが本格始動

「無人航空機における携帯電話の利用に関わる実用化試験局の免許」を2016年9月6日に取得した株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)は、10月19日に「ドコモ・ドローンプロジェクト」を本格的に開始すると発表した。(田中亘)


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。