Amazonがドローン配送に関連した特許を新たに取得

Amazonがドローン配送に関連した特許を新たに取得

2019年2月5日 - 米国。Amazon(米国ワシントン州シアトル)は、配送用ドローンが着陸位置を確認するために、ドローン用の着陸マーカーと着陸位置を検証する特許を取得した。


配送位置の障害物をチェックする特許

 Amazonが取得した特許は、アメリカ合衆国特許10198955で"DRONE MARKER AND LANDING ZONE VERIFICATION"(ドローンマーカーと着陸位置の検証)というもの。無人航空機(UAV)が荷物をある位置に配送するのを助けるために、配送先の位置を確認し着陸マーカーと領域を識別する技術となる。例えば、UAVが配達場所に到着したという指示を受信すると、サーバコンピュータは、UAVによって提供される領域の1つ以上の画像を取得して、着陸マーカーの近くに障害物がないかを判別する。もしも、何らかの障害物があれば、ユーザデバイスにメッセージを送り、荷物を受け取るユーザーと対話することができる。そして、着陸マーカ付近の安全性を画像で識別して、その着陸マーカに荷物を配信するように、UAVを案内するための命令と着陸マーカの識別情報などをUAVに送信し、UAVが着陸と配達を実施する。

ドローンとサーバとユーザが相互に交信して着陸位置の安全をチェックする

過去のAmazonによるドローン配送のイメージビデオでは、荷物を下ろす場所を示すマーカーが置かれた庭などを目指してドローンが飛行していた。しかし、それだけでは配達する場所に安全にドローンが着陸または、荷物を投下できるか不明だった。今回の特許は、ドローンから着陸マーカーの近辺を撮影して、その画像認識をサーバで処理することで、着陸地点の安全性を確認するもの。

この記事のライター

関連するキーワード


Amazon 特許 ドローン配送

関連する投稿


GoogleのWingがオーストラリアで本格的なドローン配送を開始

GoogleのWingがオーストラリアで本格的なドローン配送を開始

2019年4月9日 – オーストラリア。Googleの親会社であるAlphabetが所有するドローン配送会社のWingは、オーストラリアのキャンベラで本格的なドローン配送サービスを開始した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


ドローン・デリバリー・カナダがペイロード180kgの貨物配達用ドローン「コンドル」を2月19日に発表の予定

ドローン・デリバリー・カナダがペイロード180kgの貨物配達用ドローン「コンドル」を2月19日に発表の予定

2019年2月11日 - カナダ、トロント。ドローン配送を目指すDrone Delivery Canada(カナダ)は、180kgのペイロードがある「コンドル」という貨物配達用ドローンを2月19日に、トロント証券取引所で披露すると発表した。


ドローンの精密な配送システム技術でDrone Delivery SystemsとFlytBaseが協力

ドローンの精密な配送システム技術でDrone Delivery SystemsとFlytBaseが協力

2018年11月12日、バーモント州リッチモンド。ドローン・デリバリー・システムズ(DRONE Delivery Systems)とFlytBaseは、AirBox Homeへの無人で正確なドローン配送を可能にするために、各社のUASと互換性のある正確な着陸キットを開発するためのパートナーシップを発表した。


全自動ドローン配送を目指すIBMの特許

全自動ドローン配送を目指すIBMの特許

2018年10月11日。IBM(米国)は、ドローンによる配送を全自動化する各種の制御方法やアルゴリズムに関する特許を取得した。


最新の投稿


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。