SLUSH TOKYO2019のピッチにエアロネクスト選抜! 初開催の“SHOW TECH TIME”にも

SLUSH TOKYO2019のピッチにエアロネクスト選抜! 初開催の“SHOW TECH TIME”にも

 スタートアップの祭典SLUSH TOKYOは、2月22、23日に都内で開催するSLUSH TOKYO2019のピッチ登壇企業リストを公表し、運営機体の重心制御技術4D Gravityを開発した次世代ドローンの株式会社エアロネクスト(東京)が出場の1社に選ばれた。3分間のピッチ、2分間の質疑応答で最高賞を競う。


開催は2月22、23日、東京ビッグサイト スタートアップイベントの草分け

SLUSH TOKYO 2019は、フィンランドで2008年に生まれた世界大のスタートアップの祭典「SLUSH」が起源。スタイリッシュできらびやかなステージや、ベンチャーキャピタルとのマッチング、学生主体の運営など独自のスタイルが話題となり、2016年にフィンランド以外で初の海外開催が「SLUSH ASIA」として東京、青海で開催された。

 日本開催でも本国のスタイルが踏襲されているため、会場内の公用語は英語。世界各国からスタートアップ、投資家。メディアが集まるイベントに成長し、大企業志向一色だった日本の就職シーンに、起業を若者のライフスタイルの一形態として定着させることに貢献するイベントとなった。2019年も2月22日、23日に、東京ビッグサイトで開幕され、6000人の一般来場者、600人のスタートアップ、250人の投資家の参加と、300人の報道陣の来場を見込む。

 祭典の目玉は、スタートアップがステージで事業構想や技術、特徴を披露し優劣を競うピッチング。2019も多くのスタートアップが世界各国から登壇を目指してエントリーし、このほど40の登壇者リストが公表された。エアロネクストの名前もその中にあった。

SLUSH TOKYO 2019のピッチ出場に選抜された40社の中にエアロネクストの名前があった

重心制御技術で受賞歴重ねるエアロネクスト

 エアロネクストは、ドローンの技術開発を手掛けるスタートアップ。プロペラやアームなどで構成される「飛行部」と、カメラや荷物を載せる「搭載部」を独立させ、重心を最適化させる技術を組み合わせて、載せた物の揺れを極限まで抑えている。VR撮影用のカメラを搭載して、安定した映像をとるための「Next VR」、輸送の動きが荷物に与えるダメージを最小限にした配送、物流用の「Next DELIBERY」、業務用の機材を搭載できるようにした「Next INDUSTRY」の3機種を公表している。

 この技術は内外で評判が高く、JAPAN DRONE AWARD 2018のドローン関連テクノロジー部門で最優秀賞、B Dash Camp2018 PITCH ARENAで優勝、CEATEC AWARD 2018で経済産業大臣賞、深圳国際ピッチ大会に日本から初出場し3位に入賞、IVS Launch Padで優勝と受賞歴を積み重ねている。

 なおSLUSH TOKYO 2019ではテクノロジーを披露するSHOW TECH TIMEが新たに設けられ、エアロネクストはここにも登場し、来場者の関心を引き寄せ、新たなビジネスチャンスを模索する。

500 StartupsのMARVIN LIAOパートナー、東京都の小池百合子知事も登壇!

 SLUSH TOKYOには、スタートアップが競い合うステージのほか、成功した起業家、ベンチャーキャピタル、伸び盛りのスタートアップなど、すでに市場で名の通っている有力者のスピーチも行われる。2019にはシリコンバレーのベンチャーファンド、500Startupsのパートナー、Marvin Liao氏、Uber Eats Japanのプレジデント、武藤友木子さん、Origamiの創業者CEO、康井義貴氏らが登壇。メディアからもTHE BRIDGE共同創業者の池田将氏が、行政からも東京都の小池百合子知事が参加することが発表された。

チケット情報など詳細はこちら:
https://tokyo.slush.org/

スピーチ登壇者にシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500StartupsのMarvin Liaoパートナーや、gumiの國光宏尚CEOらの名前が並ぶ

SLUSHではTHE BRIDGEの共同創業者、池田将氏もスピーチを予定

この記事のライター

関連する投稿


次世代ドローンのエアロネクスト、IVS LaunchPadで優勝。 米CES 2019へ出展、海外展開加速へ。

次世代ドローンのエアロネクスト、IVS LaunchPadで優勝。 米CES 2019へ出展、海外展開加速へ。

9月のICCサミット、10月のB Dash Campに続き主要スタートアップピッチで連続優勝。2019年1月には、米 ラスベガスで開催される「CES 2019」へ出展、海外展開加速へ。


エアロネクストまた受賞! ドローンの本場、中国・深圳の大会で3位! 「知的財産賞」も同時に

エアロネクストまた受賞! ドローンの本場、中国・深圳の大会で3位! 「知的財産賞」も同時に

  機体の姿勢制御技術で知られるエアロネクスト (東京都渋谷区)がまた受賞した。中国・深圳で11月15、16日に開催された国際ピッチ大会、「創業之星2018」に日本企業として初めて出場し、スタートアップ部門で第3位に入賞。今回創設された「知的財産賞」も同時受賞した。同社は儒層を足掛かりに、国際展開を加速する方針だ。


SLUSH TOKYOがリクルーティングイベント開催 スタートアップと学生が英語で質疑

SLUSH TOKYOがリクルーティングイベント開催 スタートアップと学生が英語で質疑

世界最大規模のスタートアップの祭典、SLUSH TOKYOは10月26日、スートアップでインターンシップなどとして働きたい求職者と、求職者を受け入れたいスタートアップとを橋渡しするリクルーティングイベントを開催した。約80人が参加し、スタートアップのプレゼンテーションを堪能した。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


Slush Tokyoがボランティアスタッフを募集開始 フェスのノリで世界の起業家を演出、運営主体は学生 体験するなら今!

Slush Tokyoがボランティアスタッフを募集開始 フェスのノリで世界の起業家を演出、運営主体は学生 体験するなら今!

 世界中のスタートアップの祭典、SLUSH TOKYOが、2019年2月22、23日の開催に向け、ボランティアスタッフの募集を開始した。当日の運営のほか、事前の営業、出演交渉、広報など多彩な活動が予定され、大規模フェスの屋台骨となる。各国の起業家との交流、英語の活用機会も豊富で、好奇心を満たす有力な選択肢となりそうだ。


最新の投稿


陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)と「大規模災害発生時における災害応援に関する協定」を2月15日、締結した。陸自のみならず自衛隊がドローン関連団体と災害時協定を締結するのは初めて。


エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

2019年2月11日。航空機大手のエアバスは、自社のサイトで都市の航空移動(UAM)に関する民間への調査結果を公開した。最新の調査によれば、UAMへの期待は高まっているという。


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。